ベッキー&ゲス極のLINE流出原因!? クローンiPhoneの恐怖

サングラスをかけた男たち

みなさんこんにちは、ライターのソラです。ベッキーとゲス極の不倫報道からLINEの流出方法が話題になっています。今回はそんなLINE流出の源泉になりうる「クローンiPhone」の恐怖をご紹介しましょう。

1.クローンiPhoneとは

あるiPhoneの情報を共有したiPhoneの事です。LINEやメール情報だけでなく、SNS情報も共有できる恐るべきツールです。しかし、電話番号は共有しません。また、いくつかのアプリも共有できないことがあるため、完全なクローンというわけではありません。しかし、クローンiPhoneはオリジナルiPhoneや、その中にあるデータを支配できる可能性があるため、注意が必要です。

2.クローンiPhoneでできること

クローンiPhoneはオリジナルのiPhoneが持つ情報の多くを共有することができます。例えばLINEの情報も共有できるため、オリジナルiPhoneに来たメッセージを閲覧することができてしまうのです。FacebookなどのSNSにもアクセスすることができるので、SNS上で非公開としている情報を盗み見られることや、オリジナルiPhoneの持ち主になりすますことも可能なのです。また、iCloud経由で取得できる画像情報などを共有することができるだけでなく、もともと入っていた知人などの連絡先も強制的に共有されてしまいます。これにより、自分の人間関係や個人情報が大量に流出する危険性をはらんでいます。

3.クローンiPhoneの作り方

クローンiPhoneを作るには、オリジナルiPhoneと空のiPhone(クローンiPhoneになるiPhone)インターネットに接続できるパソコン、そしてオリジナルiPhoneが持っているApple IDとパスワードが必要です。
オリジナルiPhoneをパソコンに接続し、iTunes経由でバックアップを取り、取得したバックアップで空のiPhoneに復元作業を行います。

アプリ等の内容がダウンロードされればクローンiPhoneの誕生です。
iPhone本体とApple ID、パスワードがそれぞれ必要となるため、ちょっとiPhoneを預けた程度でクローンiPhoneを作られることはまずありません。しかし、それらの条件が揃う環境であればクローンiPhoneが生み出される可能性があるので注意しましょう。

まとめ

クローンiPhoneとは、オリジナルiPhoneの持つ情報の大部分を共有することができるiPhoneのことです。クローンiPhoneを作られてしまうと、LINE内容や画像、個人情報の流出などかなり大きな被害が生まれる可能性があります。特にiPhoneに様々な情報を登録していたり、スケジュール管理など全てiPhoneで完結させている人は注意が必要です。クローンiPhoneが生み出される環境は極めて限定的なので、むやみに自分のiPhoneを他人に預けたりしない。やむを得ず預ける場合でもパスコードやApple ID、パスワードは教えない、といった管理が重要です。

ベッキーやゲス極のスキャンダルに限らず、ちょっとしたやりとりの流出はこういったクローンiPhoneが生み出されているからかもしれません。芸能人や影響力のある人は、自分のiPhoneをしっかりと管理するようにしましょう。

iPhoneの即日修理店が乱立していますが、修理のときにパスコードをきかれることがありますがパスコードだけではクローンiPhoneを作ることはできません。しかし、中にはApple IDとパスワードを聞いてくるケースがあるかもしれません。私が取材した限りではApple IDが必要となるケースはバックアップを取り復元するもの以外知りません。修理時にApple IDとパスワードを聞いてくる修理業者がいたとしたら、もしかしたらアナタのiPhone内の情報を狙っているのかもしれません…。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る