iPhone修理 浦和エリアの優良修理店舗一覧

浦和のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

浦和のiPhone修理店

Quick 浦和店

営業時間 12:00~20:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-5-2 田尾ビル3F
最寄駅 浦和駅西口より徒歩4分

Smart Style 浦和店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-7-7 セブンビル3C
最寄駅 JR浦和駅西口徒歩2分

Quick 北浦和店

営業時間 月~土 10:00~19:00 / 日 10:00~18:00
定休日 年中無休
住所 〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-2-9 花見ビル2F 金銀堂 北浦和東口店内 受付
最寄駅 北浦和より徒歩2分

スマフォドクター埼玉北浦和店

営業時間 平日 11:00~20:00 土日祝 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-5-16 KSビル北浦和2F
最寄駅 北浦和駅西口徒歩1分

iFC 浦和店

営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒330-9655 埼玉県さいたま市浦和区常盤3-10-16
最寄駅 北浦和駅より徒歩5分

ホワイト急便 南浦和駅前店

営業時間 月~土9:30~20:00 日祝9:30~19:00
定休日 木曜
住所 〒336-0018 埼玉県さいたま市南区南本町2-1-2
最寄駅 南浦和駅より徒歩1分

ホワイト急便 六辻ドライブスルー店

営業時間 月~金9:00~20:00 土日祝9:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻3-1-4
最寄駅 武蔵浦和駅より徒歩15分

ホワイト急便 中浦和店

営業時間 月~金9:00~20:00 土日祝9:00~19:00
定休日 火曜日
住所 〒336-0027 埼玉県さいたま市南区鹿手袋2-4-15
最寄駅 中浦和駅より徒歩3分

ホワイト急便 武蔵浦和店

営業時間 8:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒336-0027 埼玉県さいたま市南区沼影1-6-16
最寄駅 JR埼京線武蔵浦和駅より徒歩5分

MobileRepair 浦和店

営業時間 8:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒336-0018 埼玉県さいたま市南区南本町1-3-4 一ツ木事務所2階
最寄駅 南浦和駅西口より徒歩2分

ホワイト急便 与野本町駅前店

営業時間 月~金9:00~21:00 土日祝9:00~19:00
定休日 水曜日
住所 〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東2-5-19
最寄駅 与野本町駅より徒歩1分

ホワイト急便 ロヂャース前店

営業時間 9:30~19:00
定休日 木曜日
住所 〒338-0821 埼玉県さいたま市桜区山久保1-7-1
最寄駅 南与野駅より徒歩15分

スマホ工房 浦和店

営業時間 10:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-3-11 なかまち参番館2F
最寄駅 浦和駅より徒歩5分

iPhone修理くん 浦和店

営業時間 10:00~19:00
定休日 年中無休
住所 〒332-0017 埼玉県さいたま市緑区原山4-3-3 MEGAドン.キホーテ浦和原山店1F
最寄駅 浦和駅より車で15分

スマートファボ 武蔵浦和店

営業時間 11:00~20:00
定休日 月曜
住所 〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所6丁目11番18号 ハイツ楠大里202号室
最寄駅 武蔵浦和駅より徒歩約4分

ミスターミニット 浦和蔦屋書店

営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 アトレ浦和店North Area1F 蔦屋書店内
最寄駅 浦和駅より徒歩2分

iPhone修理やまと

営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休
住所 〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西5-2-9 イオンモール与野2階 ユニクロ前
最寄駅 北与野駅より車で5分

iPhone修理の前に「浦和」のご紹介

浦和駅・武蔵浦和駅など多くの「浦和」の名を冠した駅を持つ浦和エリアは、埼玉県さいたま市浦和区地域です。埼玉県庁やさいたま市役所といった行政機関がある埼玉県の中心地です。また、学校が多くあることから学生さんの街にもなっています。

浦和エリアは2001年に浦和市・大宮市・与野市の3つの市が合併して誕生したさいたま市が誕生し、2003年に政令指定都市となったことから浦和区として区分けされました。もともとの浦和市エリアを中心とした地域が浦和区として設定されています。

浦和エリア内には浦和駅と北浦和駅、南浦和駅、武蔵浦和駅、中浦和駅、西浦和駅、東浦和駅、浦和美園駅の合計8駅もの「浦和」の名を冠する駅があります。現在、浦和区内にあるのは浦和駅と北浦和駅のみですが、他駅も旧市域にあるものであるため、駅周辺にも「浦和」の名称を持つ施設が多くあります。

浦和エリアの主要駅である浦和駅は、JR宇都宮線、湘南新宿ライン、京浜東北線の3路線が乗り入れており、1日当たりの乗車人員数は87,000人を超え、埼玉県内では大宮駅に次いで2番目に利用者が多い駅と言えます。埼玉県庁舎とさいたま市役所の最寄り駅となり、埼玉県行政の中心駅となっているため、お役所に勤める人が多く利用しています。駅周辺は条例により風俗店の営業が禁じられていることもあり、繁華街の規模はあまり大きくなく、小さな居酒屋なども少ない。そういった点もあってか治安が良く、住環境は良いようです。

浦和駅ビルであるアトレ浦和は2015年に高架下商業施設を開業し、2018年には6階建てとなる駅ビルが完成予定です。先行開業した高架下商業施設の中には、ザ・ガーテン自由が丘や成城石井といった食料品中心のエリアと、コンシェルジュのいる蔦屋書店、認可保育園であるココファン・ナーサリー浦和などといった多種多様なテナントが入っています。駅周辺には先述の県庁以外に、埼玉県警本部や県立図書館、再大麻私立教育研究所など、多くの行政機関が集まっています。伊勢丹や浦和コルソといった商業施設もあり、買い物客が連日多く集まっています。

