iPhone修理 名古屋エリアの優良修理店舗一覧

名古屋駅近くのiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

名古屋駅近辺のiPhone修理店

リカバーガレージ 名駅店

営業時間 9:00-23:00 (受付22:30まで)
定休日 年中無休
住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目26番10号ファーストビル6F エニシア名駅店内
最寄駅 名古屋駅より徒歩5分

リペアパートナーズ名古屋名駅店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-1-3 クリスタルMAビル 5F(モバックス内)
最寄駅 名古屋駅から徒歩6分

アイフォンドクター名古屋駅前店

営業時間 11:00~20:00
定休日 日曜日
住所 〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武2-1-2加藤ビル 2階
最寄駅 名古屋駅より徒歩4分

スマホスピタル名古屋駅前

営業時間 10:00~21:00
定休日 無休
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13-28 名駅セブンスタービル401号室
最寄駅 名古屋駅より徒歩2分

ダイワンテレコム 名古屋駅前店

営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-23-16 タキビル1F
最寄駅 名古屋駅より徒歩3分(桜通りユニモール10番出口より徒歩1分)

クイック 名古屋店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅四丁目5-26 ユニモール桜ビル3F
最寄駅 JR名古屋駅より徒歩3分

スマホドック24 名古屋名駅店

営業時間 11:00~20:00
定休日 土日祝日
住所 〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2-34-1 エコールプラザ名駅ビル1階
最寄駅 名古屋駅より直接アクセスできます

ぐんぐん 名駅店

営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-13-28 名駅セブンスタービル709
最寄駅 名古屋駅より徒歩6分

iPhone修理の前に「名古屋」のご紹介

愛知県の県庁所在地である名古屋市は、愛知県の西部に位置し、16の区で構成されている政令指定都市です。

東京特別区を除いた横浜市、大阪市に次いで全国で3番目に人口が多い都市です。名古屋市内への通勤・通学者を含めた名古屋近隣の総人口は非常に多く、中部地方の要となっています。また、名古屋市内にある栄や錦といった繁華街については、そちらは独立してiPhone修理店が密集しているため、本項目とは別に記載しています。

名古屋市は、愛知県の県庁所在地である一方で、中京・東海エリアの云わずと知れた経済的中心を担い、国内でも大阪と並んで名実共に知名度を誇る政令指定都市です。伊勢湾の最も北部の沿岸に在る都市で愛知県西部に位置し、市内に16の区を持ちます。気候的には、夏場と冬場の寒暖差も大きく、特に、夏場の高温多湿は国内でも有数で、同様の湾岸都市でもある大阪などと並んで知られるところです。

名古屋は、「東海道」道中の要所でもあり、国内を代表する著名な街であることは疑う余地もなく、江戸時代の頃より唄い継がれる「伊勢音頭(いせおんど)」の歌詞に、「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ。尾張名古屋は城で持つ。」とあり、誰もが知る名武将・織田信長の出身地でもある「尾張(おわり)地方」の名古屋は、天守閣の瓦屋根に光る金の鯱(しゃちほこ)で有名な「名古屋城」が在るお陰で繁盛してとても賑わい街が保たれているさまを歌詞に織り込んだとされています。その名古屋城は、慶長14年(1609年)に、かの徳川家康が築いた城で、「金鯱城(きんこじょう)」の異名を持ち、国の特別史跡にもなっています。

名古屋市は、市内のほぼ中央部に位置して、東海道新幹線の全列車も停車するJR線名古屋駅(地元では、「名駅(めいえき)」と呼び親しまれている)を中心に、市営地下鉄線をはじめ私鉄各線(名鉄各線、近鉄名古屋線、あおなみ線など)などの充実した鉄道網があります。

各路線の名古屋駅は全て愛知県名古屋市中区名駅という住所にあり、住所上でも「めいえき」の名称が使われていることに、名古屋人の親しみを感じることができます。

中部地方最大のターミナル駅である名古屋駅にはJR東海道新幹線や在来線各種、特急各種が全て停車します。岐阜・大垣方面へ向かう特急の「しらさぎ」や「ひだ」、多治見・中津川方面へ向かう特急「しなの」、四日市・松坂方面へ向かう特急「南紀」等の特急列車も停車するため、鉄道ファンから人気の駅でもあります。

各線名古屋駅は、愛知県、岐阜県、三重県、長野県などの中部地方や、関西圏(特に、奈良地方、紀州地方、近江地方)への玄関口としての需要も非常に高く、平日・休日を問わずビジネスマンや買い物客などはもとより、多くの観光客でも連日賑わいます。

また、名古屋市営地下鉄には、市内を環状に巡る路線の名城線(めいじょうせん)があり、東山線、桜通線(さくらどおりせん)、鶴舞線(つるまいせん)その他の各線と連絡して市営地下鉄路線網の充実化を担っています。但し、名城線は名古屋駅に乗り入れてはおらず、名古屋駅に乗り入れるのは東山線、桜通線の2路線です。

1日の利用客数は、名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅を含めると120万人ほどとなっています。これは日本全国でみると第7位に入ります。

