iPhoneを売る際の買取店の選び方

iPhone買取店の選び方

iPhoneは3GSからずっと継続して今8を使用しているアイフォン歴が約9年目のBossanです。あれから年月が経ち、今やXまで発売される程の人気となったiPhone・・・当然ながらアイフォンユーザーも非常に多く日本でのシェアは近年ずっと1位です。

当然ながらiPhoneの買取を行う業者も比例して近年非常に増えました。今までスマホの買取を行っていた業者はもちろん、iPhoneの修理店も修理とバーターで買取に乗り出したり、元々別の分野で買取を行っていた業者(総合買取業者やTSUTAYA・ブックオフ等)もiPhoneの買取に乗り出してきました。

iPhoneは非常に人気のある端末ですので、中古の市場でも他の端末に比べるととても高い金額でやり取りがされています。つまりiPhoneユーザーの方で機種変更や買い替えを検討されている方は、古い端末をそのままにせず買取店に売った方が良いです。キャリアに下取りに出す選択肢もありますが、その前に一度は買取店で査定してもらいましょう。大体どこも無料で査定してくれます。

では沢山ある買取業者の中で、利用するところはどのように選んでいけば良いのでしょうか?チェックポイントについてまとめていますので参考にしてみてください。

送料や手数料は無料のところを選ぼう

送料や手数料は無料
iPhoneを買取に出そうと思ったとき、2つ方法があります。
一つは直接お店に持っていく方法、2つ目が郵送で買い取り業者に送って査定をしてもらう方法があります。

注意しなければならないのは、郵送での買い取りの際の様々な手数料です。自宅や会社、学校の近くにお店がある場合には、直接お店に持っていったほうが査定してもらって万が一気に入らなくてもその場でキャンセルができますし、売却を決めてもその場でお金を得ることができます。

しかし、忙しかったり近くにお店がない場合には郵送での買取を利用しなければなりません。この時にチェックしなければならないのは送料やキャンセル料、査定料、梱包材料、振り込み手数料などの各種手数料です。まず送る際の送料や梱包材料についてはお店によって無料にしているところもあれば利用者負担にしているところもあります。無料にしているところも多くありますので、事前にきちんと調べて無料のところを選びましょう。

また、キャンセルした場合の返送料は自己負担としているところも多いのでチェックしておきましょう。いくら高い査定金額がでたとしても。その他の手数料が沢山かかってしまうと損をしてしまいますよね。また、万が一キャンセルになった場合のことも考えて手数料は無料に設定しているお店を選ぶことをおすすめします。

手数料関係でのチェックポイント】
・送料(キャンセルの場合の返送料も)
・キャンセル料
・査定料
・梱包材料
・振込手数料

 

 

対応の速度と丁寧さ

対応の速度と丁寧さ

iPhoneの買取を依頼するお店を選ぶ上でチェックしておくべきポイントの1つとして、スタッフの対応の早さと丁寧さというものがあります。iPhoneは次々に新しいものが売りに出されていますので、できるだけ早い段階で売るということが、より高い金額で買取ってもらうための大きなポイントになります。

対面式のお店であればすぐに対応してくれること、郵送買い取りであれば査定完了までの時間が短いことや、こちらからの連絡に対していかに早くレスポンスを返してくれるかというのはスムーズなやり取りのためにはとても重要です。そして、どんなお店でも同じではありますがスタッフの対応の丁寧さというのはやはり必ずチェックしておくべきポイントです。私個人的にはオススメとしては郵送対応の場合は、一度電話をしてみます。電話をしてみてお店のスタッフの対応の良さを確認の上、「売る」という選択を行うべきかを判断します。対応が良ければ念のためスタッフの名前を確認して、何かあった場合にはそのスタッフに直接話す形を取ります。

iPhoneは安いものではありません。ご自身の大切なiPhoneを売るのですから、丁寧にきちんと査定をしてくれて、誠実な対応をしてくれる人に買い取って欲しいですよね。人に関わる部分ですので、実際に接してみないとなかなか分からない難しい部分ではありますが、少し問合せをしてみて様子をみてみたり、口コミをチェックするなどしてより信頼できるお店に買取を依頼すると良いです。
といっても郵送の場合は顔を合わす訳ではないので、心配な方は念のため、通話を録音されるのも良いかと思います。