浦和エリアには埼玉大学、順天堂大学、人間総合科学大学、目白大学、浦和大学、芝浦工業大学といった多くの大学が集まっています。浦和駅の近隣には埼玉大学教育学部付属の幼稚園・小学校・中学校もあり、埼玉県の学芸の拠点ともなっています。

古くからウナギのかば焼きが名物として知られており、毎年5月には市役所前にて「浦和うなぎ祭り」が開催されています。また、浦和エリアから少し離れるが、さいたまスーパーアリーナがあるため、イベント時には非常に多くの人が浦和エリアにも流入することがあります。また、仮面ライダーシリーズや戦隊ヒーローシリーズのロケ地としても使用されており、日曜の朝にその風景を見ることもできます。

近年はエイペックスタワー浦和やコスタ・タワー浦和、ザ・パークハウス浦和タワーといった超高層マンションが増えています。当然それに比例して人口も増えており、さらに高級志向のマンションに住むことができる一定以上の所得層が集まっていることから、高級住宅街としての様相も呈しています。

浦和レッズ(正式名称:浦和レッドダイヤモンズ)は浦和を本拠地としている世界的なJリーグチームです。もともとは三菱自動車工業のサッカー部を前身としており、三菱の社章である赤い菱形がチーム名の元になっているのかもしれません。チームカラーは名称にも入っている「赤」であり、地域には赤色のランドマークをよく目にすることができます。1991年のJリーグ発足から加入している【オリジナル10】の1チームとして、常にJリーグのトップを競っています。地域に根差したチームであり、浦和周辺に住んでいる人の中には、サッカーそのものには興味が薄くとも、浦和レッズの試合の行方だけは気になる人もいるようです。また、隣接する大宮エリアには、大宮アルディージャというクラブチームがあり、両チームの試合は共にさいたま市に本拠地を置くことから「さいたまダービー」と称されており、選手はもちろんのことながら、それ以上にサポーターの熱気が通常の試合以上に高まります。中には過激な内容のフラッグ等を準備するサポーターもおり、相手チームへの強烈な批判なども含まれています。

浦和区内には浦和レッズのオフィシャルショップである「RED VOLTAGE」があり、連日多くのサポーターが訪れています。また、地域貢献にも注力しており、来場者収入などによる営業収入の一部を地域貢献へ活用しているようです。クラブハウスは1階に練習見学スタンドがあり、2階はサポーターズカフェとなっており、ファン交流の拠点となっています。サッカー教室も開いるほか、クラブチーム優勝の賞金の一部を用具などの形で地元の学校へ寄贈しています。

浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002は、浦和美園駅を最寄りとするスタジアムであり、2002年のFIFAワールドカップ日韓大会においては、日本代表の試合を含め、4試合が行われました。現在もワールドカップアジア予選などの国際試合で多く利用されています。こういった背景があることから、浦和美園駅では1日平均の利用者数が7,000人ほどであるのに対し、浦和レッズの試合や日本代表の国際試合がある際には爆発的に利用者が増えます。

浦和美園駅は2001年に、上述のワールドカップ会場である埼玉スタジアムへの交通のために開業した非常に若い駅です。そのため乗降客数は他の駅より低い傾向にありますが、駅周辺の環境整備もあり、徐々に利用者数が増えています。また、日韓ワールドカップの際には臨時のファミリーマートが設置され、日商1,200万円というコンビニの1日売り上げ日本記録をたたき出しましたが、臨時出店という立ち位置であったため、大会終了後閉店しています。

サッカー熱が高いこともあり、浦和エリア出身者にはサッカー選手が多くいます。池田伸康さんや内館秀樹さんのように今でも浦和レッズに関わる人もいれば、他チームや実業団で活躍している人も多いサッカーの街となっています。また、椎名林檎やタケカワユキヒデなど、音楽関係従事者、俳優の反町隆史や竹内結子、レポーターの東海林のり子や久米宏、青木裕子など、非常に多くの著名人を輩出しています。出身者だけでなく地域にゆかりのある人を挙げるだけでもキリが無いほどです。

多くの住民がいて、行政機関も抱える巨大都市浦和エリアには、非常に多くのiPhone修理店があります。ユーザーによって修理希望内容が異なります。仕事で訪れる人の多くは、落下による表示不良などの突発的な故障が多いです。そのため迅速に修理してもらえることが重要となるため、即時対応してくれて、なおかつ再修理とならないように優良なパーツを確かな技術で行ってもらう必要があります。

学生さんのアイフォン修理事情はそういったものとは少し異なります。価格が最優先となるため、品質の劣る液晶パネルでの修理でも安ければOKという人もいます。しかし、それによって全く使えなくなってしまっては困るので、最低限の保証がある店舗での修理が必須です。品質が通常のものより劣る場合でも、保証さえしっかりしていれば再修理を無料で受けてくれるので、再修理の手間さえ惜しまなければ問題ありません。

住民のトラブルで多いのは突発的な故障以外に、電池持ちが悪くなったことによるバッテリー交換や生活の中で起こる水没による故障対応です。バッテリーに関しても万が一の初期不良に備えてくれる身近な優良店に頼むのが良いでしょう。水没修理に関しては、修理内容をしっかり説明してもらい、中の水分をふき取るだけのようなテキトーな修理を行われてないように、心配であれば修理経過を写真撮影してもらえるような店に依頼すると良いかもしれません。

iPhone修理は需要が多いものの、利益のみを追求し、格安な粗悪パーツを使った悪質業者の報告が増えています。そういった悪質な業者に修理を依頼してしまう前に、iPhone大学を使って優良店の見極めを行ってもらえればと思います。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る