【2020年最新】iPhoneが契約できるMVNOはどれ?大手キャリアとも比較

【2020年最新】iPhoneが契約できるMVNOはどれ?大手キャリアとも比較

日本国内で高い人気を誇るiPhoneですが、SIMフリー端末以外は大手通信キャリアでの販売が中心となっており、iPhoneを手に入れるために大手通信キャリアと契約している方も多いのではないでしょうか。しかし、iPhoneは最新端末ではなくても比較的長く使用できることから、型落ちのモデルでも良いので安く使いたいというニーズも高い傾向にあります。

そこで今回は、iPhoneを格安料金で利用する際におすすめのMVNO(格安スマホ事業者)をいくつか紹介します。MVNOによっても販売している端末はそれぞれ異なるため、SIMフリーではなく契約するプランに合わせて端末も一緒に購入したい方はぜひ参考にしてみてください。

大手通信キャリアでiPhoneを購入する場合の料金は?

大手通信キャリアでiPhoneを購入する場合の料金は?

まず前提情報として、大手通信キャリアでiPhoneを契約した場合、どの程度の料金がかかるのかを紹介しましょう。今回はMVNOでも取り扱いの多いiPhone SE(第2世代)を基準として、NTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアのプランを比較してみました。

NTTドコモ

機種 iPhone SE(第2世代)64GB
本体価格 一括:57,024円/分割(36回):1,584円/月
契約プラン 「ギガホ」6,980円(60GBまで)または「ギガライト」2,980円(1GBまで)〜5,980円(7GBまで)
割引キャンペーン ギガホ割(最大6ヶ月間)-1,100円
合計料金 6ヶ月間:月額8,162円(税込) 7ヶ月目以降:9,262円(税込)
  上記の通り、ギガホを契約した場合はギガホ割が適用され、最大6ヶ月間は1,100円の割引によって月額8,162円(税込)、7ヶ月目以降は9,262円(税込)の料金となります。また、24ヶ月目に「スマホおかえしプログラム」を適用した場合、残り12回分の分割支払金は免除されます。

au

機種 iPhone SE(第2世代)64GB
本体価格 一括:55,270円/分割(36回):1,535円/月
契約プラン データMAX 4G LTE 7,650円または
ピタットプラン 4G LTE 2,980円(1GBまで)〜4,480円(7GBまで)
割引キャンペーン スマホ応援割3(最大6ヶ月間) -1,000円
合計料金 6ヶ月間:月額8,850円(税込) 7ヶ月目以降:月額9,950円(税込)

auでiPhone SE(第2世代)を36回分割で契約した場合、スマホ応援割3の適用も含めると最大6ヶ月間、月額8,850円a(税込)で利用できます。また、7ヶ月目以降は月額9,950円となります。

ソフトバンク

機種 iPhone SE(第2世代)64GB
本体価格 一括:57,600円 分割(24回):2,400円/月
契約プラン メリハリプラン 7,480円 または
ミニフィットプラン 3,980円(1GBまで)〜5,480円(5GBまで)
割引キャンペーン 半月おトク割(最大6ヶ月間) -1,000円
合計料金 6ヶ月間:月額9,528円(税込) 7ヶ月目以降:月額10,628円(税込)

ソフトバンクの場合は、メリハリプランで契約し半月おトク割の適用で最大6ヶ月間、月額9,528円(税込)で利用でき、7ヶ月目以降は月額10,628円(税込)となります。ただし、ドコモやauとは異なり、ソフトバンクは分割が24回または48回払いとなっており、上記の料金は24回払いとして算出しています。

iPhoneが契約できるMVNOの料金

iPhoneが契約できるMVNOの料金

大手キャリアでiPhone SE(第2世代)を契約した場合、いずれも月額1万円前後の料金がかかることがわかりました。では実際にMVNOでiPhoneを契約した場合、どの程度の料金になるのか見てみましょう。iPhone SE(第2世代)を取り扱っていないMVNOもあるため、それぞれの事業者が提供しているiPhoneシリーズで料金を算出してみます。

LINEモバイル

機種 iPhone7/32GB
本体価格 一括:36,000円 分割(24回):1,500円/月
契約プラン 音声通話SIM 12GB 3,200円 または データSIM 12GB 2,700円
割引キャンペーン
合計料金 音声通話SIM 12GB:月額5,020円(税込)・データSIM 12GB:月額4,470円(税込)

