iPhone修理 千葉エリアの優良修理店舗一覧

千葉市のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

千葉市のiPhone修理店舗一覧

リペアくん千葉店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-14-6 山田ビル2F
最寄駅 千葉駅より徒歩5分

Quick 千葉店

営業時間 9:30~19:30(電話受付 8:00~)
定休日 不定休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1-3F 塚本大千葉ビル
最寄駅 JR千葉駅より徒歩2分

スマホ工房 千葉店

営業時間 9:30~19:30
定休日 不定休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1-3F 塚本大千葉ビル
最寄駅 JR千葉駅より徒歩2分

ダイワンテレコム 千葉店

営業時間 9:30~19:30
定休日 年中無休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1-3F 塚本大千葉ビル
最寄駅 千葉駅より徒歩2分

スマホBuyer Japan本店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-9-28 第一山崎ビル401号室
最寄駅 千葉駅より徒歩5分

スマホBuyer Japan C-one店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2丁目25番1号 AO-6ブロック
最寄駅 千葉駅より徒歩すぐ

日本スマートフォン端末救命士 西千葉店

営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜日
住所 〒260-0044 千葉県千葉市中央区松波2-18-8 林ビル2階
最寄駅 JR西千葉駅北口より徒歩2分

Smart Garage千葉蘇我駅前店

営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒260-0834 千葉県千葉市中央区今井2-6-5 三幸マンション1階
最寄駅 蘇我駅より徒歩4分

iPhoneステーション稲毛店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-4-5丸宮ビル4階B号室
最寄駅 JR総武線稲毛駅徒歩1分

スマホスピタル 海浜幕張店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒261-7102 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6 ワールドビジネスガーデン マリブウエストタワー2F USP内
最寄駅 海浜幕張 徒歩3分

スマホスピタル 千葉

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 260-0015 千葉市中央区富士見1丁目2-5千葉アジア会館4階 F号
最寄駅 千葉駅より徒歩3分

iPhone修理くん 鎌取店

営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒266-0031 千葉県千葉市緑区おゆみ野3-16-1イオン鎌取3F
最寄駅 鎌取駅より徒歩3分

COCO イオンモール幕張新都心

営業時間 10:00~22:00
定休日 年中無休
住所 〒261-8535 千葉県千葉市美浜区豊砂1-13 イオンモール幕張新都心 A棟3階1305区画
最寄駅 海浜幕張駅より車で8分

iFC 稲毛店

営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜、日曜、祝日
住所 〒263-0035 千葉県千葉市稲毛区稲毛町5-309-1
最寄駅 新検見川駅より徒歩17分

Smart -favo 千葉店

営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜
住所 〒260-0031 千葉市中央区新千葉2-14-6 新千葉2丁目ビル202
最寄駅 千葉駅より徒歩3分

iFC 千葉店

営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜
住所 〒260-0017 千葉県千葉市中央区要町2-12豊和東千葉ビル6F
最寄駅 東千葉駅より徒歩1分

りんごLabo 千葉駅前店

営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
住所 〒260-0031 千葉県千葉市中央区新千葉2-3-5 丸栄ビル1F
最寄駅 千葉駅より徒歩3分

スマートガレージ千葉駅前店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒260-0045 千葉県千葉市中央区弁天2丁目1?1 秋葉ビル1F
最寄駅 千葉駅より徒歩1分

スマホBuyer Japan Mio店

営業時間 10:00~20:00
定休日 Mio休館日に準ずる
住所 〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町中央区本千葉町 15-1Mio1番街12番区画
最寄駅 千葉駅より徒歩1分

iPhone修理工房 千葉店

営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見2-12-2 金杉ビル1F
最寄駅 千葉駅より徒歩8分

アリマス本舗そごう千葉店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒260-8557 千葉県千葉市中央区新町1001ジュンヌ館3F
最寄駅 京成千葉駅より徒歩1分

iPhone修理の前に「千葉市」のご紹介

千葉県の県庁所在地である千葉市は千葉駅を中心として、幕張や稲毛、蘇我といったエリアを含む地域です。千葉駅周辺はオフィスや商業施設が多く、モノレール等を利用した市街地に住民が多いエリアとなっています。本千葉駅や幕張新都心といった地域もオフィスや学校が多く、非常に活気あふれる街となっています。

