iPhone修理 金沢エリアの優良修理店舗一覧

金沢市のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

金沢市のiPhone修理店

りんご修理のNEXTDOOR 金沢店

営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
住所 〒920-0056 石川県金沢市出雲町イ410番地 サンスカイ1F
最寄駅 JR金沢駅より車で10分

iPhone修理工房 イオンタウン金沢示野店

営業時間 10:00~20:30
定休日 年中無休
住所 〒920-0069 石川県金沢市戸板西1-155 イオンタウン金沢示野イースト棟
最寄駅 金沢駅より徒歩5分

iPhoneDoctor 金沢

営業時間 11:00~24:00
定休日 不定休
住所 〒920-0346 石川県金沢市藤江南2-1-3
最寄駅 JR金沢駅より車で10分

iPhone修理ラウンジ 金沢片町店

営業時間 16:00~25:00
定休日 日曜日
住所 〒920-0981 石川県金沢市片町2丁目21-10 片町コアビル5階
最寄駅 野町駅より車で4分

SHELVES 金沢店

営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒921-8043 石川県金沢市西泉4-11 MEGAドン・キホーテ ラパーク金沢店
最寄駅 北鉄石川線西泉駅より徒歩5分

iPhone修理ラウンジ アピタ金沢店

営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒921-8022 石川県金沢市中村町10番20号 アピタ金沢店1F 保険ショップ内
最寄駅 金沢駅より車で5分

あいくる 金沢コロナ店

営業時間 12:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒920-0333 石川県金沢市無量寺4丁目121番地1 金沢コロナワールド パチンココロナ入口横
最寄駅 JR金沢駅より車で16分

iFC 金沢店(西口)

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒920-0025 石川県金沢市駅西本町3-18-27 2F
最寄駅 金沢駅より車で9分

アットモバイルリペアー 金沢店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒920-0054 石川県金沢市若宮1-34
最寄駅 金沢駅より車で6分

iPhone修理の前に「金沢」のご紹介

石川県の県庁所在地でもある金沢氏は46万人以上の人口を誇る、北陸地方随一の人口を誇るエリアです。

主要駅である金沢駅は東京-金沢間を結ぶ北陸新幹線と、福井・大阪・米原・名古屋方面などへ走る北陸本線、IRいしかわ鉄道線が乗り入れており、七尾線直通の路線も乗り入れており和倉温泉方面へもアクセスが良好です。また、北陸鉄道が乗り入れる北鉄金沢駅とも直結しており、浅野川線が乗り入れています。正面にある鼓門は非常に美しいフォルムで金沢駅のランドマークとして観光客の格好の被写体となっています。

駅周辺には金沢百番街として、多くの店舗が入居し「おみやげ館」と「あじわい館」がある『あんと』や、ファッションや様々なサービス系店舗も入居する『Rinto(りんと)』があります。この金沢駅を中心にiPhone修理店が多くあるようです。

人口が多いことはもちろんですが、多くの企業が本社や支社を置いている地域でもあります。今村証券、澁谷工業、アイ・オー・データ機器、アパグループ本社といった企業が本社を置き、NTTドコモや江崎グリコ、カゴメ、オムロン、KDDI、サッポロビールといった大手が北陸支社を置いているため、北陸地方のビジネスの中心地となっています。また、陸上自衛隊金沢駐屯地もあるため、自衛隊員やその家族も多く住んでいます。そういったビジネスの中心地ならではの会社で使用しているiPhoneやiPadの修理ができるお店が多いことが予想されます。

伝統文化としての金箔は全国の98%のシェアを誇り、銀箔が100%と伝統製造業として重要な産業を担っています。

金沢大学、金沢武術工芸大学、金沢工業大学、金沢学院大学、金沢北稜大学、北陸大学、北陸学院大学といった大学校も多くあり、隣接する県からも多くの通学者がおり、金沢駅周辺では多くの学生を目にします。また、石川県立保育専門学校、石川県調理師専門学校、ファーストコンピューター専門学校、金沢科学技術専門学校、金沢福祉専門学校、石川県立総合看護専門学校などの専門学校も多くあります。そのため近隣のiPhone修理店では学割サービスが使えるところもあるかもしれません。学生の方は、そういった修理店を探しみて、お得に修理すると良いかもしれません。

北陸3県の中心となる都市であり「小京都」として知られる金沢市は、藩祖・利家(としいえ)をはじめ前田家が治めた、俗に「加賀百万石(かがひゃくまんごく)」とも呼ばれる加賀藩の城下町として繁栄したことでも広く知られるところです。市街地の街並みには歴史的風情が色濃く残っており、第二次世界大戦下での空襲を免れたことも大きな要因となっています。しかし、豊かな藩であった半面、江戸幕府や周囲から決して大きく目立たないよう、表向きには決して派手に目立たず落ち着いた街並みや文化、風習などが根付いています。

日本海に面した能登半島の西側付け根部分に位置する都市で、年間を通じて多湿な気候で冬に雨や雪が多く、特に内陸部での降雪量が多いエリアでもあります。金沢市への交通は、北陸自動車道の利用および大阪、名古屋および新潟方面からJR北陸本線に乗り入れる特急列車などを利用して金沢駅に降り立つなどが従来までは一般的でした。しかし昨今、東京から長野を経由する「北陸新幹線」が、金沢駅を終点としてアクセスしているため、関東方面からの観光が便利になり、今までは困難だった日帰り観光をする人々や、東京観光などのオプショナルツアーとして訪れる海外からの観光客も急増しているようです。

「加賀百万石」と呼ばれる栄華を誇った金沢だけに市内の観光名所は色々ありますが、中でも「金沢城址(かなざわじょうし)」、「兼六園(けんろくえん)」、および「東山ひがし」地区や「主計町(かずえまち)」などの茶屋街は欠かせないスポットです。「金沢城址」は、度重なる火災により消失した安政時期にあった金沢城の風情を、古文書などを参考にして「菱櫓(ひしやぐら)」等の一部で可能な限り忠実に再現し、消失しなかった「石川門(いしかわもん)」などと合わせ「金沢城公園」として1996年(平成8年)より一般公開を開始しました。

「兼六園」は、水戸の「偕楽園(かいらくえん)」や岡山の「後楽園(こうらくえん)」と並ぶ日本三名園の一つです。 「宏大(こうだい)」、「幽邃(ゆうすい)」、「人力(じんりょく)」、「蒼古(そうこ)」、「水泉(すいせん)」、「眺望(ちょうぼう)」という6つの相反する優れた景観の要素を兼ね備えた庭園という理由から名付けられました。「東山ひがし地区」や「主計町」は、文化財保護法によって重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、「茶屋様式」と呼ばれる町家の建造物が数多く残る町並みは全国的にも希少です。

北陸新幹線の開通から観光地としての集客もできるようになった金沢駅では、人口の増加とともにiPhone修理店も増えているようです。ガラス割れやバッテリー交換といった、オーソドックスな修理はどの店舗でもできますが、水没修理やiPad修理に関しては、対応していないお店もあるので注意が必要です。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る