iPhone修理 相模原・橋本エリアの優良修理店舗一覧

相模原・橋本のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

相模原・橋本のiPhone修理店

日本スマートフォン端末救命士 相模原緑区原宿店

営業時間 17:00~24:00
定休日 不定休
住所 〒252-0102 神奈川県相模原市緑区原宿2-10-5
最寄駅 相原駅

スマホドック24 相模原太井店

営業時間 9:00~19:00
定休日 土日祝
住所 〒252-0152 神奈川県相模原市緑区太井158-3
最寄駅 橋本駅よりバスで約30分

日本スマートフォン端末救命士 相模原駅前店

営業時間 12:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原2-2-20 サーフィス相模原402
最寄駅 相模原駅より徒歩1分

ダイワンテレコム 相模原 淵野辺駅前店

営業時間 8:00~22:00
定休日 年中無休
住所 〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-15-19 SUNWOOD淵野辺B1F
最寄駅 淵野辺駅より徒歩2分

日本スマートフォン端末救命士 淵野辺店

営業時間 10:00~20:00/土曜のみ10:00~17:00)
定休日 日曜日、祝日、月曜日
住所 〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台2-11-6 NAC参番館ビル2F
最寄駅 淵野辺駅より徒歩1分

ダイワンテレコム 相模大野店

営業時間 10:00~20:30
定休日 火曜日
住所 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野4-5-5 相模大野ロビーファイブD棟2F パソコンドック24店内
最寄駅 相模大野駅より徒歩5分

スマホスピタル 相模大野本店

営業時間 11:00~20:00
定休日 日曜・祝日
住所 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野5-27-5イル・ヴィネイトビル1F
最寄駅 相模大野駅より徒歩5分

i+Remaker 相模大野店

営業時間 10:30~20:30
定休日 不定休
住所 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-3-2 1F
最寄駅 相模大野駅より徒歩3分

iPhone修理くん 相模原店

営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒252-0344 神奈川県相模原市南区古淵2-10-1 イオン相模原店2階
最寄駅 古淵駅より徒歩5分

スマホドック24 橋本店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒252-0131 神奈川県相模原市緑区西橋本5丁目1‐1 ラ・フロール橋本内
最寄駅 橋本駅より徒歩10分

スマホBuyerJapan 相模大野店

営業時間 11:00~21:00
定休日 1月1、2、3日
住所 〒252-0303 神奈川県相模原市南区相模大野3-15-15 みほビル2F
最寄駅 相模大野駅から徒歩4分

iFC 小田急相模原店

営業時間 10:00~21:00
定休日 月曜、木曜
住所 〒252-0001 神奈川県座間市相模が丘3-34-12
最寄駅 小田急相模原駅より徒歩8分

アイアップ淵野辺店

営業時間 11:00-20:00
定休日 なし
住所 〒252-0233 神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-11-8 TECビル1F
最寄駅 淵野辺駅より1分

iPhone修理の前に「相模原」の紹介

相模原駅や橋本駅を中心とするエリアです。近隣には町田や八王子といったエリアも近いため、それらのエリアと併せてiPhone修理業者が集中するエリアとなっています。修理店舗が多ければ、それだけ悪質な業者が入り込む隙間もできてしまうため、修理に適した業者であるかをしっかりと選び取らなければなりません。

相模原市の中心駅となる相模原駅にはJR横浜線が乗り入れており、八王子と横浜方面の両方へのアクセスが良好です。相模原市役所などが存在しており、市の行政における中心地として発展しているものの、隣駅である橋本駅の利用客が圧倒的に多い状況です。将来的には小田急多摩線が相模原駅まで延伸される予定です。光が丘やふれあい科学館、北里大学病院などへ向かうバス路線が出ており、相模大野方面へもバスで行くことができます。駅ビルのセレオ相模原にはライフやマツモトキヨシなど多くのテナントが入居しています。また、三菱東京UFJやみずほといった大手銀行の他、群馬銀行や八千代銀行などの各支店も多く出店しています。何よりも相模原市役所があるため、多くの市民が各種手続きのために訪れる駅です。

