iPhone修理 船橋・津田沼エリアの優良修理店舗一覧

船橋・津田沼のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば<a href="http://iphone-college.com/contact">問い合わせフォーム</a>からお知らせください。

船橋・津田沼のiPhone修理店

リペアくん船橋店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町2-3-2 西尾ビル3F
最寄駅 船橋駅より徒歩5分

Smart Garage千葉船橋店

営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町5-6-19 コンパル31-2F
最寄駅 船橋駅より徒歩1分

ミスターミニット ららぽーとTOKYO-BAY

営業時間 月~木:10:00~20:00 金土日祝:10:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒273-0012 千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY 北館1F
最寄駅 南船橋駅

iPhoneDoctor西船橋店

営業時間 平日11:00~20:00 土日祝10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒273-0031 千葉県船橋市西船4-22-2 NNSビル4F-403
最寄駅 JR線西船橋駅・京成西船駅より徒歩1分

iPhoneDoctor北習志野店

営業時間 10:00~19:00
定休日 無休
住所 〒274-0063 千葉県船橋市習志野台3-18-3
最寄駅 北習志野駅より徒歩1分

クイック 千葉津田沼店

営業時間 平日11:00~20:00 土日祝11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-22-14 三橋ビル202号
最寄駅 津田沼駅/新津田沼駅より徒歩3分

リペアくん津田沼店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-13-12 テレック津田沼ビル2F
最寄駅 津田沼駅より徒歩約3分

スマホスピタル 津田沼店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒274-0825 千葉県船橋市前原西2丁目14-6 速水ビル5階
最寄駅 津田沼駅より徒歩約1分

スマホスピタル 船橋

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町4丁目1-11 平田ビル401号
最寄駅 船橋駅より徒歩3分

iFC 津田沼パルコ店

営業時間 10:00~21:00
定休日 パルコ津田沼店に準ずる
住所 〒274-0825 千葉県船橋市前原西2丁目18-1 津田沼パルコ B館1F
最寄駅 津田沼駅より徒歩3分

あいプロ 船橋店

営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町4-36-13 増子ビル302
最寄駅 船橋駅より徒歩5分

SmaPla イオンモール船橋店

営業時間 9:00~22:00
定休日 年中無休
住所 〒273-0045 千葉県船橋市山手1-1-8
最寄駅 新船橋駅より徒歩5分

リッシュ 津田沼店

営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-1ダイヤパレス津田沼210
最寄駅 津田沼駅より徒歩2分

iPhone修理ジャパン 船橋店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町5-3-3 杉川ビル1F
最寄駅 船橋駅より徒歩2分

リンゴ屋 船橋店

営業時間 10:00~19:00
定休日 土曜・日曜・祝日
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町2-14-14
最寄駅 船橋駅より徒歩15分

Quick 千葉船橋店

営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜定休
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町6-3-10
最寄駅 船橋駅より徒歩5分

EarlySmart 薬園台

営業時間 11:00~19:30
定休日 第1,3火曜、水曜
住所 〒274-0077 千葉県船橋市薬円台6-1-1薬園台駅ビル1F ルーツコーポレーション内
最寄駅 薬園台駅より徒歩1分

iPhone修理の前に「船橋・津田沼」のご紹介

千葉県西部に位置する船橋駅・津田沼駅近辺のエリアです。船橋エリアの主要駅となる船橋駅周辺は商業施設が多く、飲食店等が立ち並ぶ商店街があることや、オフィスも多くあるため、終日多くの人通りがある地域です。また、駅の南口・北口の双方に多くのバスが集まるバスターミナルがあり、周辺住民の交通の要所となっています。

JR路線が乗り入れる船橋駅の南口から徒歩数分で、京成電鉄本線が乗り入れる京成船橋駅に乗り換えることができます。京成線は多くの周辺住民が利用している路線であり、船橋で東京へ向かう路線へ乗り換える人も多くいるようです。

JR船橋駅には、総武線各駅停車と総武線快速の2路線が入線し、快速が停車しない西船橋駅などの駅の利用者が、快速電車に乗り入れるために当駅を利用することも多く、利用者数はJR東日本の中で、東京都の主要駅の一つである恵比寿駅に次いでいて、千葉県内では最も多くの人が利用しています。東武野田線の始発駅となっており、多くの人が利用しています。路線全体では、柏駅・大宮駅に次いで利用者数が多くなっています。

駅周辺にはロフトやビックカメラ、イトーヨーカドーと商業施設が多く、平日・休日ともに多くの買い物客が訪れます。また、船橋市役所や中央図書館といった公共施設も多くあり、そういった場所へ訪れる人も多くい訪れます。

エリア内にあるもう一つの主要駅として、津田沼駅が挙げられます。住所としては習志野市となっていますが、千葉の東部方面から船橋エリアへの玄関口としての役目を担っており、周辺の商業施設の多さから、乗降客数が多い駅となっています。また、北口商店街の大部分は船橋市に属しています。

路線としては、総武線快速と総武線各駅停車が乗り入れており、徒歩5分ほどの場所にある新津田沼駅では新京成線が乗り入れており、松戸までを繋ぐ各駅の住民たちが利用しやすい立地となっています。

駅周辺には津田沼パルコやイトーヨーカドー、イオンモールといった商業施設が立ち並んでいます。1970年代後半には、駅周辺への大型商業店の出店が続き、北口のイトーヨーカドー、西武津田沼ショッピングセンター、南口のダイエーとの間で競争が激化し、津田沼戦争と呼ばれました。ちなみに当時戦争の渦中にあったダイエーは2005年に産業再生機構による経営再建の一環により27年間の営業に幕を下ろしました。

