iPhoneの寿命は何年?買い替えのタイミングはいつが良い?

iPhoneX

どうも!iPhone愛好家のプラです。突然ですが、今使っているiPhone、何年前に購入したものですか?キャリア会社の分割払いが終了した2年目で、機種変更されている方が多いのでは?一体、iPhoneの寿命ってどうなのよ?ここでは皆さんのそんな疑問に切り込んでいきたいと思います。

新しいもの好きのプラは、分割払いが終わった次の日に機種変更しちゃうくらいなので壊れるまで使ったことがないのですが、今回は「iPhoneは何年もつのか」と「買い替えの本当のタイミングはいつか」を徹底的に調べてみました。

iPhoneは最大何年まで持つんだろう・・・?

アップルの公式サイトでは1人目の所有者を基準にした使用年数について、「OS XまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年」と記載されています。

つまり、公式にはiPhoneの寿命は最大3年、ということになっているようです。実際のところ最大何年まで持つのかという疑問は相変わらず残りますが、ユーザーの声によると4~5年は使っていらっしゃる方が多いようです。長い人では6年という強者も存在するようですが、ボタンが押しにくくなってきた、通信速度が遅いなどといった理由で3年をめどに機種変更を検討するケースが一般的なようです。

以上のデータから、4年は確実に持つことがわかりました。iPhoneの寿命はバッテリー性能に左右されるため、正しい充電方法を行なっていれば4年以上持つようですが、使用方法によって年数も変わってくるようです。

iPhoneを買い替えるならいつがベストタイミング?

iPhoneの買い替え、悩ましいところですね。iPhoneの平均寿命は3年とされていますが、本体だけで7万以上もする高価な機種のため、壊れるまで使った方が断然お得です。

中古ショップやネットオークションなどで購入したとしても、半額よりも下がったものはあまり見かけません。むしろ、正規価格の半額以下で販売されているものは破損が激しかったり、処理速度が著しく低下していたりと問題のあるものが多く、あまりおすすめできません。

携帯キャリア会社の分割払いが終わる前に機種変更すると2台分の分割料金を払うことになるので、機種変更の際にはそのあたりのタイミングを考慮に入れるようにしましょう。ベストな買い替え時期は、現在使用しているiPhoneの分割払いが終了間際で、欲しいと思う機種が登場した時と言えるのかもしれません。

寿命を延ばしたいなら、バッテリーに気をつけるべし

より長くiPhoneを使いたいなら、バッテリーの充電方法に気をつけましょう。iPhoneの耐用年数はバッテリーの寿命で決まります。バッテリーが持たなくなるとiPhoneは正常に作動しません。バッテリーはアップルケアや携帯会社の保障に入っていないと交換費用として8800円がかかります。

iPhoneを長く使うためにはバッテリーを少しでも長持ちさせ、端末に極端な負荷をかけない工夫が大切なのです。「最新のソフトウェアにアップデートする」、「極端な周囲温度を避ける(最適な範囲は16〜22℃)」、「充電中は特定の種類のケースを取り外す」、「長期保管する時は、50%充電してから」など、バッテリー耐用年数を延ばすポイントがAppleの公式サイトにもわかりやすく書かれていますので参考にしましょう。

特に、iPhoneのバッテリーに使われているリチウムイオン電池は経年劣化に弱く、充電を重ねることで少しずつ劣化していくため、フル充電するよりも30%ぐらいになったら充電するようにしましょう。また、バッテリーは100%に近い状態が長く続くことでも劣化しやすいので、就寝前に充電したままの状態にするのは避けた方がいいでしょう。

おわりに

今まであまり意識していませんでしたが、バッテリーを無駄に消耗させないことが長持ちの秘訣だったんですね。

プラは手帳型のiPhoneケースに入れたまま、寝る前に充電するのが日課でした。普段も朝から外出して帰宅する頃には、ほぼ0%になってることがざらにあって、バッテリーは「アイムハングリー」状態……。

今となっては猛反省です!これを機会に、充電器を持ち歩くようにしてこまめな充電をしようと心に誓ったプラでした。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る