名古屋駅は非常に広大な敷地があり、なおかつ人が多く集う場所のため、待ち合わせスポットが複数用意されています。桜通口側の待ち合わせスポットとして有名なのは、高島屋エスカレーター前にある金の時計です。広い空間に大きく目立って建っているため、非常に多くの人が待ち合わせスポットとして利用しており、そのため少し人を探すのが難しいです。

反対側の太閤通口側には、銀の時計というオブジェがあります。こちらは金の時計と比較してサイズがコンパクトで、待ち合わせ空間としてもそこまで広いとは言い切れないためか、金の時計側よりも利用者が少ない傾向にあります。

ヤマダ電機LABI名古屋前に巨大な人形は「ナナちゃん」と呼ばれ、近年注目のスポットとなっています。季節によってナナちゃんの衣服は変わっており、水着や浴衣だけでなく、中日ドラゴンズのユニフォームを纏うこともあります。シン・ゴジラ公開時には、壁面から出てきたゴジラの手に掴まれることもありました。

全国的にも珍しい特殊なバス路線の「ゆとりーとライン」(ガイドウェイバス)が、中日ドラゴンズの本拠地でもある「ナゴヤドーム」最寄のJR中央線・大曽根(おおそね)駅を起点に、約6.5kmの間を交通渋滞の影響を受けない専用の軌道を利用して運行されています。

名古屋市民の多くにあっては郷土愛の強い傾向から、愛知県豊田市に本社を構える「トヨタ自動車」製の自動車に乗り、プロ野球なら断然、「中日ドラゴンズ」を家族総出で熱く応援する、というスタイルがもはや当然(実際には、様々な趣向を持つ人も多数)と見られることも多く、ご当地ならではの食文化から生まれた名物や名産が豊富に存在します。この点、美味しくてリーズナブルな食べ物を提供する店も多いことから、「大阪は食いだおれの街」と広く認識されているところ、こと名古屋にあっては、とんかつに味噌ダレをかけて食す「みそかつ」、おひつに盛ったご飯に刻んだうなぎの蒲焼を乗せ、だし茶漬けなどの方法で食す「ひつまぶし」、茹で時間を短縮するためにうどんを平打ちにしたことを起源とした「きしめん」、固くて煮崩れしない太めのうどんを八丁味噌を混ぜた出汁で煮込んで食べる「味噌煮込みうどん」、鶏の手羽先を味付けして揚げた「手羽先」、喫茶店などの地元定番メニューとして愛される「小倉トースト」や「あんかけスパゲティー」、米粉でんぷんに砂糖などを混ぜて蒸した和菓子の「外郎(ういろう)」その他、前述の大阪を凌いでこれほどまでに広く知れ渡った食の名物が列挙できる街は、広く国内を見渡しても珍しいでしょう。また、鶏肉や卵でも人気を誇る高級品種の「名古屋コーチン」発祥の地でもあり、現在も名古屋を中心としたエリアで飼育・生産がされています。

名古屋市内の観光名所等について、市内には著名な神社や仏閣も多数点在しますが、中でも「伊勢神宮」を本宗とする神社本庁管轄の神社で、「三種の神器(さんしゅのじんぎ)」の一つである「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀る「熱田神宮(あつたじんぐう)」は、各線名古屋駅から南下した市内熱田区にあり全国的に著名な神社です。

また、名古屋城址にある「名城公園(めいじょうこうえん)」、市内千種区にある「東山公園」や、太閤・豊臣秀吉を祀る「豊国神社(とよくにじんじゃ)」がある市内中村区の「中村公園(なかむらこうえん)」などは、観光名所および憩いの場所として有名です。

更には、イルカの仲間としては獰猛(どうもう)なことでも知られる「シャチ(サカマタ)」を現在、名古屋以西の西日本では唯一ここだけで飼育して公開する「名古屋港水族館」が、市民の娯楽等を目的として近年整備され、かつての物流拠点でもあったしない南端の港区にある埠頭の「名古屋港ガーデン埠頭」にあります。

名古屋駅周辺には非常に多くのiPhone修理店が密集しており、修理店の激戦区となっています。栄・錦エリアを除き、名古屋駅近辺以外にはiPhone修理店が少ない傾向にあるため、愛知県の各地からiPhone・iPad修理を依頼したい方が多く名駅周辺に訪れます。

多く人が集まるエリアでは安さ優先の粗悪なパーツを利用した悪質な業者が潜んでいることがあります。異様に安い業者の場合は保証が無いか、あっても数日程度の非常に短い期間となっています。粗悪な液晶パネルでガラス割れ修理を行うと、表示される色味がおかしくても交換してもらうことはできません。また、数日たつと表示されなくなることもあり、その際も保証期間外であれば有料修理となってしまいます。

iPhoneは個人情報が詰まっており、友人や顧客、会社との連絡などをその1つの端末で全て担っています。そのため、表示がされなくなったり、バッテリーがダメで使えないと非常に困りますよね。

iPhone大学では粗悪な業者の見分け方なども掲載しているので、修理前に悪徳業者の特徴や、本当に修理が必要かを調べたうえで業者にアクセスすることをお勧めします。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る