iPhone修理 岡崎・豊川・蒲郡エリアの優良修理店舗一覧

岡崎・豊川・蒲郡のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

岡崎・豊川・蒲郡のiPhone修理店

ぐんぐん岡崎店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒444-2122 愛知県岡崎市鴨田本町4-1
最寄駅 大門駅より車で5分

リンゴ屋 岡崎店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒444-0068 愛知県岡崎市井田南町1-9 201ビル1F
最寄駅 北岡崎駅より徒歩5分

iFC岡崎店

営業時間 24時間
定休日 年中無休
住所 〒444-0244 愛知県岡崎市下青野町本郷44
最寄駅 JR岡崎駅より車で11分

あいさぽ岡崎店

営業時間 10:00~20:00
定休日 なし
住所 〒444-0831 愛知県岡崎市羽根北町2-1-13 橘ビル2F A号室
最寄駅 岡崎駅東口より徒歩8分

クイック 岡崎駅前店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒444-0838 愛知県岡崎市羽根西一丁目8-8 マスコットビル2F
最寄駅 JR岡崎駅西口より徒歩20秒

あいくる 豊川コロナ店

営業時間 13:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒442-0824 愛知県豊川市下長山町上アライ14-1 豊川コロナワールド1階
最寄駅 JR飯田線牛久保駅 下車徒歩7分

リンゴ屋 蒲郡駅前店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒443-0056 愛知県蒲郡市神明町8-10 oriビル(オリビル) 2F
最寄駅 蒲郡駅より徒歩6分

iPhone修理の前に「岡崎・豊川・蒲郡」の紹介

愛知県の中央部に位置する岡崎・豊川・蒲郡周辺の情報です。

岡崎氏は八丁味噌の産地として有名であり、豊川市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・新城市と名古屋を除く愛知県の主要なエリアと隣接しており、商業地としても各エリアのベッドタウンとしても発展しているようです。

人口は名古屋市・豊橋市に次いで3位となっており、特にトヨタ自動車関連企業に勤めている方が多いのかもしれません。

市内にはコムタウンやイオンモール岡崎、エルエルタウン、アピタ岡崎北店など大型の商業施設が多くあります。中にはドコモショップやソフトバンクショップ、auショップなどキャリアが入居している場合もあり、キャリアの保証を使ってのiPhone修理がしやすい場合もあります。しかしキャリアの修理の場合は本体を丸ごと交換であることがほとんどなので、バックアップを取っていないとデータが消えてしまいます。データを残したい場合には非正規修理店での修理をお勧めします。

総合研究大学院大学や愛知学泉大学、愛知産業大学、岡崎女子大学など大学も多いので、学生も多くいるエリアとなっています。

名鉄の東岡崎駅が中心的な駅として機能しているようです。名古屋本線によって名古屋・岐阜・犬山・津島方面と豊川稲荷・豊橋方面へそれぞれ向かうことができます。駅周辺には岡崎市役所や岡崎市せきれいホール、岡崎市図書館交流プラザLibra、自然科学研究機構、愛知県豊橋赤十字血液センター岡崎献血ルームなどいろいろな施設があるので、鉄道利用者以外も多く訪れるようです。

豊川市は愛知県南東部に位置し、豊橋市、岡崎市、新城市、蒲郡市とそれぞれ接しており、静岡県に近いこともあり、静岡とかかわりもあるエリアです。

日本三大稲荷のひとつである豊川稲荷と三河国の一宮である砥鹿神社(とがじんじゃ)があり、観光客も多く訪れます。公園としてはぎょぎょランド(赤塚山公園)や東三河ふるさと公園、地域文化広場といった大きな公園もあり、休日には市内で多くの人も訪れます。

