iPhone修理 桜木町・みなとみらい・関内エリアの優良修理店舗一覧

桜木町・みなとみらい・関内のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

桜木町・みなとみらい・関内のiPhone修理店

スマホドック24 横浜関内店

営業時間 10:00~20:00
定休日 土日祝
住所 〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町3-43 横浜エクセレント関内1階
最寄駅 関内駅よりすぐ

iPhone修理ジャパン 横浜関内店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町3-33
最寄駅 関内駅北口より徒歩1分

リンゴ屋 横浜店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目5-8
最寄駅 関内駅より徒歩3分

COCO クイーンズスクエア横浜アット!店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒220?0022 神奈川県横浜市西区みなとみらい2‐3 クイーンズスクエア[アット!]1st 1階
最寄駅 みなとみらい駅から徒歩5分

iFC 関内店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒231-0044 神奈川県横浜市中区福富町東通5-2 第一平安ビル203号室
最寄駅 関内駅から徒歩5分

iふぉん太郎 横浜曙店

営業時間 9:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒231-0057 神奈川県横浜市中区曙町4-51 広瀬店舗2F
最寄駅 阪東橋駅から徒歩2分

モバイルガレージアリマス本舗伊勢佐木モール店

営業時間 11:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-66 満利屋ビル8F-C
最寄駅 関内駅から徒歩5分

あいらぼ 関内店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町3-33 関内セルテ1F
最寄駅 関内駅から徒歩1分

アイフォンプラザ 横浜本店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年末年始
住所 〒231-0063 神奈川県横浜市中区花咲町1-53‐1 AN横浜ビル8F
最寄駅 桜木町駅から徒歩3分

iPhone修理の前に「関内・桜木町・みなとみらい」のご紹介

桜木町(さくらぎちょう)と関内(かんない)は、JR横浜駅から横浜市内沿岸部を抜けて鎌倉市の大船駅まで至るJR根岸線沿線にある桜木町駅および関内駅を中心に、横浜市街地の中心部にあるエリアです。JR横浜駅から桜木町駅(関内駅)にかけての東側沿岸部にある埋立地一帯は、横浜駅東口地区(出島地区)、中央地区、新港地区と3つのエリアからなる「横浜みなとみらい21」エリアにあたり、そのうち横浜市西区に含まれるエリアでは、1丁目から6丁目まである「みなとみらい」という公の町名が割り当てられています。

桜木町駅と関内駅周辺は主にオフィス街となっています。また、みなとみらいへのアクセスの良さから、観光客も多く訪れるエリアです。また、徒歩圏内で日本大通り駅、元町・中華街駅へ行くことができるので神奈川県内からも遊びに来る人が多いエリアです。

桜木町駅の歴史としては、1872年(明治5年)に東京・新橋駅(現在のJR新橋駅のある場所ではなく、後の「汐留貨物ターミナル」となった後に廃止)との間に国内では始めての鉄道が敷設された際の「横浜駅」にあたり、日本の鉄道発祥の地とされています。また、かつては東急東横線がこの駅まで東京・渋谷駅方面から直通していましたが、横浜高速鉄道みなとみらい線(以下、「みなとみらい線」という)開業に伴い、2004年(平成16年)1月末日の運行を以って東急東横線・横浜駅と桜木町駅間の路線は廃止されました。

かつて桜木町駅は、各線横浜駅と共にみなとみらい21エリアへの玄関口となっていましたが、前述のみなとみらい線が開通し、そこに東急東横線が乗り入れて都心からのアクセスが向上したため、その需要は以前よりも減少していますが、同駅には横浜市営地下鉄ブルーライン(横浜市高速鉄道1号線・3号線)もアクセスしているため、東急田園都市線沿線や小田急江ノ島線沿線からの乗降客も休日や週末を中心に依然として多く、横浜中心街にある駅としての賑わいをみせています。

関内駅周辺エリアは、同駅東側(横浜港側)一帯に、横浜市役所本庁や横浜市中区役所をはじめ、横浜地方裁判所、横浜地方検察庁や横浜法務合同庁舎、日本銀行横浜支店などがある官庁街およびビジネス街であると共に、同駅西側に広がった、特に国道16号線と大岡川に囲まれた伊勢佐木町(いせざきちょう)、福富町(ふくとみちょう)、吉田町(よしだまち)などのエリアは商業が盛んで飲食店なども数多く、その他娯楽・遊興施設なども立ち並ぶ横浜市内有数の繁華・歓楽街エリアでもあります。