状態による減額制度も忘れずチェック

チェックを忘れない

iPhoneの買取をしてくれるお店というのは非常に多くありますが、お店によってどのような基準で買取金額を決めているのかというのは全く違います。

中には、少しキズがついていたり、動作に不良があったり、内部バッテリーの消耗具合によって査定金額が減額されてしまうお店もあります。その一方で、どんなに壊れていてもある程度の金額で買い取ってくれたり、動作が完全に出来ないものでも買い取ってもらえたり、多少のキズであれば減額対象にはしないというお店もあります。

正直、内部バッテリーの消耗に関して査定結果が変わるお店はオススメしておりません。一般のユーザーがバッテリーの消耗具合をチェックしている訳ではありませんし、不親切ですよね。。

こればかりは一度査定をしてみてもらわないことには細かい金額までは分かりませんので比較することは難しいですが、自分のiPhoneの状態に合わせてお店を選んでいく必要があります。

もし買い取りに出そうとしているiPhoneの状態が、キズが多くあったり、少し不具合が出ていたり、完全に動作しないものであったりなどあまり良くないのであれば、そのお店は状態によってどれだけ減額されてしまうのかということをきちんと事前にチェックしてから買い取りを依頼するようにしましょう。

参考までにダイワンテレコムでの査定に関する「ランク分け」を下記に紹介したいと思います。

ランク 状態 使用期間(目安)
Sランク
  • 傷や使用感が一切ない
  • 開封時の状態と比べ遜色がない
  • 箱や付属品にも欠損や汚れがない
  • 修理や外装交換等の交換品は対象外
  • Sランク査定は付属品が揃っていることを条件とさせて頂いております。
    万が一欠品がある場合は未使用品でも上限はAランクとなります。
0ヶ月
未使用品
Aランク
  • 購入後ほとんど使用していない
  • 傷や擦れ跡が殆ど見られない
  • 照射時の反射で見える程度の微細傷がある
  • 修理交換品、外装交換品
  • 本体と付属品の製造番号が異なる
1ヶ月未満
極美品
Bランク
  • 使用感がほとんど感じられない
  • 目立たない傷や擦れ跡が数か所にある
  • やや目立つ傷がごく一部にだけある
  • 目立つ傷/落下傷/塗装剥げがない
    ※使用感がある場合はBランク対象外
6ヶ月未満
美品
Cランク
  • 使用感がある
  • 目立つ傷が複数箇所にある
  • 落下傷/塗装はげが部分的にある
  • 著しい汚れやホコリ混入が部分的にある
1年未満
中古普通
Dランク
  • 使用感を強く感じるもの
  • 目立つ傷が多数ある
  • 落下傷が多数ある
  • 塗装剥げが多数ある
  • 画面に深い傷がある
3年未満
中古低品
ランク外
  • 充電カバー等の着脱が困難
  • 傷ではなく亀裂がある
  • SIMトレイ等の本体内蔵部品が欠品
  • その他通常再販に支障を来すと判断できる場合
  • 機能面で重大な欠損がある
  • ひび割れ等の劣化が激しい
  • 除去が困難な汚れがある
  • 水没反応がある
  • 暗証番号が分からない

(ホームページより抜粋)

 

 

まとめ

iPhoneのユーザーはとても多いので、その分買い取りを行っている業者というのも非常に多くあります。ですが、お店の形態や査定システム、手数料の有無などは実に様々です。どのお店を利用するかによって、同じiPhoneを売るにしても得られる金額は変わってくるのです。もちろん金額の問題だけではなく、スタッフの対応や信頼感なども非常に重要なポイントになってきますので、利用者の口コミを参考にしたり、一度問合せをしてみるなどしてお店の雰囲気をつかんで、さらに細かい査定基準などをきちんと調べてから利用することをおすすめします。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る