隣駅である橋本駅はJR横浜線の他に相鉄線と京王相模原線も乗り入れており、両路線の乗降客数を合わせると1日あたり15万人以上の利用者がいるターミナル駅です。橋本駅周辺は再開発が進められており、高層マンションの建設ラッシュが続いています。立地上から相模原市だけでなく、東京都町田市の利用者も多く、駅利用者は今後も増加傾向にあると考えられています。大型ショッピングセンターのアリオ橋本には、ZARAやGU、ロフトやZoff、TOWER RECORDなど様々なテナントが入っており、周辺住民だけでなく、各路線沿線の人々が集まる場ともなっています。それとは別にイオンやドン・キホーテといった買い物ができる施設や、MOVIX橋本といったレジャー施設もあり、非常に活気に満ちた街となっている。バス路線も充実しており、若葉台や町田といったエリアへ行く路線や、多摩美術大学や法政大学、東京家政学院といった大学へ向かう路線もあり、非常に多くの利用客がいます。

その他にもエリア内には麻布大学が近隣にある矢部駅や北里大学病院を有する小淵沢駅、桜美林大学プラネット淵野辺キャンパスや青山学院大学相模原キャンパスを有する淵野辺駅があり、それぞれに住宅街が広がりながらも学生や病院利用者など多くの利用者が集まる駅が並んでいます。特に淵野辺駅にある青山学院大学では、文系学部が全て東京の青山キャンパスに移行したことで一時的に利用者の減少が起きたが、2015年に新学部が設置されたため、今後は徐々に利用者の増加が見込まれています。

相模原市(さがみはらし)は、神奈川県北部にある2016年(平成28年)現在、人口約72万人を抱え、中央区、緑区、南区と3つの区を持つ首都圏有数の政令指定都市です。相模原市の中部から西部にかけての相模川(さがみがわ)西側の市域は緑区(かつての津久井郡)エリアで、市域の北側の東京都八王子市にある高尾山(たかおさん)から市域南部に広がる丹沢山地(たんざわさんち)に繋がった僅かな平坦面が所々に見られる山地となっており、丹沢山地の一部には厚木市市域の北西部も含まれています。また、市街地や新興住宅地の広がる相模川東側の相模原市域は、相模原台地の上に広がった平坦なエリアです。ここには南北に細長い市域を持つ大和市域の大半が含まれていますが、相模原台地の南端部にあたるエリアのため、市域全体が南側に向けてなだらかな傾斜を持っています。一方、相模川西側に市街地エリアを持つ厚木市の市域は、相模原台地よりも標高が更に低く、関東平野全体から見て南西部にあたり相模湾沿岸地域に広がる平野部の北部に広がっています。

相模原市域の東部を走るJR横浜線は、南部で東海道新幹線・新横浜駅とも接続しており、横浜市街地はもとより首都圏から西側地域から相模原市内への主要なアクセス手段となっていますが、その沿線の主要駅でもあるJR相模原駅から矢部駅にかけての北側エリア一帯には広大な広さを有し、旧日本軍が有していた相模陸軍造幣廠の施設を接収して設置された在日アメリカ陸軍の「相模総合補給廠(さがみそうごうほきゅうしょう)」があります。
この施設は、アメリカ陸軍のみならず、空軍、海軍などの物資も常時保管される軍備上の重要な施設として運用されています。

相模原市域では、相模川の東側の都市的機能が集中するエリアが大きく3つに分かれており、その一つが前述のJR横浜線のJR相模原駅南部一帯に広がる相模原市役所周辺のエリアですが、その北西に位置する隣駅のJR橋本駅周辺のエリアと、市域の南東端で東京都町田市に隣接する小田急小田原線・相模大野駅周辺エリアがあります。何れも東京都心部の新宿方面から、JR橋本駅には京王相模原線が、相模大野駅には小田急小田原線が最短約40分弱程度で直通しており、横浜市方面からのJR横浜線沿線と合わせて首都圏のベッドタウン化を加速させています。また、市域および周辺都市には各高校や大学のキャンパスも多く点在しており、学生の街としての一面を持ち合わせています。

相模エリアの各駅は住民が多く住んでおり、さらに東京都町田市の利用者も多くいます。iPhone修理に関しては居住地か、頻繁に利用する駅の近くなどでの修理がおススメですので、iPhone大学を利用して、そういった店舗を探していただければと思います。また、学生が多く住む、もしくは訪れるエリアとなっています。アイフォン修理優良店の中には学割サービスを行っている店も多くありますので、学生が修理をする際には、学割サービスを提供しているかも調べてみて、お得にiPhoneを修理できるようにすると良いですね。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る