また、このエリアには関内駅の東側と西側のエリアを繋ぐようにファッション店舗や飲食店主体の「マリナード地下街」があり、終日多くの人で賑わいをみせています。この地下街にある「マリナード広場」上には、関内駅東側からの、沿道に明治時代末期から昭和初期にかけての煉瓦などを用いた近代洋風建築のビルやガス灯など、古き良き時代の面影を今に残す「馬車道(ばしゃみち)」と呼ばれる道路と、西側の歩行者専用道路にある商店街「イセザキモール」とを繋ぎ、地下を通行する首都高速神奈川1号横羽線上に架かる無橋脚で2層構造橋梁の「吉田橋(よしだはし)」があります。横浜港開港当時、ここには外国人居留地と開港場内(横浜港側)を警護して隔てるための関門(関所)が設けられていました。そのため、関所の内側にあたる開港場側(横浜港側)を「関内(かんない)」と呼んでいた(反対側は、「関外(かんがい)」)ことからも、現在の関内駅東側エリア一帯を「関内」(狭義)と呼ぶのが正解のようです。なお、関内駅南東の横浜公園内にある横浜スタジアムはプロ野球球団「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地であり、横浜港に近接していることもあって、試合中のスタンドからは時折、船舶の汽笛が聞こえることもあるようです。

みなとみらい21エリアは、構成する3つのエリアのうちの中央地区が都市再生特別措置法による特定都市再生緊急整備地域に指定されており、横浜の都心(都市機能や市域経済の集中する地域)として、兼ねてより横浜駅周辺と関内・伊勢佐木町周辺の2分化されていたエリア統合を図り、エリア全体の都市機能を充実させて昼間人口や就業人口を増やして市域経済や社会の活性化を目指すための横浜港を中心としたエリアの再開発構想とプロジェクトに基づいたエリアとなっています。みなとみらい21のエリアには、2004年(平成16年)2月より横浜高速鉄道みなとみらい線が開通して運行し、横浜駅を起点に中央地区の2駅(新高島駅、みなとみらい駅)を経由して、埋め立て人工島となっている新港地区に程近い関内エリアにある2駅(馬車道駅、日本大通り駅)から「横浜中華街」や「元町商店街」に程近い元町・中華街駅までの間を結んでおり、横浜港周辺エリアのハイライト部分を走り抜ける路線です。

みなとみらい21エリアは前述のとおり3つのエリアに分かれますが、横浜駅東口地区(出島地区)には各線横浜駅から直結するように、「そごう横浜店」や「マルイシティ横浜」などのファッションアイテムを主とした大型専門店があります。一方、中央地区は最も広い中心エリアでもあって、先端部(東端)に芝生エリアのある都市公園の「臨港パーク」が配置され、70階立て296m余りの高さを誇りオフィスをはじめホテルやショッピングモールの複合した超高層ビル「横浜ランドマークタワー」がエリアの南端でみなとみらい大通り脇にそびえ、すぐ南側(新港地区との間)には1984年に退役し、かつて横浜商船大学に在籍する学生達が航海練習に使用した帆船「日本丸」の展示ドックと横浜港を展示テーマにした「横浜みなと博物館」があります。更に、このエリアの景観を印象づける果実を切り分けたような三日月形で「横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)」と複合したビルの「横浜グランドインターコンチネンタルホテル」や、大観覧車「コスモクロック21」が設置された遊園地施設「よこはまコスモワールド」などもあります。ちなみに「ゴジラVSモスラ」において、横浜ランドマークタワーは光線で上半分が折られ、コスモクロックはゴジラにぶつける武器にされ、インターコンチネンタルホテルはゴジラの熱戦で吹き飛ばされたことがあります。さらに、この一帯は別のゴジラシリーズにおいても、ランドマークタワーが吹き飛ばされたり、横浜マリンタワーが倒壊するなど、破壊の限りを尽くされており、ゴジラファンからも有名なエリアとなっています。

新港地区はみなとみらい21エリアの最南部にあたり、ここには明治時代の終わりから大正時代の始め頃に「赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)」が近代的な港湾の整備・構築のために建設されたという経緯があり、新港地区が第二次世界大戦以降に連合国軍によって永らく接収されていたために横浜の新興が遅れていた要因にも繋がっています。赤レンガ倉庫は、接収解除後の当面は有効に機能していましたが、貨物のコンテナ化などの波に押されて活用も急速的に衰退した結果、倉庫としての役目を終えて以降の放置状態にあったものが、TVドラマ等のロケ地として活用されるなどで注目されはじめました。現在では、横浜市が所有者の国から赤レンガ倉庫を取得して修復し、かつて同エリアに存在し関東大震災での倒壊以降に埋められていたままだった「横浜税関事務所」や「横浜港(よこはまみなと)駅」のプラットホームなども発掘・再構(復元)して赤レンガ倉庫を中心としたエリア一帯が「横浜赤レンガパーク」として新たな観光スポットになっており、連日多くの人々で賑わいをみせています。

桜木町・関内・みなとみらいエリアは横浜エリアと同様に多くの企業があるため、業務用iPhone・iPadの修理が多いことが予想されます。アイパッド修理は対応可能な店舗が少ない事、対応できても即日修理ができない事があるため、依頼前に電話で確認をした方が良いでしょう。観光で来ている中でアイフォンを水没させたり、落下によって使えなくなってしまったりすることもあります。そんな時にも、即時修理が可能であるか、何分くらいで修理してもらえるのかといった点を確認すると良いでしょう。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る