不器用な僕がバッテリー交換にチャレンジしてみた【iPhone5編】

届いたバッテリー交換用キット

 

最近iPhone修理店がやたらと多いので、逆に不安・・・

最近iPhone修理店舗が増えてきました。便利な世の中になったなー、なんて思う今日この頃ですが、私の調べたところiPhoneの修理に関してはフランチャイズのお店が多く、フランチャイズ店舗は本業が別にあり、副収入のために片手間でやっているお店も多いとの事です。
本業はIT業、不動産業、建築業等様々で、修理業者の中には“普段は整体で人を治療しているが、儲けを増やしたいからiPhoneの治療も始めた“なんて強者もいるという。

こんな話を聞くと「修理業者によって“腕”が違うのではないか?」と疑問が出てきました。もちろん実績が多い修理業者に頼めば間違いないでしょうが、ホームページ上で書いている内容には信ぴょう性が無い。つまり優良店かどうかはホームページ上では分からないのです。そして、iPhoneは精密機械なので、“修理するお店を間違えるとドえらい事になる可能性があります。”

iPhone5のバッテリーの電池がすぐなくなる

私のiPhone5、実はものすごく不調で、なんとバッテリーが3時間しか持ちません。1ヶ月前に修理業者にバッテリー交換をしてもらったばかりだが、もうアウトです。Appleで直す事も考えましたが、AppleCareなんてとっくに切れてるし、仕事でiPhoneを使う事を考えて”即日希望”のため、Appleでの修理は諦める事にしました。
うーん、どうしようかと色々考えたり調べたりしている内に「自分で修理すること」に興味が出てきました。
なぜ、こんな事を思ったのかというと、修理手順を細かく書いてある「分解工房」というホームページを発見したからです。しかも私は以前、修理業者にバッテリー交換を依頼した際、バッテリー交換の修理を一部始終見ており、大体覚えています。だって直したの1ヶ月前だもの。

とにかく、Amazonで商品検索

「自分で修理する」という事は、当然自分でバッテリー工具を準備しなければなりません。ここはやっぱりインターネットを駆使するしかないでしょう。というわけで、Amazonで早速検索。もちろん検索ワードは「iPhone5 バッテリー」

すると・・・いっぱいヒットしました。
修理工具とセットで1,980
の商品を発見!!

以前修理を依頼した業者では修理金額6,980円だったと思うので、比較するとめちゃくちゃ安い!5000円もお得!最初から自分でやってれば良かった。
という訳で、”即買い”です。


~2日後~


商品が来ない!

「プライムなのに遅いなぁ」なんて少しイライラしていましたが、ポストに投函されてました。てへへ(^_-)-☆
早速中身を確認します。

 

 

おお~。バッテリー工具もコンパクトに納まっています。


では、早速修理に入りたいと思います。

 

iPhoneの液晶部分を外す

まずは電源を切ります。電源を付けたまま開くとショートする可能性がありますからね。



iPhoneの充電を刺すところの両隣に付いている星型のネジを専用ドライバーで外します。(赤印の2か所)



次は、吸盤を使って液晶パネルを上げます。
ここで注意!
液晶パネルの上側はケーブルが繋がっているので、そちらは絶対に上げないようにしてください!つまり吸盤はなるべくホームボタン側に付けて、反対側(上側)は一緒に外れてしまわないように指で押さえながら開けましょう!

また、あくまでも吸盤で上げるのは少しだけです。少し開いてきたらヘラを使って「テコの原理」で少しずつ開けます。左右のツメを取るイメージですね。


ぱっかーん!



次は液晶パネルを止めているケーブルカバーを外します。これは付属品のプラスドライバーで開ける事が出来ます。3つネジがあるので、反時計回りに回転させてネジを外しましょう。




カバーが外れるとケーブルがあります。この液晶パネルと本体を繋ぐケーブルをプラスティックのヘラで外します。この過程は慎重にやりましょう。

ここで注意!
ケーブルは3本ありますが、一番外側から外していきます。下の写真の様に一つずつ丁寧に外します。




再度ぱっかーん!





今までの工程で液晶パネルが外れました。意外と簡単ですね。

現在付いているバッテリーを取り外す

次は肝心のバッテリーを取り外す作業に取り掛かります。バッテリー部分という事もあり、こちらも慎重に作業します。
まずはバッテリーを止めている金具を外します。

金具を外すとバッテリーと基盤を繋ぐケーブルがありますので、ここをヘラではずします。


後はバッテリーを取り外すだけです。
・・・あれ?



取れない。ビクともしない。
反対からチャレンジ。



あれ?取れない・・・

今度はピローンと出ているやつを引っ張ってみる。




開かない・・・どうしよう・・・

他に何か工具入っていないのかと確認してみると、

「なんだこれは?」


・・・・「小っちゃ!!」

しかし、やり方が分からない私はこれに全てをかけてみた!!


「は、入った!!入ったぞぉぉぉぉ!!」
※めっちゃ簡単に書いていますが、実際は15分位かかっています。

 




というわけで、またまたぱっかーん!!!





無事にバッテリーを取り除く事に成功しました!!!

新しいバッテリーを装着

新しいバッテリーを用意します。


元々あったバッテリーの位置に新しいバッテリーを置き、先程の端子にケーブルを繋ぎます。



ついに、バッテリーの交換に成功しました。

ここから後は先ほどと逆の作業をするだけ。バッテリーの金具を取り付けて、ケーブルを取り付けてケーブルの上の金具をつけて元通り!

お疲れ様でした!!



・・・と言いたかったのですが、実はここからとんでもないトラブルが発生しました。

全て完了し、電源を付けると、液晶がこんな状態に!!!!






見えますかね?液晶に上の方に縦線が入っているのが・・・しかもタッチが効かない!!

「うぉぉぉぉぉ!!なぜこんな事に!!」


・・・・・・・・・・


「もう一度付け直せば、直るかもしれない。」



しかし・・・・・・




拙者、もう触りたくないでござる!

淡々と修理をこなしているように記述していましたが、本当はビクビクしながら、汗だくで分解していました。だからもう、触りたくないのです。しかも本当に原因がケーブルなのかも分からないし、ひょっとしたらバッテリー取付けの際にミスをしたのかもしれないですし。



・・・・・・

・・・・・・

仕方がない。
というわけで、結局iPhone修理業者に行く事にしました。

続きはこちらの記事をお読みください。
自分でバッテリー交換失敗して結局iPhone修理店に行った話。


お近くのiPhone修理店を探す方はコチラをクリック

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る