iPhoneの脱獄とは?メリットとデメリットを比較しよう!

iPhone脱獄 メリット/デメリット、合法?違法?

みなさんこんにちは、ライターのソラです。脱獄って聞くと何か怖いですよね。ウィキペディアによると「脱獄(だつごく)は、収監されている刑事施設から無断で脱出する行為である。牢破りとも呼ばれる。」という意味になりますが、iPhoneの脱獄」は意味が全然違います。

iPhoneの脱獄(JailBreak)とは

「iPhoneのプログラムを改造することより、AppStoreにはないアプリや機能を使えるようにすること」です。iPhoneで使えるアプリは基本的にAppStoreからダウンロードしますが、脱獄をすることにより制限を外し、AppStore以外のアプリもダウンロードができるようになります。つまり非公式アプリに関してもダウンロードする事が可能になります。
他にも様々なカスタマイズが可能で、デザインを変更したり、拡張機能を付けたりすることができます。

 

☆脱獄をするメリットは?

前述でも述べましたが、AppStore以外の非公認のアプリをインストール出来るので、アプリを選べる幅が格段に広がります。また、アプリにパスコードを付けたり、ホーム画面やロック画面のアイコンを自由にカスタマイズすることができます。つまり、「iPhoneが好きだけどもっと機能を増やしたい!もっとセキュリティを強化したい」といった方には脱獄は魅力的だといえます。

<脱獄で出来ること>

・アイコンのデザインや大きさの変更等、デザインの変更

・アプリ毎にパスコードロックをつけてセキュリティ強化
・広告やポップアップをブロックする
・カメラのシャッター音を無音に設定する
・スクロールの速度をスピードアップさせる
etc…


等、まだまだ他にもありますが一言でいうと、「デザインのカスタマイズ」「機能の向上」「セキュリティ強化」がメインです。また、脱獄を利用してSIMロックを解除する事も可能です。

★脱獄をするデメリットは?

プログラムを改造することになるので、Appleや、キャリアの保証対象外になります。つまりAppleCare+に加入していたとしても、脱獄する事により保証対象外とされてしまいます。月々払っているのに勿体ないですね。また非正規のiPhone修理屋さんにも断られる可能性があります。脱獄する事によってどんな不具合が起こるか予想できない、というのが理由みたいです。
また、AppStore以外からもアプリをダウンロードできるようになるので、ウイルスに感染する可能性が高くなります。
iPhoneにウイルス感染の疑いがある場合の対処法

また特定のアプリが起動しなくなる可能性もあり、互換性などの問題でクラッシュするようになることもあります。また、iPhone自体が起動しなくなる可能性やセーフモードから復旧することができなくなる事もあるようです。万が一このような不具合が発生し、何か不明点があってもAppleのサポートを受けることはできません。インターネットを利用する等して独自に調べていくしか方法はありません。

<脱獄により起こりうるデメリット>

・特定のアプリが起動しなくなる。

・iPhone自体が起動しなくなる、またセーフモードから復旧できなくなる可能性も。
・AppleCare+やキャリアの保証が使えなくなる。
・Appleサポートを受けることが出来ないので、自力で調べて対応するしかない。

 

脱獄は合法?違法?

アメリカでは、iPhoneの脱獄は合法であると認められているとの事ですが、iPadの脱獄は違法になったという話もあるので、非常に微妙なところです。極めてグレーゾーンですね。日本でも、脱獄行為自体に違法性はないとされているのですが、非公式アプリの中には日本の法律に抵触するアプリも存在するので、使い方によっては違法になる可能性もあります。
ちなみにAppleの規約違反は間違いないので、保証が受けられなくなるのは間違いないですね。

まとめ

メリット・デメリットを比較した際、ある程度の知識がない場合、デメリットの方が多く感じてしまいますが、使い方によって、便利な機能を持たせることもできるため、メリットの方が大きく感じる場合もあると思います。必ずしもどちらかが良いと決めることはできませんが、どうしても手に入れたいアプリがある場合などの特別な理由が無い限り、脱獄は行わない方が安心をしてiPhoneをご利用いただけるのではないかと思います。
また「iPhoneの脱獄」は法的にはグレーゾーンで、今後完全ブラックになる可能性も充分考えられますのでご注意下さい。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る