iPhone修理 松山エリアの優良修理店舗一覧

松山市のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

松山市のiPhone修理店

あいさぽ松山(愛媛)店

営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜定休
住所 〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-4 花園東ビル2F
最寄駅 松山市駅より徒歩3分

スマフォドクター愛媛松山店

営業時間 平日9:00~21:00/土日祝10:00~18:00
定休日 毎週火曜日(祝祭日の時は翌水曜日)
住所 〒790-0823 愛媛県松山市清水町3丁目64-10池内ビル1F東
最寄駅 伊予鉄市内電車鉄砲町駅より徒歩9分

iCRaFT松山店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-9-11-2F
最寄駅 松山市駅より徒歩4分

スマホスピタル愛媛松山

営業時間 10:00~20:00
定休日 無休
住所 〒790-0012 愛媛県松山市湊町4-10-12 1F
最寄駅 松山市駅より徒歩3分

iPhone修理ジャパン 愛媛松山店

営業時間 15:00~23:00
定休日 火曜日
住所 〒790-0002 愛媛県松山市二番町1-10-9MITSUWA320 5F PENTHOUSE店内
最寄駅 大街通

アイフォンドクター松山店

営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
住所 〒790-0952 愛媛県松山市朝生田町5-1-25 ジョー・プラ2F
最寄駅 伊予立花駅/伊予鉄バス朝生田町1丁目

あいほんラボ空港通店

営業時間 10:00~18:00
定休日 土日祝
住所 〒791-0054 愛媛県松山市空港通7丁目15-12 ファミール空港通2F
最寄駅 余戸駅

iPhone修理の前に「松山」のご紹介

松山市は愛媛県の県庁所在地であり、四国最大規模の経済都市である高松市を抑え、50万人を超える四国最大の人口を誇る市です。これは四国・中国地方の中でも広島市、岡山市に次いで3位となっています。

もともとが松山城の城下町として発展を遂げた城下町であり、その流れを汲んで現在も発展と続けています。

愛媛の「ポンジュース」が有名ですが、特産品としてのミカンが古くから知られています。また、日本最古の湯の一つとして数えられる道後温泉には日本全国から湯治客が訪れ、松山城をはじめとする観光資源もあることから、農業・観光業に秀でているエリアといえます。

湾岸エリアには四国ガスや帝人、東レ・ファインケミカル、エヌ・ピー・シーなどの様々な工場が立ち並ぶ工業地帯が形成されており、四国有数の工業生産額を誇っています。

人口が多いことからサービス業も盛んであり、そういった業務に使用するiPadの故障に関するトラブルが多いエリアといえるかも知れません。iPad修理は行える場所がiPhone修理店より少なく、在庫が無いケースも多いため、修理前にはしっかりと電話で予約をすると良いでしょう。

松山は文学の街としても知られています。というのも、文豪の夏目漱石が松山にある高校に教師として赴任しており、漱石の小説「坊ちゃん」の舞台がこの松山だからです。また、俳人である正岡子規や種田山頭火も松山市にゆかりのある人物です。

ちなみにこの松山市は「野球拳」発祥の地でもあります。当初は現在のように脱衣などの罰ゲーム要素のあるものでは無かったようですが、リズムの良さや勝ち負けのあるジャンケンの要素から罰ゲームを付加した、現在広く知られている野球拳となってしまっているようです。ちなみに本家本元の野球拳には「家元」がおり、現在も由緒正しい野球拳を伝えています。

中心的な役割を果たす駅として知られる松山市駅は、伊予鉄道の駅であり、高島屋が入る駅ビルを持っています。JR予讃線が入選する松山駅もあるのですが、こちらは松山市駅と比べて使用者数が1/3以下と僅少です。

松山市駅には余戸・松前方面へ向かう郡中線に衣山・三津・高浜へ向かう高浜線、久米・梅本・横河原方面へと向かう横河原線の3路線が乗り入れています。

松山駅と松山市駅は名前が似通っているものの、立地的には少し離れた位置にあり、徒歩だと20分ほどかかるため、多くの人は公共交通機関を利用しています。

松山市駅の周辺にはいよてつ高島屋という四国最大の百貨店があるほか、商店街である真津山銀天街、四国唯一の地下街である松山市駅地下街があります。

人口の多さから高松市と比較して学校の数が非常に多くあります。大学は国立の愛媛大学を筆頭に、聖カタリナ大学、松山大学、松山東雲女子大学などがあります。専門学校においても数が非常に多く、川原医療大学校、福祉専門学校、電子ビジネス専門学校や愛媛コミュニケーションビジネス専門学校、日産愛媛自動車大学校などなどがあります。専門学校なのに「大学校」と名が付いているのは少し不思議ですね。

高校も飽和状態となっているようであり、学生が非常に多いことがわかります。そういったエリアにはiPhone修理店独自に「学割」が適用できる店舗も多いようです。不思議と学割を提供している修理店には有料店舗が多いようなので、iPhone修理店舗選びに迷ったら、学割があるかを見て決めるのも一つの基準になると思います。

学習塾が非常に多く進出しており、明光義塾や東進衛星予備校、ITTO個別指導学院など、松山市内における受験激化の象徴と言えるかもしれません。最近ではiPhoneのアプリにも学習に使用できるものが多くあり、特に英語ではリスニングに適していることから大学受験対策でも活用されているようです。

勉強で使用しているiPhoneは使用頻度が高く、特に充電器をつないだまま使用する人が多かったり、寝るときに充電をさしっぱなしにしてしまったりする例も多くあります。そういった使い方をしているとiPhoneのバッテリーの消耗が早くなり、最悪の場合電源が入らなくなってしまうこともあります。

市内には多くのドコモショップ、auショップ、Softbankショップがあり、正規修理店もあることから保証の範囲内で修理をしてもらうことができます。しかし、そういった場合にはiPhoneは丸ごと交換となるケースがほとんどであり、中のデータは全て消えてしまいます。

中のデータが重要なのであれば、保証適用がでも非正規修理店での修理がおススメです。バッテリーを交換するだけなので時間も30分もかからず、データも消えることはありません。

バッテリーの持ちが悪くなるだけならまだバッテリーの交換のみで対処可能なのですが、バッテリーが膨張を始めると危険です。膨張が続くと液晶パネルを押し上げ、壊してしまい、最終的には液晶パネルも交換しなければならなくなってしまいます。

最悪のケースでは、バッテリーが発火しiPhoneが使用不能になってしまうこともあるのです。

iPhoneのバッテリーの調子が悪いなと感じたら、当サイトを利用してキチンと修理してくれそうな優良店を探してみてください。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る