iPhone修理 堺・岸和田・住之江エリアの優良修理店舗一覧

堺・岸和田・住之江のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

堺・岸和田・住之江のiPhone修理店

スマホスピタル堺東

営業時間 11:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒590-0023 大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町1丁1-12 堺東KOTOビル3F
最寄駅 堺東駅より徒歩3分

日本スマートフォン端末救命士 堺・高石店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒592-0012 大阪府高石市西取石6丁目6-71 1階
最寄駅 高石駅より車で7分

岸和田コミュニケーションズ

営業時間 10:00~20:00
定休日 なし
住所 〒596-0014 大阪府岸和田市港緑町3番1号 岸和田カンカンベイサイドモールWEST1F
最寄駅 岸和田駅より車で6分

iFC 貝塚店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒596-0006 大阪府貝塚市堀1-33-7
最寄駅 貝塚駅より徒歩10分

iPhoneDoctor 南大阪店

営業時間 10:00~19:00
定休日 火・土・日
住所 〒594-0031 大阪府和泉市伏屋町5-14-8 泉北第三ビル201号
最寄駅 光明池駅より徒歩3分

キャッスル 南海堺

営業時間 11:00~20:30 日曜11:00~19:30
定休日 なし
住所 〒590-0971 大阪府堺市堺区栄橋町1丁1-16
最寄駅 堺駅より徒歩3分

あいさぽ 堺なかもず店

営業時間 10:00~19:00 日曜11:00~19:30
定休日 不定期
住所 〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町2-303-2
最寄駅 中百下鳥駅より徒歩2分、なかもず駅より徒歩2分

スマートリペア 堺中百舌鳥店

営業時間 平日17:00~20:00、土日祝11:00~20:00
定休日 水曜日
住所 〒591-8023 大阪府堺市北区中百舌鳥町3-358-10 ライフステージ村田201
最寄駅 中百下鳥駅より徒歩2分

りんごの携帯屋さん

営業時間 11:00~19:00
定休日 日曜日
住所 〒596-0014 大阪府岸和田市上町9-4 泉州不動産会館1F
最寄駅 南海岸和田駅より徒歩3分

Rish 堺深井店

営業時間 10;00~翌3:00
定休日 年中無休
住所 〒599-8236 大阪府堺市中区深井沢町3277プログレスビル2B
最寄駅 泉北高速鉄道深井駅徒歩2分

iPhone修理の前に「堺・岸和田・住之江」のご紹介

大阪市住之江区は、大阪市の南西端にある大阪湾沿岸の埋立地を中心としたエリアです。この区の最西端にある埋立てされた人工島は一般に「咲洲(さきしま)」と呼ばれています。ここには、オフィス、ショールームやアウトレットモールなどの総合複合施設の「ATC(アジア太平洋トレードセンター)」や、「インテックス大阪」の愛称で知られ、多様な催しが開催される国際展示場の「大阪国際見本市会場」などがあります。

また、かつては「WTC(ワールドトレードセンター)コスモタワー」と呼ばれており、運営会社の債務超過による破綻と旧・大阪府庁庁舎(以下、「旧府庁」という)の建て替え経費試算等の問題から紆余曲折の末に大阪府が所有権取得して改称された「大阪府咲洲庁舎」がありますが、耐震性や防災拠点等の問題から現状では旧府庁からの完全移転には至っておらず、旧府庁との併用がされています。

区内の主な交通は、大阪市営地下鉄四つ橋線が北区の西梅田(にしうめだ)駅から「住之江公園(すみのえこうえん)」駅を終点として伸びており、ここから区内湾岸エリアを新交通システムの大阪市交通局南港ポートタウン線(愛称、「ニュートラム」)が「フェリーターミナル」駅などを経由して咲洲北端のコスモスクエア駅まで伸びています。更に、大阪市営地下鉄中央線が港区の大阪港駅からコスモスクエア駅まで延伸されており、大阪市内の中心部市街地からのアクセスも良いエリアとなっています。また、フェリーターミナル駅最寄の「南港フェリーターミナル」は、四国や九州方面に向かうフェリー航路の拠点となっています。

堺市は、大阪府下にあって大阪市に次ぐ政令指定都市で、2006年4月に、市内を7つに分けた区制を施行しました。また、佐賀県、徳島県、福井県、山梨県などを総人口では上回っており、観光などの点では京都、奈良、神戸よりも知名度は低いものの、大阪湾岸にある工業地帯の中核を担う関西でも有数の第二次産業(加工、生産など)を中心とした大都市です。

この点、湾岸にある地理も手伝って交易も盛んであったため、かつて戦国時代頃には、多くの金銀鉱石の集まる状況から「東洋のベニス」とも称されており、鉄砲生産に携わる鍛冶(かじ)職人が多かったなどの名残りもあってか、現在でも高い技術を誇る伝統産業として業務用包丁などの高品質な刃物生産が有名です。

一方、市内中央部には、俗に「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)」として知名度の高い、「大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)」を含む「百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)」があり、市内には古(いにしえ)の時代からの歴史的構造物、建造物なども数多くあります。

その他、市内沿岸部の南端にある浜寺公園(はまでらこうえん)エリアは、かつては浜寺海水浴場があって、この地で開校されてから約100年の歴史を誇り、多様な泳法を修練するための「浜寺水練学校(はまでらすいれんがっこう)」がありますが、ここが日本でのシンクロナイズドスイミング発祥の地とされています。

岸和田市は、大阪府南部の泉南地域にある中心都市で、市内沿岸部の北端に国指定の名勝「岸和田城(きしわだじょう)」があります。この点、岸和田市は、全体としては南北に細長く伸びた市域で、南端には金剛・和泉葛城山系(こんごう・かつらぎさんけい)を構成する山のひとつで和歌山県境にある「和泉葛城山(いずみかつらぎさん)」があります。また、岸和田漁港があり、イワシやタコなどの水揚げでも大阪周辺では有名ですが、水なすやタマネギなどの農産物でも有名な産地です。

尚、岸和田市を語る上で欠かせないのが「岸和田だんじり祭」です。この祭りは、岸和田城下の周辺エリアで毎年9月に行われる勇壮な、昨今では約60万人ともいわれる観光客で賑わう国内でも屈指の祭です。

岸和田市民や出身者は、「だんじり祭のために生きている」といわれるほど情熱のある祭り好きで知られ、町内を強引に曳き回すだんじりによる事故や被害を対象にした火災保険商品もあるほどで、中には「だんじりのためなら死ねる。」とまで豪語する人もいるそうです。もっとも、毎年9月に開催されることからも、他地域の秋祭りと同様に五穀豊穣の祈願が起源とされています。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る