中心駅となる千葉駅はJR総武本線と外房線の他に、内房線や成田線とも直通運転を行っており、千葉各地へ路線が伸びています。西は東京方面へ、東は木更津や蘇我、東金、四街道、成田、銚子と広い範囲への移動拠点となっています。1日の乗車人員数は約10万人となっています。

千葉都市モノレールも千葉駅を起点とする駅です。日本では珍しい懸垂式モノレールとなっており、線路にぶら下がるような形で列車が走っており、2001年には懸垂式では世界最長の路線がギネス世界記録に認定されています。また、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」や「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」といったアニメとのコラボレーションによるラッピング車両、および声優による車内アナウンスが話題となり、当初は3か月ほどの運行予定が1年に延長されたこともあります。列車は県庁前やスポーツセンター、動物公園といった方面へ伸びており、市外近郊の人々の足となっています。

幕張エリアは幕張本郷駅・海浜幕張駅をメインとする一大商業・レジャーエリアです。非常に多くのオフィスが入居するオフィスブル群に、ホテルやショッピングセンターが立ち並ぶほか、駅の南側には幕張メッセや千葉ロッテマリーンズが本拠とする千葉マリンスタジアム(ZOZOマリンスタジアム)があります。

非常に多くの学校が籍を置いており、大学では千葉大学・東京大学の千葉実験所、淑徳大学、敬愛大学、神田外語大学、東京歯科大学、東京情報大学、千葉経済大学、植草学園大学といった学校が施設を置いています。高校も非常に多く、特に私立の渋谷教育学園幕張高等学校は全国でも有数の進学校であり、有名校への進学者を多数輩出しています。

千葉市は、東京湾沿岸で特徴的な地形の千葉県域を形成する房総半島中西部にあって、人口97万人余を抱える首都圏有数の政令指定都市です。市域全体は、東京湾沿岸部から千葉県のほぼ中央部に達するように北西から南東に細長く伸びており、市域の南東端の緑区エリアからは、直線にして僅か10kmほどの距離で太平洋沿岸にあって国内でも有数の長い海岸線を誇る「九十九里浜(くじゅうくりはま)」に達します。

市域の中央から南東部にかけての若葉区、緑区は、森林や田畑が多く広がると共に住宅地造成も進むエリアであり、同時に都心部から程近いこともあってか多くのゴルフコースが点在するエリアでもあります。一方、東京湾沿岸部南部は、千葉港を中心とした京葉工業地帯の一角を担い、主に鉄鋼、製粉・製油(食用)、エネルギー関連の工業施設が数多くあります。

市域の東京湾沿岸北部は、兼ねてよりの大規模な埋め立てによってできた沿岸部の土地を整備した人口海浜の「稲毛の浜(いなげのはま)」や「幕張の浜(まくはりのはま)」などがあり、海岸線を海浜公園化するなど周辺環境整備をした上で新たな住宅地造成が促進されたエリアとなっています。

東京方面から沿岸部を走るJR京葉線(けいようせん)・幕張駅(まくはりえき)を中心とした幕張エリアでは、大型ショッピングモールやホテル、多目的イベント施設(「幕張メッセ」の各施設)、数多くの小・中・高校などの青少年教育機関などが整備されており、旧来の市域と比較して洗練された新都市化が促進されています。千葉市は、東京都心部からも程近いエリアに属しながら、単にベッドタウン化するのではなく、独自の経済圏を形成して成り立つ都市でもあり、それは千葉市が公表している「主要統計指標」の中で、平成22年に実施した国勢調査データ上の「昼夜間人口比率」が97.5%であった結果からもくみ取ることができます。

1992年(平成4年)に幕張エリアにあって、千葉市が球場施設を所有の上、第三セクター運営される「千葉マリンスタジアム」が、それまで神奈川県川崎市を本拠地としていたプロ野球球団の「ロッテ・オリオンズ」を誘致し、球団はチーム名を「千葉ロッテ・マリーンズ」と改名した他、球場の施設命名権を千葉市を地盤に発展する企業(何れも千葉市内に本社機能を構えるTVショッピング企画・運営の「(株)QVCジャパン」や、ネット通販総合サイト「ZOZOタウン」を運営する「(株)スタートトゥデイ」)に取得してもらうなどの努力によって今日の熱く根強い人気を誇る地元球団として成り立っていることからも窺い知ることができます。

