iPhone修理 武蔵小杉・日吉・綱島エリアの優良修理店舗一覧

武蔵小杉・日吉・綱島のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

武蔵小杉・日吉・綱島のiPhone修理店舗一覧

Quick 日吉店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒213-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-22-10 日吉駅前ビル5F
最寄駅 日吉駅より徒歩1分

PERFECT 綱島店

営業時間 10:00~18:00
定休日 不定休
住所 〒223-0035 神奈川県横浜市港北区綱島西1-10-19
最寄駅 綱島駅より徒歩3分

Re:Smart東横綱島店

営業時間 11:00~20:00
定休日 定休日無し
住所 〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西1-1-6 TDCビル 2F
最寄駅 綱島駅よりすぐ

YUUGA綱島店

営業時間 平日10:00~19:00/土曜10:00~17:00
定休日 日曜日・祝祭日・年末年始
住所 〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西2-12-2 はんこ屋さん21内
最寄駅 綱島駅より徒歩3分

ミスターミニット 日吉東急avenue

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉2-1-1 日吉東急avenue B1
最寄駅 日吉駅

Quick 武蔵小杉店

営業時間 10:00~22:00
定休日 日曜日
住所 〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東1-833
最寄駅 武蔵小杉駅より徒歩5分 新丸子駅東口より徒歩90秒

PERFECT 武蔵小杉店

営業時間 10:00~20:00
定休日 日曜日
住所 〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東2-926 ミドリハイツ1F
最寄駅 武蔵小杉駅より徒歩3分

YUUGA武蔵小杉店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東2-926-1F
最寄駅 武蔵小杉駅より徒歩3分

ミスターミニット グランツリー武蔵小杉店

営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135 グランツリー武蔵小杉 2F
最寄駅 武蔵小杉駅

Re:Smart武蔵新城駅前店

営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒211-0045 神奈川県川崎市中原区上新城2-8-10
最寄駅 武蔵新城駅より徒歩1分

Re:Smart武蔵小杉駅前店

営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-441
最寄駅 武蔵小杉駅南口より徒歩2分

PERFECT 武蔵新城店

営業時間 17:30~24:30
定休日 日曜
住所 〒211-0045 神奈川県川崎市中原区上新城2-6-14
最寄駅 武蔵新城駅から徒歩2分

Re:Smartカウンター元住吉駅前店

営業時間 10:00~18:30
定休日 不定休
住所 〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月2-4-5 クリフト1F
最寄駅 元住吉駅から徒歩1分

あいぶーん 元住吉店

営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜、第2・4土曜
住所 〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-6-18元住コアビル1F
最寄駅 元住吉駅より徒歩4分

i ホスピタル

営業時間 11:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒211-0016 神奈川県川崎市中原区市ノ坪66-5 ライオンズマンション武蔵小杉第2-213号室
最寄駅 武蔵小杉駅から徒歩5分

R-LABO

営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、不定休
住所 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-441-1 大久保ビル4F(まぁじゃんヒャクジャン内)
最寄駅 武蔵小杉駅から徒歩5分

iふぉん太郎 武蔵新城店

営業時間 18:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒213-0021 神奈川県川崎市高津区千年新町15-1
最寄駅 武蔵新城駅から徒歩6分

iPhone修理の前に「武蔵小杉・日吉・綱島」のご紹介

東京・渋谷から横浜市内に延びる東急(東京急行電鉄)東横線(とうよこせん)・目黒線(めぐろせん)沿線にある「武蔵小杉(むさしこすぎ)」を中心としたエリアです。また「日吉(ひよし)」、「綱島(つなしま)」は、北を多摩川、南を鶴見川に挟まれた各駅(武蔵小杉駅、日吉駅、綱島駅など)を中心として発展しているエリアです。武蔵小杉駅と日吉駅の間には元住吉駅もあります。

武蔵小杉駅には、渋谷・目黒方面からの東急東横線・目黒線の他、JR川崎駅方面から東京都立川市方面に向かう南武線(なんぶせん)、東京・品川駅方面からの横須賀線(総武線快速)、埼玉県・大宮駅から新宿、渋谷を経由して湘南(平塚、小田原など)方面に向かう湘南・新宿ラインなどが乗り入れ、鎌倉市の大船駅から東京駅を経由して成田空港までをアクセスするJR線の空港特急列車「成田エクスプレス」号や、埼玉県・大宮駅から前述の「湘南・新宿ライン」を経由して横浜駅に至り、静岡県の伊豆急下田駅方面に向かう特急列車「スーパービュー踊り子」号の停車駅にもなっています。そのため非常に多くの利用者数を誇り、都内主要駅に迫るほどです。近隣に居住者が多く朝の通勤ラッシュ時に台風などで電車の遅延や不通が発生すると駅に人があふれ、Twitter上で画像がよく上がっています。

武蔵小杉駅前周辺の南武線沿線より南側(東急東横線・目黒線沿線の東西)には、飲食店や各種商店をはじめ、複合型商業施設やスーパーマーケット、大学病院、高層マンションなどが立ち並ぶ一方、川崎市中原区役所や神奈川県警中原警察署も置かれています。駅の南西部(東急東横線沿線の西側)には、法政大学の保健体育部門に関する施設(野球部、アメリカンフットボール部、陸上部、相撲部など)である「法政大学武蔵小杉グラウンド」や「法政大学第二中学校・高等学校」などがあり、駅の南口を出て府中街道を渡って南側に続く約250mの商店街は、前記の中学校・高校の通学路となっていることから「法政通り商店街」と名付けられ、学生や地元の人々に親しまれています。一方、横須賀線(東海道新幹線)沿線の武蔵小杉駅ホーム東側(横須賀線口)には、日本電気株式会社(NEC)関連の工場施設が南武線沿線の向河原駅(むかいがわらえき)との間に広がっており、同じ武蔵小杉駅でありながらも各沿線の特色が混在したエリアになっています。

