どうして未だにiPhoneのバッテリーは1日しか持たないのか

これからは水素バッテリーの時代!?

なんでiPhoneのバッテリーは1日しか持たないのか?

日常生活の中で必需品のiPhoneですが、毎日のように充電をしないと1日しか持たないと思います。バッテリー性能は初代iPhone発売当初より格段に進化をしているのですが、なぜ1日しか持たないのでしょうか。理由はiPhoneの進化大きなスクリーン、液晶ディスプレイ、多種多様なアプリ、タッチスクリーンなど、iPhoneの機能も非常に進化しています。これらの機能は携帯が深夜の充電で1日持つように設計されているそうです。
またバッテリーの性能が良くなる一方で、iPhoneの機能も良くなり続けています。iPhoneの機能が上がれば、バッテリーの消耗も必然的に増えるので、バッテリーの性能が上がってもイタチごっこのようになっているのです。
もちろん、分厚いリチウムイオンバッテリーを搭載すれば充電は持つようになるのでしょうが、アップル製品のデザイン性を考えてみると、分厚いiPhoneはちょっと想像がつかないですね。

iPhoneに水素バッテリーが搭載される!?

そんな中、水素バッテリーに注目が集まっています。水素バッテリーがiPhoneに搭載されると、1週間は充電の必要がなくなるらしいです。スマートフォンが薄型化をする一方で、バッテリーはその犠牲となってきました。

iPhone6sのバッテリー容量がiPhone6の1,810mAhから1,715mAhへと減少したことは、機能面や薄型化追求した代償ともいえるのではないでしょうか。

海外の話になりますが、水素バッテリーをiPhone6に搭載し、形状を変更することなく、1回の充電で1週間もの間、同端末を充電なしで維持することに成功したニュースもありました。
※アップルとの共同研究をしているのではないかと噂されている。この水素バッテリーですが、新興OEMが新デバイスに搭載することも視野に入れているらしく、スマートフォン市場には早ければ2年以内での登場が見込まれています。バッテリーの持ちを求めるユーザーの声は大きいだけに、このような新技術を搭載するスマートフォンが現れれば、大きな話題になることは間違いなさそうですね。

まとめ

・iPhoneのバッテリーは大体1日しか持たない

・水素バッテリーが搭載される噂あり

・水素バッテリーなら1週間は電池が持つという噂

一緒に読んでほしい記事
いつバッテリー交換をしたらいいの? バッテリー容量の確認方法
バッテリー残量をパーセントで表示する方法
iPhone SEの噂をまとめてみたら、驚くほどハイスペックになった。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る