iPhone修理 大宮エリアの優良修理店舗一覧

大宮のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

大宮のiPhone修理店

ダイワンテレコム大宮店

営業時間 11:00~20:00
定休日 水曜
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-154 川村建設ビル1F(ココイチ隣)
最寄駅 JR大宮駅東西口徒歩3分

iPhone-Assist

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目109 大越ビル6F
最寄駅 大宮駅より徒歩3分

MobileRepair 大宮店

営業時間 8:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-109 大越ビル6F
最寄駅 大宮駅東口徒歩5分

Quick 大宮店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-109 大越ビル6階 オフィスフロアー内6B
最寄駅 大宮駅東口より徒歩4分

アイプロケア大宮東口店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-71
最寄駅 JR大宮駅東口より徒歩1分

iPhone修理即日PRO 大宮店

営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-154 川村建設ビル1F(ココイチ隣)
最寄駅 JR大宮駅より徒歩3分

スマホスピタル埼玉大宮東口店

営業時間 11:00~21:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-51 大宮みのやビル4F
最寄駅 JR大宮駅東口徒歩1分

スマホスピタル埼玉大宮西口店

営業時間 11:00~21:00
定休日 木曜
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1-5 山中ビル4F
最寄駅 JR大宮駅東西口徒歩1分

スマホドック24 大宮東口店

営業時間 10:00~20:00
定休日 土日祝
住所 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-61 第2GSビル1階
最寄駅 大宮駅東口より徒歩約5分

iPhone修理ジャパン 大宮店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-7-4 サン・ラザール08 1F
最寄駅 大宮駅徒歩4分

iPhone修理工房 大宮店

営業時間 11:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-8-7 シャトルウエスト401
最寄駅 大宮駅西口より徒歩3分

スマホドック24 大宮三橋店

営業時間 9:00~18:30
定休日 土日祝
住所 〒330-0856 埼玉県さいたま市大宮区三橋2-625-2
最寄駅 三橋二丁目(バス停)よりすぐ

iFC 大宮店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0851 埼玉県さいたま市大宮区櫛引町1丁目821番地池田ウェルズ106
最寄駅 大宮駅西口より徒歩約5分

ゲオ大宮駅前店

営業時間 10:00~23:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目5番地4 中西ビル1F
最寄駅 JR大宮駅東口徒歩1分

iふぉん太郎 岩槻店

営業時間 10:00~17:00
定休日 木曜
住所 〒339-0055 埼玉県さいたま市岩槻区東町1-7-44
最寄駅 岩槻駅より徒歩15分

iFlat 大宮

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒330-0853 埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-3 オリオンビル3F
最寄駅 JR大宮駅より徒歩9分

SmaPla 大宮ステラタウン店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町1-854-1 ステラタウン2F
最寄駅 土呂駅より徒歩15分

リンゴ屋 ドン・キホーテ大宮東口店

営業時間 13:00~22:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60
最寄駅 JR大宮駅より徒歩3分

スマイルファクトリー 大宮駅前店

営業時間 10:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-86 田原ビル1階
最寄駅 大宮駅より徒歩7分

スマップル大宮店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-60 ラクーン大宮4F
最寄駅 JR 大宮駅徒歩1分

iPhone修理の前に「大宮」のご紹介

埼玉県さいたま市にある大宮駅を中心とするエリアです。駅周辺には商業施設やオフィスが多くあり、特に東口方面は埼玉県で最大規模の歓楽街が広がっており、夕方を過ぎると多くのサラリーマンや学生と思しき人たちの姿が見られます。駅から少し離れると住宅街が広がっており、非常に多くの人々が住んでいます。

大宮駅は改札内のいわゆるエキナカが充実しており、和菓子や洋菓子といったお菓子を扱ったお店や、お弁当やお惣菜といった食品を扱うお店、本屋さんやお花屋さん、薬局など非常に多くのショップが並んでいます。改札を出ると日常的に各地域の物産展が行われています。多くは乗り入れている東北新幹線で行くことができるエリアのPRとなっており、東北への玄関口として広報の役割も兼ねているようです。

大宮区内にはアイダ設計や富士薬品、エフエムナックファイブといった本社を置く企業も多く、ベッドタウンとしてだけではなく、埼玉の主要な商業都市としても発展をしています。また、大宮駅西口にある大宮ソニックシティでは、様々なコンサートやイベント、年度末には卒業式などが開かれており、多くの人々が集まります。

アイフォンの修理店としては正規修理店がビッグカメラ内にありますが、連日修理依頼や相談のために多くの人出があります。正規修理店での修理は主に本体交換となるので、データが消えてしまいます。また、補償の範囲は狭く、自然故障でない場合には補償外での修理となる場合が多くあります。そのため、データが消えなかったり、正規店よりも安価であったり、場合によっては修理までの待ち時間が短かいという理由から非正規修理店を利用するケースが多いようです。

大宮区は、かつて埼玉県大宮市でしたが、2001年(平成13年)に周辺の浦和市、与野市との合併によって埼玉県さいたま市(国内有数の政令指定都市)になったことに伴って、旧来の市域が大宮区、西区、北区、見沼区の4つに細分化されました。

元来、大宮は、中山道(なかせんどう)の宿場町である「大宮宿」を起源として、「大宮台地(おおみやだいち)」と呼ばれ関東平野中央部にある粘土質の多い土壌(関東ローム層)の洪積(こうせき)で形成された高台の平地上にあり、中心となるJR線大宮駅周辺エリアは、幾多の商業施設や複合型ビルなどが立ち並ぶ繁華街です。大型商業ビルやデパートなどは主に駅西口側エリアにあり、駅東口側エリアには、県下最大の歓楽街でもある大宮南銀座地域の他、市民のための様々な施設がある「大宮公園」をはじめ、「大宮第二公園」や「大宮第三公園」などがあるエリアでもあります。