また、駅から北西には、かつて東京横浜電鉄(現在の「東京急行電鉄」)から土地の無償提供を受けて開設されたとされる「日本医科大学新丸子キャンパス」および「日本医科大学武蔵小杉病院」があり、更に北西の多摩川沿岸には「等々力緑地(とどろきりょくち)」があり、アスレチック施設や噴水のある釣り池、各種スポーツ競技の国際大会をはじめコンサートなど多目的に使用される「川崎市とどろきアリーナ」、「等々力野球場」の他、博物館施設の「川崎市市民ミュージアム」がある都市型総合公園となっています。また、ここにある「等々力陸上競技場」は、サッカーJリーグクラブ「富士通川崎フットボールクラブ」(呼称「川崎フロンターレ」)が本拠地として使用しており、武蔵小杉駅の他、隣駅となる東急東横線・目黒線の新丸子駅やJR南武線の武蔵中原駅をも合わせて試合のある日には熱心なサポーターたちで賑わいます。

2016年に公開された「シン・ゴジラ」では、大型化したゴジラが陸上自衛隊の攻撃を受けた場所でもあり、ファンがロケ地巡りをするなど、観光としての効果もあがっているようです。タワーマンションが増えている地域ですが、都心へのアクセスも良好なため、今後も住民の増加が予想されます。

武蔵小杉駅から東急東横線・目黒線で下り方面に2駅進むと、日吉駅があります。日吉駅は、鉄道路線が一旦地下に潜るようにして設置されており、東急百貨店が経営する専門店ビル「日吉東急avenue」が駅の真上にあって、東急線各線列車では通勤特急、急行、普通列車が停車する駅です。また、横浜市緑区にある中山駅を起点に、近年、横浜市都築区を中心にして開発された「港北ニュータウン」を経由して至る横浜市営地下鉄グリーンラインの駅もあります。改札前のオブジェである「虚球自像」は通称「ぎんたま」と呼ばれており、待ち合わせ場所として親しまれています。

日吉は、現在の東京急行電鉄株式会社(以下、「東急」という)発祥の地とされており、その周辺エリアの造成・開発に着手したのも同社です。日吉駅の駅前東側一帯には、慶応義塾の創立75周年事業として1934年(昭和9年)に東京横浜電鉄(株)(現在は、「東急」の「東急東横線」)の誘致による土地の無償提供を受けて開設され現在に至る広大な敷地を持った「慶應義塾大学(慶応義塾高等学校を含む)日吉キャンパス」や「矢上キャンパス(理工学部)」があり、駅前南東には、「慶応義塾普通部」(中学校に相当)もあります。

一方、駅の西側は、田園都市株式会社(現「東急」)が「日吉台田園分譲地」として畑だった土地を造成・開発し、放射状に広がる駅前区画の整備を施した上で住宅地として売り出した住宅地域となっています。このエリアは造成された当初、住宅地としての人気は不振だったそうですが、慶應義塾大学が誘致された後の人気は驚くほど急騰したそうです。また、この住宅地域の中にも慶応義塾体育会関連のグラウンド(野球部、サッカー部、ホッケー部、アメリカンフットボール部など)や学生寮および合宿所があり、慶応義塾に通う学生(塾生)の多数が行き交う、いわば「慶応義塾(塾生)の街」です。

日吉駅から更に下り方面へ1駅進むと綱島駅があります。かつて大正時代には「綱島温泉」駅として開業された綱島駅周辺は、前述の武蔵小杉駅や日吉駅周辺とは異なって、著名な大学関連のキャンパスや施設等はなく、エリアの3方向(東側、南側、西側)がそれぞれ鶴見川と早渕川に囲まれ、かつては温泉歓楽街として賑わいをみせた街で、現在でもその名残を漂わせる店舗の類などが少なからずあり、その他は主に商業などが盛んな地域です。また、将来的には相鉄線と東急の直通線が予定されています。綱島周辺は住宅街が広がっており、綱島さわやか通り商店会や綱島東口商店会、綱島モール商店会など、昔ながらの商店街も残っています。

綱島は、かつては全国的にも知られた桃「日月桃(じつげつとう)」の産地でした。しかし、1970年頃に栽培農家の所有していた最後の一本の木が枯れてしまったことによって長らく「幻の桃」となっていました。そこで現在では、かつての栽培農家の孫にあたる方が、2000年頃に茨城県にある果樹試験場に保管されていた僅か2本の木から分けてもらった枝を接ぎ木(つぎき)して育て続け、その方が亡くなった後はご子息や協力者の手によって大切に継承されているようですが、依然として全国的には貴重な「幻の桃」であることに変わりはないようです。

基本的には近隣住民の方が修理店を探すエリアとなりますが、武蔵小杉駅周辺には様々な企業のオフィスや工場もあるため、業務利用しているiPhoneやiPadの修理が必要となる可能性もあります。特にiPad修理は、対応していなかったり、対応していても数日の預かりが必要だったりするケースがあるので注意が必要です。近隣の川崎にも多くの修理店舗はありますが、ガラス割れやバッテリー交換、水没修理といった日常的な生活の中で起きやすい修理については、万が一の初期不良に備えて近場での修理をお勧めいたします。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る