桜トンネルで行われる豊川桜まつりや、みつばつつじまつりという、ツツジの開花に合わせて開かれる祭りもあり、季節感のあるお祭りが開催されるようです。

中心的な駅である豊川席には、豊橋方面と中部天竜・飯田方面へ行くことのできる飯田線が乗り入れています。名鉄諏訪町駅(すわちょうえき)は豊川稲荷と国分・東岡崎・名古屋・岐阜方面へ向かう豊川線が乗り入れており、コチラの方が豊川市役所や豊川市総合体育館、名古屋大学太陽地球環境研究所が近いこともあり、コチラの方が利用者数が多い傾向にあるようです。

蒲郡市は愛知県の南部にあり岡崎市、西尾市、豊川市と接し、三河湾に面しています。教育機関として愛知工科大学と蒲郡市立ソフィア看護専門学校があります。

蒲郡競艇場を有しており、レース開催時には市の内外からボートレースファンが多くお互ずれるスポットになっています。また、ラグーナテンボスというショッピングもアトラクションも楽しめる複合型リゾート施設があり、こちらも愛知県内から多くの人が訪れます。

海が近いということから海水へのiPhone水没があるかもしれませんが、通常の水没故障と異なり海水への水没は塩分濃度が濃いためか修理ができないケースが多いようです。そのため、海に落としたiPhoneをすぐに修理ができない場合は、すぐに電源を切って水道水でよく中の塩分を流した状態で修理店にもっていった方がマシかもしれません。

必ず直るわけではないので、あくまで自己責任となりますが、覚えておくと良いかもしれません。

岡崎市(おかざきし)・豊田市(とよたし)は、何れも愛知県西三河地方を代表して、地方自治法の定める政令によって指定を受けた中核市です。
因みに、愛知県は、大まかに「尾張地方」、「西三河地方」、「東三河地方」と3つのエリアに分類されており、それぞれを代表する都市が、「名古屋」、「豊田」や「岡崎」、「豊橋(とよはし)」です。

先ず、岡崎市は、愛知県の中央部にあって、かの徳川家康(以下、「家康」という)を代表とする「三河武士(みかわぶし)」の生誕地としても知られ、家康の生誕した岡崎城の城下町でもあり、東海道の宿場町としても栄えていました。
因みに、家康は、幼名を「竹千代(たけちよ)」と云い、「徳川家康」に改姓・改名する以前は、「松平元康(まつだいらもとやす)」の名であったことは、戦国時代等の歴史に詳しい方ならば既にご存知でしょう。

市内は、西部を「矢作川(やはぎがわ)」が流れ、中央部を、「東名高速道路」と、近年新たに開通した「新東名高速道路」が縦断しています。
中心となる市街地は、市内西部の名古屋鉄道(名鉄)名古屋本線・東岡崎駅周辺エリアを主として、隣接した豊田市方面などを経て愛知県北部にアクセスする「愛知環状鉄道線」が乗り入れるJR東海道本線・岡崎駅を中心としたエリアです。
また、市内の中央部から東部にかけての一帯には、沢山の神社や仏閣が点在しています。
更には、市内南部の鳥川地区では、全国的にも珍しくなった天然記念物の「ゲンジボタル」が生息しており、夏の風物詩としても市民に風情ある憩いを提供しています。

岡崎市は、名古屋市の中心街からおよそ35km余りの距離にあり、隣接する豊田市が自動車産業の拠点として尚更に発展していることを受けて、兼ねてより城下町として繁栄してきたことはもとより、昨今ではベッドタウンとしての需要も増えつつあります。

岡崎市の名産で特筆すべきは、一般に広く知られる「八丁味噌(はっちょうみそ)」です。
八丁味噌は、名古屋を中心とした中京エリアの食卓ではとても馴染みが深く、濃い赤色が特徴の豆味噌で、米や麦などの麹を用いずに岡崎市八帖町で生産されたものだけを指し、一般的な赤味噌に比べても塩分が少ないのも特徴です。
なお、生産会社の一つである「合資会社八丁味噌」本社の事務所や蔵は国の有形文化財として登録されています。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る