iPhoneできれいに写真を撮る方法

iPhoneで綺麗に写真を撮る方法

最近はデジカメではなくiPhoneで何でも撮影することが増えたな~と思います。こんにちは、ライターのプラです。

iPhoneはスリムなボディなのに、高画質な写真が撮れます。片手でも簡単に撮ることができるので、日常の1コマや自撮りなどさまざまな場面で利用されています。山手線などの駅のホームで「iPhone7で撮影」とPRしている看板を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか?

SNSなどを見ていると、同じiPhoneで撮ったとは思えないほどきれいな写真も見かけますよね。iPhoneも普通のカメラと同じように、撮影の仕方で「見られ方」に差がつきます。

今回はどうすれば、より綺麗な写真を撮ることができるのか、そのポイントをまとめてみました。

まずは構えが大事

iPhoneで写真を撮るとき、どのようにしてiPhoneを持っていますか?自撮りをするとき、料理や風景など日常で見つけた素敵なものを撮る時、さっと片手で写真を撮ることもできますが、何も意識しない持ち方、構え方で撮ると、ブレたり、ピンボケしてしまったりすることがあります。

あとで写真を見返してみて、きちんと撮れていなかったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

iPhoneで写真を撮るときには構え方が大切です。

縦に持つ場合でも、横に持つ場合でも、脇をしめて、両手でしっかりと持つのが良いです。片手でさっと撮ったときの写真と比較してみてください。
両手で固定して撮影

また、シャッターの際も多くの人が画面をタッチして撮影していると思いますが、両手でiPhoneを固定している状態で画面をタッチしようとするとどうしても不自然な指の動きになってしまうので、音量ボタンを押して撮影した方がブレの無い写真を撮ることができます。

iPhoneで被写体以外をピンボケさせる方法

一眼レフで写真を撮るときに、被写体に焦点を当てることによって背景がピンボケします。一眼レフカメラの特徴としてこの背景のピンボケ具合を調整できるので被写体が美し見える工夫をすることができます。

一眼レフと異なっておりiPhoneのカメラはオートフォーカスであるため、基本的には背景がボケた写真を撮影することができません。

しかし!「Finger Focus一眼レンズ」というアプリというアプリを利用することで、iPhoneでも被写体以外をピンボケさせて被写体が綺麗に見えるようになるのです!
ピンボケアプリ
Finger Focus一眼レンズ

使用方法はとても簡単です。まずはiPhoneのカメラを使って普通に写真撮影します。次に、「Finger Focus一眼レンズ」アプリを起動し、写真をライブラリから選ぶと、全体がぼやけた写真になります。その後、はっきり見せたい部分を指でこすりましょう。すると、ピンボケしていたところが、くっきりした画像に戻ります。特別な技術は必要なく、はっきり見せたい部分だけ自分で選べるのが、このアプリの特徴です。
カメラアプリ2

フィルターを調節する

iPhoneを使って写真を撮るとき、設定を何も変えずにそのまま撮るという方が多いと思います。しかし、この設定を少し変更するだけでも写真の印象が大きく変わるときがあります。外部カメラか、インカメラかだけ選んですぐに撮るのではなく、iPhoneのフィルターを変更して素敵な写真を撮ってみましょう。画面の右上に光の三原色のようなアイコンが出ているので、そこをタッチします。すると、9種類のフィルターが表示され、被写体のほうにカメラを向けると、それぞれのフィルターごとの被写体の様子をみることができます。

モノトーンやコントラストが強調されたり、色味が少し変わっていたりと、そのときに撮りたいもの、人、風景に合わせてフィルターを変更することで綺麗な写真を撮影することができます。

撮影済みの画像もフィルターの変更が可能なため、過去に撮影した写真もフィルターを変えてみてみると、より良い写真になる可能性があります。

おわりに

いつでもどこでもiPhoneがあれば、すぐに写真を撮ることができますが、さらに一工夫すれば、より綺麗で素敵な写真を撮ることができます。

TwitterやInstagramなど、今では多くのSNS上にiPhoneで撮影された写真がアップされています。その中で綺麗に写真が撮れていたら注目を集めることができると思います。姿勢をしっかり保って、カメラ機能を利用したり標準装備されている以外のカメラアプリを使うなど、様々なな方法を使って綺麗な写真を撮っちゃいましょう!

 

 

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る