イライラ解消!iPhoneのゲームでコントロールセンターを起動させなくする方法 & 画面の自動回転をオフにする方法

ゲーム中にiPhone誤動作で死亡、寝転がってiPhoneいじってたら勝手に画面が回転、「iPhoneあるある」の改善方法

みなさんこんにちは、ライターのソラです。iPhoneには、ユーザーをサポートしてくれるための便利機能がいくつも用意されています。その中に「コントロールセンター」「画面の自動回転」があります。

よく使う機能を即座に使える「コントロールセンター」と、縦と横でiPhoneを使い分けるときに、iPhoneが本体の傾きを検知して最適な向きを自動的に検知してくれる「画面の自動回転」は非常に便利な機能です。

現在コントロールセンターに集約されている各機能は、iOS7以前は設定アイコンから個別にセッティングしなければならず、けっこう面倒くさかったのです。しかしこのコントロールセンターが登場してからは、iPhoneの設定に関するイライラがだいぶ軽減されました。

画面の自動回転は、携帯電話の縦横の幅がそのまま画面の幅になるという、ガラケー時代には無かったiPhoneの(そして、その後出てきた各種スマホの)特徴を活かすために生み出されました。iPhone内部に傾きを検知する機能が備わっており、iPhoneが縦になっているのか横になっているのかを検知し、画面をそのときどきの最適な向きに自動で合わせてくれます。

そんな風にユーザーの利便性を考えて作られたこれらの機能ですが、時と場合によっては便利とはかけはなれ、ユーザーの邪魔となる存在になる可能性があるのです。

今回はそんな、iPhoneの便利機能がiPhoneユーザーの邪魔をする場合と対処法を紹介します。

・コントロールセンターが邪魔になる場合の対処法

まず、コントロールセンターを起動すると下のような画面になります。
一番上の段にあるアイコンをタップするだけで機内モードやWi-Fi接続、Bluetoothへの接続など、よく使う機能を一発でセッティングできます。その下にあるバーは画面の明るさを調節し、さらにその下はミュージックに関する機能が備わっています。そして一番下にはライトや電卓などの起動ができるアイコンが並んでいます。

こんな便利なコントロールセンターですが、パズドラやツムツムといった、指でなぞって遊ぶタイプのゲームでは、ゲーム中にうっかり起動してしまい爆死することがあります。コントロールセンターは画面下からスワイプすることでせりあがってくるのですが、この動作がパズドラなどで画面下から動作をするときに誤作動してしまうのです。

1ターンを大事に使いたかったのに誤作動で無駄使い…。
苦労してボスのところまで行ったのに誤作動で爆死…。
レアなキャラが出てきて絶対に倒したかったのに誤作動で爆死 or 逃亡される…。

そんな悲しい被害報告は後を絶ちません。せっかく頑張ってクリアを目前にしたのに、ほんの些細な誤作動で全てが無に帰す…。
そんな悲しい思いをしないために、コントロールセンターの誤作動を押さえる方法をご紹介します。

「設定」→「コントロールセンター」→「App内でのアクセス」をオフにするだけでOK!


これだけでゲームをしている最中にコントロールセンターが起動することを防げるので、快適にゲームを進めることができます。ゲーム中にコントロールセンターの誤作動による爆死が無くなるので、存分にゲームを楽しみましょう!

・画面の自動回転誤作動防止

夜、部屋で寝転がりながらiPhoneを操作していると、勝手に画面がグリンと回転することはありませんか?You tubeなど動画を観ているときなど特に邪魔ですよね。ガラケーを使ったことがある人は分かると思いますが、ガラケー時代は画面が小さかったため縦横を切り替える必要はありませんでした。(一応大画面モードはありましたが手動切り替えでした)しかし、iPhoneがこの世に登場したことで、画面サイズが大幅に変わりました。

縦と横だとそれぞれに対応した画面表示の仕方が必要となりました。いちいち切り替え操作をするのが面倒であったため、iPhoneに内蔵された本体の傾きを検知する機能を活用して、iPhoneの画面が自動的に切り替わるような仕組みができあがりました。

発表当初は、画面の切り替えを面倒くさがるユーザーからものすごい好評を得ていましたが、やがて不評も出てくるようになりました。

Appleが予想していた以上に、寝そべりながらiPhoneを使うユーザーが多かったのです。

寝そべった状態でiPhoneを使用すると、寝そべった状態の傾きをiPhoneが検知してしまい、ぐりぐりと画面が回転してしまうことが続発しました。これでは動画もゆっくり見られません。

そのストレスを解消するために、わざわざAppleが親切心で導入してくれた「画面の自動切り替え」をオフにしましょう。

この切り替え方法は、先ほど紹介した「コントロールセンター」を使用します。

ホーム画面で画面下から上に向かってスワイプします。そうするとコントロールセンターが出現するので、右上に表示されている画面回転ロックのアイコンをタップします。


これで画面が勝手にくるくる回転するのを防ぐことができます。
寝そべりながらゆったり動画を観るなどできるので、立派なダメ人間が完成します。

まとめ

iPhoneの便利機能は時と場合によっては便利ではないケースがある。
他のアプリを使用している際にコントロールセンターが誤って起動するのを防ぐことができる。
寝そべったり不自然な姿勢でiPhoneを使用したりする際は、自動的に画面が回転するのをロックすることで、快適なダラダラライフを満喫することができる。

一緒に呼んでほしい記事
パスコードを4桁にする方法
iPhoneを使った文字検索
パスワード保存で簡単ログイン

 

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る