他方、サッカーJリーグチームの「ジェフユナイテッド市原・千葉」も、JR外房線(内房線および京葉線)・蘇我駅(そがえき)最寄りの「千葉市蘇我球技場」(呼称「フクダ電子アリーナ」)を本拠地として熱く根強い人気を誇っています。

千葉市の中心街は、公共機関などの都市中枢機能やデパートや量販店等の大型商業施設および商店街などを総合してJR線千葉駅(以下、「千葉駅」という)から南西部から南東部一帯に広がる半径約1km以内のエリアにあり、そのうち千葉駅南西方向にあって、沿岸部を走るJR京葉線・千葉みなと駅前エリアには千葉市役所本庁や千葉県警千葉中央警察署などがあります。

一方、千葉駅南東部にある、かつて平安時代に千葉氏が築城した別名「千葉城」とも呼ばれる「亥鼻城(いのはなじょう)」周辺(京成電鉄千原線・千葉中央駅付近)は、千葉県庁、千葉県警察本部、千葉地方・家庭・簡易裁判所、千葉地方・区検察庁、千葉大学医学部付属病院などの県政や国の機関や施設が集約されているエリアです。

千葉市内の交通網のうち高速道路網においては、東京方面からの首都高速7号小松川線から繋がる京葉道路、首都高速湾岸線から繋がる東関東自動車道などが市内中央部を通り、東京都心部方面からはもとより、木更津市などを経由しての南房総や九十九里浜方面、および千葉県中央部の成田市などを経由して茨城県の南東部にある霞ヶ浦(かすみがうら)の東側にある潮来市(いたこし)方面へのアクセスを可能にしています。

鉄道網に至っては、東京都心部方面から千葉県北東端の銚子市(ちょうしし)方面に向かうJR総武本線や、これを経由して新東京国際空港(成田空港)方面へのJR成田線の他、千葉市内を南東方面に向かい隣接する大網白里町(おおあみしらさとまち)にある大網駅から房総半島の太平洋沿岸を南下して鴨川市の安房鴨川(あわかもがわ)駅に向かうJR外房線(そとぼうせん)などがJR千葉駅に乗り入れます。また、木更津市や館山市を経由して房総半島の西岸(内側)を走る内房線(うちぼうせん)や、東京駅を起点にして東京湾沿岸部を走る京葉線は、JR千葉駅から更に南にあるJR蘇我駅を終点としており、この駅には千葉駅から外房線も乗り入れています。

一方、京成千葉線および千原線は、東京・上野方面からの京成本線を経由して市原市方面へ向かう列車、および千葉県北西部の松戸市方面から新京成電鉄沿線を経由して千葉中央駅までの列車を運行しており、東京都心部または千葉県内北西部の人口密度の比較的高い松戸市(まつどし)や鎌ヶ谷市(かまがやし)エリアなどから千葉県県政機能の集約される千葉市市街地までの直通アクセスを可能にしています。

千葉には果物の「梨」と並ぶ名産の一つに「落花生(らっかせい)」(ピーナッツ)があります。現在では、海外からの輸入量が増えた影響によって全国的にも生産量は減少していますが、国内の約70%程度が千葉県産であり、県下にあっては千葉市市域中部より以東および隣接する八街市(やちまたし)一帯地域が作付面積がとても多いエリアとなっています。

その他、JR線千葉駅には、駅前の市街地と市内若葉区にあって、かつて一躍ブームとなったレッサーパンダの風太くんを代表に多数の動物が飼育される「千葉市動物公園」を経由して同区内の新興住宅地との間を往来する千葉都市モノレール線(通称、「タウンライナー」)も市民の欠かせない足としてアクセスしています。

千葉エリアは千葉駅だけでなく、稲毛や幕張といった広大なエリアを含みます。商業施設が多いエリアにはiPhone修理業が多くありますが、できるだけ自宅から近かったり、通勤・通学で日常的に利用する場所にある修理店舗を利用するのが良いでしょう。というのも、アイフォンを修理する際には、初期不良の可能性があるためです。これはAppleも同じなので防ぎようがありませんが、その時にいつでも行ける場所の店舗であれば、即座に再修理対応をしてもらうことができます。特に多い液晶パネルの修理では、ガラス割れだけでもパネルを丸ごと交換することになるため、初期不良で全く動かくなってしまうことだってあるのです。そうなっても困らないように、iPhone大学を使って優良店を探し当て、きっちり修理してもらいましょう。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る