iTunesでバックアップを取る方法

【後悔先に立たず】「壊れてからでは遅い!」iTunesを利用してバックアップする方法

iPhoneのバックアップとは

そもそもバックアップとは何でしょう?バックアップとはiPhoneに入っている情報(写真や動画・音楽や設定など)をiPhone以外に保存する事です。バックアップする事によって、万が一iPhoneのデータが消えてしまった際にも、データを復元する事が出来ます。なので非常に重要です。
「自分はデータ消えないよー」とか思っているそこのアナタ!iPhoneを落下させたり水に濡らしたりして起動しなくなったら、中にデータがあっても復元する事は出来ないんですよ!!
なので万が一に備えてバックアップをしておきましょう!
バックアップには本記事で紹介するiTunesによるバックアップiCloudを使ったバックアップと二つの方法があります。

iTunesでコンピュータにバックアップ

1.事前にPCにiTunesをインストール
Windows版とMac版がありますのでお使いのPCに合わせてインストールします。まだインストールしていない方はGoogleで「iTunes ダウンロード」と検索しましょう。


2.iPhoneとPCを繋ぐ
iPhoneに付属しているライトニングケーブルの USB側をPCに挿し、ライトニングコネクタ側をiPhoneに挿します。市販のケーブルでも問題ないのですが、まれに充電のみしかできないケーブルもありますので、純正が望ましいです。接続されるとiTunesが自動的に起動するはずです。起動しない場合には、スタートメニューからiTunes を開きましょう。


3.iTunesを最新にして左上の【iPhone】ボタンをクリック

まずiTunesが最新でない場合、iTunes起動後にこんな画面が出るので、最新にアップデートしましょう。
次にiTunesの左上をご覧ください。アイコンが並んでいると思います。それらのアイコンの一番右にiPhoneのアイコンがありますので、そちらをクリックしてください。もしアイコンが無い場合は上手くiPhoneとPCが連動していないので、純正品のケーブルを使って再度繋いでみましょう。


4.暗号化を行い、バックアップを行う
【このコンピュータ】を選択し、次に【iPhone のバックアップを暗号化】にチェックを入れます。
暗号化をするかしないかは任意なのですが、暗号化することでバックアップのデータを保護できるほか、iPhoneに登録されているアカウントやアプリ内のパスワードもバックアップできます。
※暗号化をしないバックアップは、PCの別アプリを使いiPhoneのデータ編集などをする際に利用します。

次に暗号化するためのパスワードを設定します。このパスワードを忘れるとデータを復元できなくなるので絶対に忘れないでください。パスワードを再設定する方法は今のところありません。


5.バックアップ完了の確認
バックアップが始まるので、ケーブルが外れたりしないよう、そっと待ちましょう。バックアップが終わったら「このコンピュータ」「iPhone のバックアップを暗号化」にチェックが入っている事を確認します。次に「最新のバックアップ:このコンピュータ」に書いてある日時をチェックしましょう。時刻が更新されていればバックアップは無事完了しています。

お疲れ様でした。
iTunesの暗号化してバックアップする場合、iCloudよりも多くの種類のデータを保存できます。ほぼ全てをバックアップすることができるので、iCloudバックアップとうまく使い分けましょう。

 注 意 

PCとiPhoneを繋ぐケーブルですが、いきなりケーブルを外さないようにご注意下さい。iTunesで「取り外しのアイコン」をクリックしてからケーブルを外しましょう。あのアイコンはハードウェアを安全に取り外す際に使用するモノとなっており、いきなりUSBを抜く等は行わないようにしてください。また、取り外しアイコンをクリックした後も未だ通信中の可能性がありますので、即ではなく、少し時間を置いてからUSBを取り外しましょう!

 

まとめ

・iTunesではPCが必要

・暗号化する事で安全に、また一部アプリ内のパスワード等もバックアップ

・iPhoneとPCが接続されるため、取り扱い注意

一緒に読んでほしい記事
iCloudでバックアップを取る方法
iPhoneをiTunesで初期化する方法

 

 

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る