津田沼駅周辺には千葉工業大学の津田沼キャンパスの他、千葉美術予備校や大原ビジネス専門学校といった学校があるため、学生の姿も多くみられます。バス路線の経路や新京成線とJRの連絡などの要所でもあることから、多くの学生が通学に使うことでも利用されているようです。

船橋市は、千葉県北西部の東京湾沿岸にあって、千葉県内で2番目に多い約60万人余りの人口を抱え、地方自治法に定める政令によって指定された、2016年現在では中核市の中にあって国内最大の人口を擁する都市であり、就業人口のうちで東京都の特別区(23区)内への通勤率も約1/3以上と高く、首都圏内でも有数のベッドタウンです。

市域は、東京湾沿岸から千葉県内の北東方面にやや長く、北側に隣接する鎌ヶ谷(かまがや)市の市域に囲まれた飛び地(丸山地区など)もあり、沿岸部の西側には東京ディズニーリゾートがあることでも知られる浦安市(うらやすし)が隣接し、中央部は平坦な洪積台地でもある下総台地(しもうさだいち)の一部でもあり、東京都心部と県庁所在地である千葉市のほぼ中間点に位置しています。

船橋市のある千葉県は、全国でも有数の梨の産地(平成26年度では、収穫量、産出額とも全国第1位)として知られ、そのうち船橋市は、県下でも4番目に結果樹面積(実のなる木の植えられた面積)が多いエリア(「二十世紀梨」発祥の地である松戸市の約3倍)でもあります。そういった経緯もあって、自治体非公認キャラとして絶大な知名度を誇る「ふなっしー」が誕生した地でもあります。

埋め立てて整備された「ふなばし三番瀬海浜公園」沖合の東京湾には、「三番瀬(さんばんぜ)」呼ばれる大きな干潟があり、東京湾内では屈指の「江戸前」(所謂、東京の街沖合いで獲れる海産物の俗称)の漁場となっているほか、高級海苔(のり)の産地としても広く知られています。

市内北部には、船橋市市制50周年を記念して1987年(昭和62年)に誕生した「わんぱく王国」から発展する形で、1989年(平成元年)に船橋市がデンマークのオーデンセ市と姉妹都市提携の調印をしたことをきっかけに、1993年(平成5年)、同市出身の世界的に著名な童話作家である(ハンク・クリスチャン)アンデルセンの描く童話の世界を具現化した「アンデルセン公園」が隣接地に整備された後、1996年(平成8年)秋にリニューアルされてオープンした「ふなばしアンデルセン公園」があります。この公園には、公に認定された風車守(ふうしゃもり)の居るデンマーク式風車小屋があるなど、デンマークの田園風景が忠実に再現されており、他には約1,300冊もの蔵書を擁する「アンデルセン童話館」が開館されるなど、2015年には新装開園以降で国内のみならず海外からの旅行者も含めて延べ900万人もの入場者を数える国内でも屈指のテーマパークです。

市内の交通網は、新京成電鉄線が船橋市内の中央部を松戸市および鎌ヶ谷市方面から習志野市方面へ南北に縦断し、市西部には東武野田線(東武アーバンパークライン)が鎌ヶ谷市方面からJR総武線・船橋駅まで南北にアクセスします。一方、東京都心部方面からは、JR総武本線と概ねそれに並走する京成本線が市の南部を走り、南端にある埋立地域の東京湾の沿岸には浦安市方面からJR京葉線が千葉市方面にアクセスします。また、JR京葉線には首都高速道路湾岸線から続く東関東自動車道が並走しており、JR総武本線との中間を首都高速道路7号小松川線から続く京葉道路(けいようどうろ)が京成本線に並行してします。他方、JR総武本線・西船橋駅からは東京地下鉄・東西線に接続する東葉高速線が、市域の東に隣接する八千代市(やちよし)方面にアクセスしています。

このほか船橋市には、毎年末の風物詩としても広く知られる競馬競走「有馬記念」が開催される「中山競馬場」があります。この競馬競走は、かつての伯爵で農政研究者でもあり、昭和30年代の農林大臣でもあった有馬頼寧(ありまよしやす)氏が、後に当時の農林省(現・農林水産省)管轄の日本中央競馬会理事長であった頃に、所謂、「有馬特例法」や中央競馬運営方策要綱案、中山競馬場などの施設改築その他の組織的改善に着手した際に、当時としては他に類を見ないファン投票による出走馬の選出で開催した「中山グランプリ」を起源として、彼の死後に日本の競馬大衆化や発展のために尽力した功績を讃えて改称され今日に至るという国内の行政などに関わる観点からも歴史あるイベントです。

船橋・津田沼エリアに関してはJR以外にも京成線、新京成線、東武野田線といった路線があることから、各線の沿線に住む人たちが主要駅に集まりやすい場所でもあります。iPhone修理店舗も主要駅に集中していることから、休日に修理店舗を訪れる人が多くなる傾向になりやすいため、事前にしっかりと予約を取ることをお勧めします。

アイフォンを修理する際の予約については、機種・症状をしっかり伝え、修理金額・修理にかかる時間を聞いて、納得のいくお店を選びましょう。できることなら修理後の保証についても確認しておくと良いでしょう。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る