iPhoneで面白い写真を撮る方法

面白い画像を撮影する方法

TwitterやInstagram、Facebookなどなど、今では多くのSNSでいろんな人の自撮りや友だちと撮影した写真を見ることができるのが面白ですね。どうも!ライターのプラです。

iPhoneでは簡単に高画質の写真を撮ることができるので、日常的にカメラを使っている人も多いでしょう。複雑な操作をしなくても、手軽にきれいな写真が撮れますが、ただ普通に撮るだけでは面白くありません。さまざまなiPhoneアプリもあるので、せっかくなら工夫した、とっておきの写真を撮ってSNSにアップすれば注目を集めること間違いなしです!友達や家族などと集まって撮れば、さらに盛り上がります。

今回はそんな面白い写真を撮るコツやお勧めアプリについてお伝えします。

分身の術を撮る方法

iPhoneアプリを使って、まるで分身の術を使ったかのようなおもしろい写真を作ることができます。そのアプリは、Clone Camera Proです!
分身カメラ
Clone Camera Pro
その名の通り、カメラで撮った人物をクローンのようにいくつも作って、写真におさめることができるのです。

使い方も簡単で、まずは背景となる写真を撮ります。どこの写真を撮っても構いませんが、場所を工夫するとさらにおもしろくなります。料理や木、空など同じ人がたくさんいると面白そうな背景を自分で考えてみてください。

次に、分身の術を使う人の写真を撮ります。もちろん、人ではなくて動物や物などを使っても大丈夫です。最後に合成したい部分を選択し、はじめに撮った背景に加えます。最大で6つの分身を入れることができます。フィルターの加工もできるので、iPhoneでオリジナルの一枚を作ってみてください。

手長や胴長人間を撮る方法

手長や胴長など、体の一部が奇妙に伸びているおもしろい写真を撮ってみてはいかがでしょうか。これは、iPhoneのカメラの中にあるパノラマの機能を使って撮ることができます。

パノラマとは、通常は自然や建物など、通常のカメラのサイズにおさまりきらないものを撮影する機能です。

旅行のときに使うという人が多いと思われますが、この機能に少し手を加えればおもしろ人間の写真が撮れてしまいます。やり方は、パノラマ機能で横にカメラをスライドさせていき、このときに伸ばしたい体の部分も一緒の方向に動かしていくだけです。動きながら、カメラではその伸ばしたい部分に焦点を当ててください。胴長人間を作る場合は胴の部分、手長人間を作るときには手の部分です。

そうして撮影すると、できた写真は奇妙な人間になっています。同様にして足長人間、指長人間なども作れるのでいろいろ試してみるといいでしょう。

アプリを使って写真を面白くしよう

iPhoneアプリの中でもおすすめなのが、大人気のSNOWですね!これは今更説明が要らないくらいに使っている人も多いのですが、万が一知らない人のために紹介です。
SNOW-スノー-SNOW
面白くて、かわいらしい写真を撮ることができます。このアプリは人にカメラを向けると、自動的に人物の顔を認識して、ウサギや犬などの動物の耳や体がつけられます。プリクラのように自動で目が少し大きくなり、よりかわいく見せることも可能です。

また、写真だけでなく、動画も作ることができ、口から火をふいたり鼻血が出たりと本当に多種多様なものが作れます。どれがいいかと選ぶのも楽しいです。数え切れないほど多数のフィルターがあるので、いろいろ試しているとあっという間に時間が過ぎてしまうでしょう。一人での暇つぶしにもなりますし、友達や家族と集まったときにみんなでやるのも盛り上がるのではないでしょうか。

おわりに

iPhoneで気軽に写真を撮るのは当たり前のことになってきました。ただ普通に写真を撮るだけではもったいないです。iPhoneのカメラ機能やアプリを使えば、面白い写真を簡単に撮ることができます。普段からカメラを使っている方は、新たなスパイスとして少し変わった撮影方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、パーティーや宴会などちょっとしたイベントで面白い写真を撮れば、みんなでワイワイ楽しめます。最近ではSNSにアップしている方も多いので、コメントやいいねが欲しい方は気軽にやってみると良いでしょう。

 

 

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る