埼玉県営の「大宮公園」は、サッカーJリーグ・大宮アルティージャの本拠地の「さいたま市大宮公園サッカー場(呼称「NACK5スタジアム大宮」)」や、プロ野球・埼玉西部ライオンズの準本拠地でもある「埼玉県営大宮公園野球場」をはじめ、「埼玉県立大宮公園体育館」、「埼玉県営大宮公園弓道場」、「埼玉県営大宮公園水泳場(プール)」、「埼玉県営大宮公園陸上競技場兼双輪場(通称「大宮競輪場」)など数々のスポーツ施設が併設された広大な総合運動公園としての機能の他、「埼玉県立歴史と民族の博物館」や、入園料無料の「大宮公園小動物園」などの文化的施設も併設されています。埼玉県内でも有数の桜の名所でもある、「埼玉百年の森」エリアには樹齢100年余の赤松林があるなど、さいたま市内やその周辺に数多く暮らす人々にとっても憩いの場所となる総合都市型公園です。

現在の大宮駅は、数多くの各社路線が集約され、大宮がかつて中山道の宿場町であっただけに信越方面への通過点であることはもとより、東北方面への玄関口としても機能し、1982年(昭和57年)に開業した東北・上越新幹線路線の上野駅延伸工事が1985年(昭和60年)に完了するまでの間は、その起点駅としての機能を有していました。

鉄道敷設の歴史上では、東京から北の方面に向かう初の路線(上野・熊谷間)には大宮駅が設けられず、当時、大宮の町の現状以上の衰退を懸念した、後に大宮市長となる白井氏を中心とした地元有志たちの根強い駅誘致活動の成果もあって東北方面への鉄道敷設検討の際、大宮を東京・上野方面からの分岐点と決定された結果、現在ある駅の基となる大宮駅が新設されました。

また、前述の白井氏が提供した土地を基にして、現在の大宮総合車両センター・大宮車両所の基礎となった関連工場が設置されるなどを受けて、首都圏と地方主要都市を繋ぐ重要な基点駅としての機能と共に栄えた大宮は、周辺市民と鉄道との関係が密接なものとなっています。

大宮駅には、前述の東北(山形、秋田、北海道)・上越・信越新幹線はもとより、東京・上野駅方面から東北本線および高崎線(高崎駅以遠は、上越線)を通る全てのJR東日本路線が乗り入れるほか、新東京国際空港(通称、「成田空港」)までの間を往来する特急列車「成田エクスプレス」、東北本線から宇都宮線を経由して栃木県にあって国内有数の景勝地である日光・鬼怒川方面への私鉄の東武線直通特急(スペーシア)などの路線も乗り入れます。

また、埼玉県川越市(かわごえし)方面にアクセスする「川越線」、東京都北区の赤羽駅(あかばねえき)までの間を新幹線高架路線と並走し、山手線(やまのてせん)・池袋駅方面へ乗り入れる「埼京線(さいきょうせん)」、および山手線との並走基点の田端駅(たばたえき)までの間を東北本線と並走し、品川駅以遠を東海道本線と並走して横浜駅に乗り入れ、更に以遠の根岸線(ねぎしせん)・大船駅(おおふなえき)までの間に緻密に駅が設置されている「京浜東北線(けいひんとうほくせん)」の始発駅にもなっています。

更には、前述の東武線直通特急とは別に、同社路線で埼玉県東部の春日部市や、千葉県野田市、柏市を経由して船橋市方面にアクセスする東武野田線(通称、「アーバンパークライン」)や、上越新幹線の高架橋脚を併用して埼玉県中央部にある北足立郡伊奈町の内宿駅(うちじゅくえき)までアクセスする埼玉新都市交通(通称、「ニューシャトル」)などの駅もJR大宮駅に併設されており、まさに埼玉県下では中核となる大きな駅です。

大宮区エリアの北端にある「鉄道博物館」は、JR東日本の営業エリア内で公益財団法人東日本鉄道文化財団が運営する2007年(平成19年)10月に開館した公共の鉄道関連博物施設です。老若男女を問わず鉄道に関連する人気が高まっている影響もあって、東京都心部からは少々距離がある立地にもかかわらず、2015年(平成26年)には来館者800万人を達成するほどの賑わいで、かつて東京・神田駅付近の万世橋(まんせいばし)前に中央線沿線の高架下を有効利用して存在した「交通博物館」に代わる施設でもあります。

大宮駅周辺は非常にiPhone修理店が多く、修理店舗の激戦区となっています。そのため、優良店に紛れて粗悪な液晶パネルやバッテリーを使って安さだけで集客を行うような悪質な店舗が紛れ込みやすくなってしまいます。悪質店には共通点があるため、iPhone大学を利用して悪質店の特徴を見極めましょう。特に重要なのは保証の有無です。優良店であれば、コピー品のパネルを使っていてもしっかり保証をしてくれます。人が手を加えているため、100%完全な状態に戻ることはありませんが、最低限の保証があれば初期不良に対して誠実に対応してくれるはずです。また、修理に関する案内が丁寧なところも重要です。キチンと納得できる案内をしてくれるところならば、まずは安心して修理を任せても良いのではないでしょうか。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る