会いたくても震えない…iPhoneのバイブレーターが壊れたときの原因と対処法

サイレントスイッチが赤いのにバイブが反応しない・・・「壊れた」と判断する前に要CHECK!

みなさんこんにちは、ライターのソラです。着信音が鳴って欲しくないときに活躍する機能、バイブレーター。もしくは着信音だけでは起きれないお寝坊さんには必須アイテムですね。

そんなバイブレーターですが、iPhoneの中でも1,2を争う壊れにくいパーツらしく、あまり壊れたという報告を聞きません。「じゃあええやん!」と思うかもしれませんが、壊れるとけっこう困ります。例えばマナーモードにした時、バイブレーターが動かなければ着信があっても全く気づきません。アプリの最中も振動対応するものは一切楽しめません。

今回はこのバイブレーターが起動しない原因と対処方法を説明します。

バイブレーターが起動しない原因1 ~設定~

iPhoneではサイレントスイッチ以外にシステム上の設定でバイブレーターのオン・オフを切り替えることができます。何かの拍子に設定がオフに切り替わっている可能性があるので、まずはiPhone横のサイレントスイッチを確認しましょう。あっサイレントスイッチというのは、マナーモードに設定する時に利用する下図の事です。

スイッチがサイレントモードに入っていなければ設定の確認を行います。
「設定」→「サウンド」→「着信スイッチ選択時」→「サイレントスイッチ選択時」の両方がオフになっていればオンにします。
※「サイレントスイッチ選択時」はオンにしなくても問題ありませんが、スイッチ切り替え時にバイブレーターが反応するようになります。これで起動しなければ次は起動しない原因の2を確認しましょう!

バイブレーターが起動しない原因2 ~おやすみモード~

安眠を守ってくれる「おやすみモード」ですが、うっかり設定してしまうと着信や通知をカットしてしまいます。バイブレーターももちろんカットされるので、設定がされていないか確認しましょう。
ホーム画面右上に月のマークが点灯していたら「おやすみモード」が起動しているサインです。

「設定」→「おやすみモード」→「今すぐオン/オフ」の順にタップして切り替えられます。


また、コントロールセンターから設定を切り替えることができます。月のマークをタップするだけでOKです。


これでも起動しなければ次の原因を疑いましょう。

バイブレーターが起動しない原因3 ~システム不具合~

iPhoneで何か不具合が起きた場合に真っ先に疑われるのがシステムの不具合による誤作動です。詳細な原因は不明なことが多いのですが、アプリ同士の干渉でシステムに不具合が生じることがまれにあります。この場合の対処方法については、まず再起動があります。何かトラブルがあったら再起動してみるという感覚を持つのも良いでしょう。やり方は普通に電源を切り、電源を入れ直すだけでOK。非常にシンプルです。
これで直らないようであれば、不具合が起きる直前に入れたアプリを消去してみましょう。アプリ同士の干渉であれば解決が望めます。
これでも解決しなければ次の原因が考えられます。

バイブレーターが起動しない4 ~バイブレーターの故障~

iPhoneに物理的なダメージがあった場合にバイブレーターが故障することが大いにあります。かなり小さいパーツなので大きい衝撃で故障したり止めてあるネジが外れてしまったりということがあります。こうなると素人では直すことができないためパーツ交換を行う必要があります。
恐らくパーツ交換に関してはアップルでは対応してくれない可能性が高いので、街のiPhone修理屋さんに修理を依頼してみましょう!

まとめ

バイブレーターは故障しても大きな問題はないものの、静かな場所での着信や通知に気づけなくなるといった不便さが出てきます。
①システム上の設定でオフになっていないかの確認
②おやすみモードになっていないかの確認
③iPhoneを再起動
④何かアプリを入れた直後に起動しなくなったら、そのアプリを一度削除してからバイブレーターが動くか確認
⑤iPhone修理屋さんでパーツ交換
無くても大きな支障は無いけれど、故障していたらなんだかんだで困るバイブレーター機能。もしも動かなくなったら、会いたくても震えないのは寂しいので、紹介した手順を踏んで起動するか確かめてみましょう。

バイブレーターが使えなくても致命的な損傷ではないと思いますが、振動を使ったゲーム等もあったり、何よりもサイレントモード時の着信が分からないのは困りますよね。Appleやキャリアでの修理は基本的に本体丸ごと交換になりがちですが、非正規修理店の中には、アイフォンの中にあるデータを損なうことなく、バイブレーターのみを交換・修理してくれるお店もあります。どうしても倍部機能を復活させたい場合には、そういった非正規修理店を利用するのも、一つの手段ですね。
お近くのiPhone修理店はこちらのページからお探しください。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る