iPhone8で起こっている故障・トラブルまとめ

iPhone8をご利用されている方にとって「要チェック」の記事になります。どうもライターのBossanです。iPhoneをはじめ今やスマートフォンは、現代を生きる私たちにとってもはや欠かせないものとなっています。ですから、不具合や故障、トラブルがあって思うように使えないとなると本当に困ってしまいますよね!iPhone8のユーザーにとっても同様です。

では、iPhone8で起きる故障やトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?実際に起こってしまった時に焦らないよう、事前に頭に入れておきましょう。

意外に多いハードウェアやソフトウェアが原因の不具合とは

不具合には様々な要因がありますが、外的なものではなくハードウェアやソフトウェアが原因となっている場合が多くあります。

まず1つ目としては電池の減りが早いということと、本体が異常に熱くなることがあるということです。ワイヤレス充電や防水などの機能をつけたことによって、より内部で熱を発しやすくなり本体が熱くなってしまうのです。また、電池の残量がまだ残っているのにも関わらず、電源が急に落ちてしまうというトラブルもあります。

その他にも、カメラが使えなかったり、iTunesに接続できなかったり、顔認証やバックアップが出来なかったりと便利な機能があるのにも関わらず使用出来ないということも多くあります。それぞれ自分で出来る対処法もありますのでまずはそれを試してみて、改善されなければ修理が必要になります。

不具合?故障?バッテリーの膨張に気を付けよう

iPhone8で起こっている不具合の1つとしてそんなに多くはありませんが、報告されているものとしてバッテリーの膨張があります。購入して開封しただけであったり、通常通り充電したりと特に問題のある使い方はしていないにも関わらず、バッテリーが異常に膨張してフロントパネルが外れてしまうというトラブルです。

リチウム電池を使用しているため、爆発するのではないかといった心配の声も上がっていますが今のところ爆発した例はないようです。リチウムイオンバッテリーは、正極と負極の間をリチウムイオンが電解質を介して移動することで充放電が行われるため、この電解質が様々な要因によって酸化し、ガスが発生してバッテリーを膨張させるということは性質上やむをえない部分があるというのも事実です。

また、外部から強い衝撃を与えたり強く圧迫し続けたりすることで、負荷がかかることで化学反応が起きてしまい膨張してしまうという可能性もあります。現在報告されている不具合は、ほとんど使用していない状態で起こっていることですので、設計上に何かしらの問題があるかもしれないといわれていますが、万が一自分のiPhone8に同じようなトラブルが起きた場合には、発火の危険性もありますのですぐに使用を中止して、サポートセンターに問い合わせるようにしましょう。

ガラスの背面素材は割れやすい?

これまでのiPhoneのモデルと比較しても、iPhone8が高く評価されている要因の1つとしてそのデザインの良さがあります。これまでのアルミニウム素材の外装に比べて高級感のあるガラス製になっています。これはワイヤレス充電に対応するためでもありますが、やはり見た目の美しさは他のモデルとは格段に違っています。しかし、ガラス製と聞くと割れやすいのではないかと心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に、落下実験も多くされていて腰の高さから落とした程度の衝撃には耐えられますが、頭の高さより上からの落下には耐えられずにガラス面が割れてしまうという結果も出ています。

もちろん耐衝撃対策はされていますが、ガラスである以上強い衝撃が加わっても割れないということはありません。液晶面と背面の2面とも割れてしまったとなると修理にかかる費用も非常に高くなります。必ずケースをつけるというのはもちろん、衝撃吸収フィルムなどでカバーをした上で、落としたり強い衝撃を与えたりしないという意識を持って使用するようにしましょう。

おわりに

iPhone8は、機能もデザインもこれまでのモデルよりも大きく進化した魅力的な機種ですが、報告されているトラブルや不具合も多いというのが事実です。

簡単に自分で対処することが出来る不具合もありますが、本体自体が全く使用出来なくなってしまったり、発火してしまったりという危険性のある場合もありますので何かいつもと違うような気がする、とトラブルを感じ取ったら正規のサポートセンターや修理を行っている店舗に持っていって、相談してみることをおすすめします。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る