iOS11の不具合まとめ

iOS11の不具合

ついにリリースされたiOS11。今秋発売されたiPhone8やiPhoneXには、このiOS11が標準装備されています。ですがSNSやブログなどで、アップデートしたものの不具合が出て困っている・・・、そういった声もあがっています。

iPhoneのOSが大きく変わる時はこのような現象がこれまでも報告されていましたが、今回リリースされたiOS11では具体的にどのような現象が起こっているのでしょうか?またその解決法はあるのか?そうした疑問に答えていきます。

なんでこんなバッテリーの減りが早いの?!端末も熱くなる!

iOS11にアップグレード直後に実感するのが「バッテリーの減りの早さ」です。iOS11ではiOS10に比べ2倍近くバッテリーが消耗することがわかっています。はっきりとした原因は究明できていないのですが、iOS11ではWiFiとBluetoothの接続をオフ設定にしても、移動するとiPhoneが勝手に接続してしまうオフ設定自動解除になったことが原因ではないかといわれています。

対処方としては、「アプリをバックグラウンド更新しない」「電波環境が悪い時は機内モードにする」「低電力モードを常にオンにしておく」の3つを心がけることで、バッテリー消耗が軽減できます。

もう1点が、「端末が熱くなる」不具合です。充電時によくみられる現象のようですが、iPhoneの背面が異常に熱くなってしまうことが時折報告されています。この場合は、まずiPhoneのケースを外して熱が籠らないようにし、充電中はiPhone操作を控えましょう。

あまりにも熱くなって心配なら、一旦電源を落として熱が冷めるのを待ちましょう。

なんで!?リカバリーモードやリンゴループ等で動作しなくなる

リカバリーモードとは、iPhoneのiOSを起動中に、なんらかの原因でフリーズしてしまう状態を指します。このリカバリーモードは不具合が出て操作ができなくなったiPhoneを初期化するためにある機能です。一方、リンゴループとはiPhoneを再起動した際に、画面にアップルのリンゴマークが延々と表示され、次に進めなくなった状態のことです。どちらもiPhoneユーザーにとってやっかいな現象ですね。

iOS11にアップデート中にこのような不具合が起こった場合の対処方がいくつかありますので、参考にしてみてください。

1:強制再起動する
2:iTunesに接続。
3:iOSデバイスを初期化する
PCでiTunesを起動し、USBケーブルでiPhoneを接続します。
その後iPhone復元の通知がでますので、その後は指示通りに進んでください。
4:PhoneRescue – iOSデータ復元ツールをダウンロードする
無料ダウンロード版でiOS11をサポートしています。

 

アプリが落ちる、起動しない

iOS11にアップデート後、アプリが突然落ちたり、画面が全く起動しなくなったりしたことはありませんでしたか?

そんな時は、アプリの強制再起動をしてみてください。それでも起動しない頑固なアプリは、一度アンインストールして、その後、最新版を再インストールしてください。アプリからホーム画面に戻れなくなった場合は、スリープボタンを長押し後、ホームボタンを数秒押し続ければ、ホーム画面に戻ります。

これで大抵のアプリの不具合が解決するはずです。もともとiOSはアンドロイドにくらべこうした現象が起こりやすいのです。iOS11でも例外なく、アプリが落ちて起動しないといった不具合は完全には解消されていないようです。特に落ちやすいアプリはInstagram、Snapchat、Facebook、LINEでSNSアプリに集中しているようですね。

ほとんどのユーザーがこのアプリのどれかは使っていることと思います。困った時は、上記の方法をお試しください。

おわりに

他にもiMessageが送信できない、Safariが使えなくなる、留守番電話が聞けなくなるなどといった不具合報告が寄せられています。また、容量不足が原因でiOS11にアップデートできなくなっているケースもちらほら聞こえてきます。不要なアプリはなるべく削除し、フォトライブラリーにたまった画像や動画はDVDに焼いておき、iPhoneから削除する、Safariの履歴や立ち上げているWEBサイトを消すなど、アップデートに必要なストレージ容量をつくりましょう。

不具合が発生した際は、必ず対処方法がありますので焦らず調べてみてください。尚、当サイトでも不具合に関するお役立ち情報をたくさん掲載しております。今後も豆知識や最新情報を配信していきます。ご期待くださいませ!

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る