iPhone修理 小田原エリアの優良修理店舗一覧

小田原のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

小田原のiPhone修理店

クイック小田原修理センター

営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2-13-15 銀座TKビル301
最寄駅 小田原駅東口より徒歩5分

iFC 小田原店

営業時間 10:00~20:00
定休日 木曜日
住所 〒250-0862 神奈川県小田原市成田530-7
最寄駅 富士急湘南バス「明治小田原研究所」下車

修理工房りんご飴 湘南店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒259-0303 神奈川県湯河原町土肥4-16-24
最寄駅 湯河原駅より徒歩7分

アイアップ 小田原駅前店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2丁目10-17
最寄駅 小田原駅より徒歩6分

iPhone修理の前に「小田原」のご紹介

小田原駅を中心とする小田原市全域のエリアです。住宅街もありますが、観光客が多く訪れるため商業施設や旅館・ホテルなどが多く、iPhone修理に関しても観光客が旅行先で破損させてしまって行うケースがみられます。

小田原駅は神川県小田原市にあるJR東日本・JR東海・小田急電鉄・箱根登山鉄道・伊豆箱根鉄道がそれぞれ乗り入れる観光地の中心部にある駅です。JR東海道本線は新宿方面とへ向かう湘南新宿ラインと東京方面へ向かう上野東京ラインといった経路があり、目的地ごとに乗り込む上りの路線が変わります。また、下りは熱海へ向かうため、小田原駅周辺での観光を経て熱海へ向かう観光の方も多くいるようです。JR東海の新幹線は、「こだま」と一部の「ひかり」が停車し、「のぞみ」は停車しません。また、近隣の湯河原駅なども温泉地であり、週末や連休の時期は旅行客がよくみられます。

伊豆箱根鉄道の大雄山線は小田原から足柄までを結んでいます。小田急線と箱根登山鉄道は同一の駅舎を共同で利用しています。箱根登山鉄道はその名の通り、箱根の山を力強く登っていく路線であり、箱根湯本や小涌谷、箱根彫刻の森美術館といった観光地を走ります。また、日本で最も勾配のきつい路線であり、その工事は壮絶だったそうです。小田急小田原線の終着駅であり、発車路線は上りの相模大野・新宿・千代田線方面の電車のみとなっています。どちらも週末やGWなどの大型連休時には非常に多くの利用者があり、平日とは様相が一変します。

小田原は観光地としてあるだけでなく、近隣には神奈川県立小田原高等学校や相洋高等学校といった高校や、国際医療福祉大学や関東学院大学といった大学もあり、近隣には学生の姿も多くみられます。観光と通勤・通学のためのバス路線も非常に多くあります。

小田原市(おだわらし)は、神奈川県西部の相模湾沿岸の都市で、酒匂川(さかわがわ)下流域に広がる足柄平野を市域の中央(中心)部として、市域の西には箱根町が隣接して、毎年正月の風物詩「箱根駅伝(はこねえきでん)」(正式には、「東京箱根間往復大学駅伝競走」)コースの要所としても有名な険しい箱根の峠が近接し、市街地は、かつて東海道の小田原宿として栄えた小田原藩の城下町で、人口は年々減少化傾向にあるものの2016年(平成28年)現在では、約19万5千人の人口を抱えています。

小田原市は、神奈川県西部の東海道新幹線駅(JR小田原駅)がある都市ですが、箱根町方面への箱根登山鉄道線はもとより、更に西にある富士山周辺エリアへの観光拠点としても要所となっています。また、JR小田原駅には、東京・新宿方面から小田急小田原線が、看板列車のロマンスカーをはじめとして乗り入れており、東京や横浜市方面からの直線的な新幹線路線よりも更に内陸部にある街からのアクセスをも容易にしています。

小田原市は、童謡「お猿のかごや」の歌詞中の一節にも登場する「小田原提灯(おだわらちょうちん)」をはじめ、蒲鉾(かまぼこ)、塩干物(えんかんぶつ)、梅干しなどの名産品でも有名です。この点、小田原提灯は、畳んだ時に蛇腹(じゃばら)の胴部分が蓋に収まるよう、伸ばし広げると円筒形になるよう作られた宿場町・小田原発祥の提灯で、江戸時代には大人気商品であったものの昨今では需要も少なく、地場産業振興評議会HPによれば、市内で取り扱う店舗も現在で僅かに1軒のみとなっています。

また、国の重要無形民族文化財に指定される伝統芸能「相模人形芝居(さがみにんぎょうしばい)」を伝承する下中座(しもなかざ)が市域の東端にある小竹地区に存しますが、現在では後継者の維持存続にも地元組織を中心とした苦労が窺えます。

その他、既に50年以上の歴史がある「小田原北條五代祭り」が毎年5月3日に開催されています。この行事は、戦国時代に小田原城を拠点として5代で約100年にわたる栄華を極めた戦国大名の後北条氏(ごほうじょうし)を称えるもので、多くの見物客でも賑わい、市街地を練り歩く武者行列を主とした盛大な総勢1,700人にもおよぶパレードです。因みに、後北条氏と鎌倉時代に幕府政権を握った北条氏とは、遠縁ではあるものの直系関係になく、それらの区別のために、小田原城を守護した北条氏を「後北条氏」と呼んでいるようです。

主に観光客が急ぎでiPhone修理を行う際には、修理時間と正確さが重要です。落下などにより全く画面が映らないなどの緊急修理が必要な際には、次の予定までの時間が十分にあるかを確認して修理をしてもらうようにすると良いでしょう。また、優良店でない店舗での修理は、再修理が必要となるリスクがあるため、可能であれば事前に優良店であるかを調べると良いでしょう。観光で訪れた地で壊れたiPhoneが再修理になると郵送修理での対応となる可能性がありますが、料金も余計にかかる可能性があるため注意が必要です。また、学生も多いため、学生さんの修理の場合には学割が適用されるかも確認しておくと良いでしょう。落下によるガラス破損やバッテリーの交換など、アイフォンに関するトラブルがあれば、早めに修理することをお勧めします。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る