iPhone修理 那覇エリアの優良修理店舗一覧

那覇市のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

那覇市のiPhone修理店

スマホ修理王 沖縄那覇県庁前店

営業時間 10:00~20:00
定休日 なし
住所 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ1F
最寄駅 ゆいレール県庁前駅徒歩1分

iFC 沖縄那覇店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-15-18
最寄駅 美栄橋駅より徒歩3分

iPhoneお直し本舗 沖縄国際通り店

営業時間 10:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-9-5
最寄駅 牧志駅より徒歩4分

スマホ119 那覇安謝店

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒900-0003 沖縄県那覇市安謝664-32イオンタウン安謝店
最寄駅 イオンタウン安謝店

スマイルファクトリー 沖縄那覇新都心店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4-2-8
最寄駅 那覇メインプレイス前TSUTAYA駐車場角

スマホ119 那覇首里店

営業時間 10:00~22:00
定休日 年中無休
住所 〒903-0805 沖縄県那覇市首里鳥堀町2-1-1
最寄駅 鳥堀バス停

ECCO / Smapho Dr. 沖縄那覇店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-12-9うきしまビル1F
最寄駅 モノレール県庁前駅より12分

モバッテル首里店

営業時間 10:00~17:00
定休日 日・月・祝日
住所 〒903-0806 沖縄県那覇市首里汀良町3丁目80番地2 まつよしホーム1階 102号
最寄駅 首里駅より徒歩6分

アイフォンドクター 那覇新都心店

営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4-2-8
最寄駅 おもろまち駅より徒歩3分

iPhone修理の前に「那覇市」のご紹介

沖縄県の那覇市は、沖縄本島南部にあって東シナ海に面しており、県下の中核を担う県庁所在地です。沖縄県が日本列島の本土から相当の距離があり、大小様々な島で構成されることから、那覇市にある「那覇空港」が、他の都府県や海外の都市からの空路での玄関口となっており、「那覇港」が海からの玄関口となっています。この点、那覇空港は、官民併用の国際空港で、航空自衛隊の担当官ではなく国土交通省の航空管制官が管制業務を行っています。尚、当該管制業務は、民間航空機に対してのみならず、対領空侵犯措置任務を遂行する航空自衛隊戦闘機に対しても国内で唯一行われている空港です。

沖縄県の行政や経済の中心地であり、県内だけでなく非常に多くの観光客も訪れる地域です。人口密度も非常に高く、首都圏・近畿圏を除けば全国最高となります。人が非常に多く訪れるエリアであるため、iPhone修理店も集中する傾向にあります。

市内には那覇空港や那覇港があることから、県内・県外を含めた沖縄県の玄関口としての役割を担っています。オフィス街として超高層ビルも建ち始めており、周辺自治体のベッドタウン化が進んでいるようです。

観光業がメインの産業となっており、農業や漁業といった産業は沖縄県の別の市や村にて盛んにおこなわれています。那覇市の県庁北口交差点を起点とする国際通りは沖縄県でも最大の繁華街となっており、昼夜問わず人が多く訪れます。また、毎年10月には首里城祭が執り行われ、催し物のひとつである「琉球王朝絵巻行列」が国際通りにて行われます。

沖縄都市モノレールや路線バスでも国際通りを停車場とする駅が多く、住民や観光客が訪れやすい地域となっています。そのためiPhone修理店も集中しているようです。しかし、修理業者が集中するエリアには、悪質な業者が紛れ込みやすくなってしまいます。

悪質業者の特徴としては、ガラス割れと液晶不良の金額が極端に異なる。保証期間が非常に短い、もしくは全くない。この2点です。修理に用いているパーツの質が粗悪なので、ガラス割れの修理を行った後に、色合いがかなり異なっている場合もあります。そういった業者に引っかからないようにコチラの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

那覇市内には大型の商業施設が複数あります。代表的なものでは、パレットくもじ、天久りうぼう楽市、ジュンク堂書店が入るD-naha、サンエー那覇メインプレス、沖縄三越、イオン那覇店といった店舗があります。また、特定免税店制度の基づく免税店であるDFSギャラリア・沖縄は日本国内にいながら免税で様々な物品を購入できるため、非常に多くの買い物客が訪れます。

牧志公設市場は昔ながらの市場として栄えており、1階で購入した食材を2階の食堂で調理してもらうことができるという特別な市場であり、多くの観光客も訪れる市場です。

医療の中心地として沖縄県立南部医療センター・こども医療センターがあります。そのほかに、那覇市立病院や沖縄赤十字病院をはじめ多くの医療機関が集まっており、那覇市における人口密集度合いが分かります。

市内にある新都心公園は防災公園としての役割を持つ広大な敷地を持つ公園です。園内には走る人に配慮された素材で舗装されたジョギングコースやテニスコート、バスケとボールコートなどがあります。また、おもろ天空橋とおもろ花風橋の2本の橋によって、おもろまち駅と黄金森公園と結ばれており、非常にアクセスが良い環境が整っています。近隣には沖縄県立博物館・美術館もあり、休日には非常に多くの人でにぎわいます。

那覇市内には沖縄大学や沖縄県立看護大学、沖縄県立芸術大学、沖縄女子短期大学があり、学生も多く集まります。

iPhone修理店の中には学割サービスを行っている店舗があります。これは社会人と比べて金銭的に厳しい学生へ向けたサービスですが、学割を行っているお店は優良店であることが多いです。理由は不明ですが、修理店選びの一つの目安になります。

那覇には首里城や守礼門、識名園、先述の国際通りなど観光客が訪れる場所が多くあります。また、気候上、海に行く観光客も多くいます。iPhoneは水没修理を早急に行えば復旧することが多くありますが、海に落ちた場合は復活する割合が極端に低くなるので注意が必要です。

那覇ハーリーや沖縄の産業まつり、那覇祭りと地元や観光客が楽しめるお祭りも催されています。しかし、せっかくのお祭りや観光も、持っているiPhoneが壊れてしまっては楽しみが半減してしまいます。早急に、かつ的確に直してくれるような業者が必ずあるので、後悔しない修理店選びをしましょう。

また、かつての琉球王朝での政(まつりごと)の中心であり、那覇港を見下ろす丘陵地にあった城跡で、2000年12月、ユネスコ世界遺産に登録された「首里城(しゅりじょう、スイグスク)」も那覇市内の観光名所です。
但し、第二次世界大戦終戦間際の大戦闘(沖縄戦)や、その後の琉球大学建設の際に元来の首里城は完全に破壊されており、僅かに残った城壁や建物の一部をもとに琉球大学の移転に伴って正殿などが復元されたものの、世界遺産に登録されているのは飽くまで「首里城跡(しゅりじょうあと)」となっています。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る