LINEモバイルで取り扱っているiPhoneシリーズはiPhone 7のみです。音声通話SIMの場合は12GBまで月額5,020円(税込)、データSIMの場合は4,470円(税込)で利用できます。

大手キャリアに比べると通信容量は少ないですが、SNSや音楽ストリーミングサービスなどの特定サービスがデータカウント対象外となる「SNSデータフリー」や「SNS音楽データフリー」などをプランをうまく併用することで料金を大幅に抑えられるはずです。

UQモバイル

機種 iPhone SE(第2世代)64GB
本体価格 iPhone SE(第2世代)64GB 本体価格 一括:35,640円 分割(36回):990円/月
契約プラン スマホプランS 3GB 1,980円 または スマホプランR 10GB 2,980円
割引キャンペーン
合計料金 合計料金 スマホプランS:月額3,168円(税込) スマホプランR:月額4,268円(税込)

UQモバイルではiPhone SE(第2世代)を取り扱っており、24回払いまたは36回払いから選択できます。基本料金プランは「スマホプランS」または「スマホプランR」が提供されており、スマホプランRの場合はデータ上限に達しても最大1Mbpsの速度が確保されるため使いやすいプランといえるでしょう。

mineo(Aプランの場合)

機種 iPhone 11 64GB
本体価格 一括:74,640円 分割(24回):3,110円/月
契約プラン デュアルタイプ(音声通話+データ通信)30GB 6,510円または
シングルタイプ(データ通信のみ)30GB 5,900円
割引キャンペーン
合計料金 デュアルタイプ 30GB:月額10,271円(税込)
シングルタイプ(データ通信のみ)30GB:月額9,600円(税込)

mineoは最新のiPhone11シリーズから、廉価版のiPhone SE(第2世代)まで幅広くラインナップがあるのが魅力で、最新のiPhoneを格安スマホで利用したい方には最適なMVNOといえるでしょう。料金は高めに感じられますが、最新のiPhone11を大容量のデータ通信プランで存分に使いたい方にはおすすめです。

ワイモバイル

機種 iPhone SE(第2世代)64GB
本体価格 一括:57,600円 分割(36回):1,600円/月
契約プラン Sプラン 3GB 2,680円 または Mプラン 10GB 3,680円 または Rプラン 14GB 4,680円
割引キャンペーン 新規割(6ヶ月間) -700円
合計料金 Sプランの場合 6ヶ月間:月額3,778円(税込) 7ヶ月目以降:月額4,548円(税込)
Mプランの場合 6ヶ月間:月額4,878円(税込) 7ヶ月目以降:月額5,648円(税込)
Rプランの場合 6ヶ月間:月額5,978円(税込) 7ヶ月目以降:月額6,748円(税込)

ワイモバイルではiPhone SE(第2世代)とiPhone 7の取り扱いがあります。また、通信容量に応じてSプランからRプランまで幅広い料金プランがラインナップされており、さまざまな用途に応じて契約が可能です。ちなみに、厳密に言えばワイモバイルはMVNOではありませんが、価格帯としてはMVNOと実質的に似ているため、今回ピックアップしています。

BIGLOBEモバイル

機種 iPhone SE(第2世代)64GB
本体価格 一括:46,200円 分割(24回):1,925円/月
契約プラン 30ギガ 7,450円
割引キャンペーン
合計料金 合計料金 30ギガ:月額10,120円(税込)

BIGLOBEモバイルでは新たにiPhone SE(第2世代)の取り扱いが始まり、24回の分割支払いのみに対応しています。料金プランはデータ容量に応じて3ギガから30ギガまで5つのプランが存在し、30ギガで契約した場合は月額10,120円となります。

MVNOでiPhoneを契約するならどこがおすすめ?

MVNOによっても契約できるプランやデータ容量は異なりますが、自宅に固定回線があり、通勤や通学時にモバイル通信で動画や音楽を楽しむ方であれば5GB以上のプランがおすすめです。最新のiPhoneにこだわらないのであれば、LINEモバイルの12GBプランや、ワイモバイルのMプランがコストパフォーマンスが高いといえるのではないでしょうか。

一方、最新端末を安く購入して使いたい方にはmineoがおすすめです。万が一の災害時に備え、常に安定した品質が確保できるスマートフォンや、データ通信制限の心配がない余裕のあるプランを選択したい方には、MVNOではなく大手キャリアとの契約が適しているといえるでしょう。

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る