スマホ買取業者に売るorキャリアに下取り、どっちがいいの?

スマホの下取りor買取

キャリアで下取りしてもらう方がメジャーだと思いますが、買取業者に売った方がお金いいんじゃないだろうか、、と気になってしまう貧乏性のBossanです。

不要になってしまったiPhoneを処分してお金に変える方法として考えられるのは「下取りに出すこと」と「買取に出すこと」の2つしかありません。

どちらもあまり変わらないように思うかも知れませんが実際は大きく異なります。買取と下取り、どちらを選べばよりお得に利用できるのでしょうか?それぞれの方法のメリットとデメリットを合わせてみていきますのでiPhoneをこれから処分しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

下取りのメリットとデメリット

下取りのショップ店員
下取りとは、携帯の大手キャリアが行っている取り組みで機種変更をすることを前提として持っている不要なiPhoneを引き取ってもらい、その分を割引きやポイントといった形で新しい端末の購入費用に当てることが出来るシステムです。

この下取りのデメリットは、現金化ができないということです。下取りでは、iPhoneを現金と交換することはできません。その会社の取り入れているポイントへの交換や、クーポンという形での交換になります。ですので、基本的には携帯会社でしか使用することができませんし、現金とは違い使用期限がありますのでその期限を過ぎてしまうと失効してしまうこともあります。

また、下取りはその携帯キャリアを使い続けて機種変更をすることが前提となっています。そして、一定期間はそのキャリアを使用し続けるということが前提となっていますので、途中で契約を解除して他のキャリアを使用したくなった時などは、違約金などが発生してしまうこともあります

一方で、下取りのメリットとしては査定の基準がゆるいということです、買取の場合には少しのキズや付属品の状態などで減額されてしまうことが非常に多いです。ですが、下取りの場合にはあまり加味されることなく一定の金額で引き取ってもらうことが出来ます。そして、機種変更をする際に通信料金の割引きがあったり、金券をもらうことができたりと様々な嬉しい特典があるということも大きなメリットです。また、キャリアのショップで下取りして、そのままその他手続き(機種変更など)が出来るので手続きが簡易というのもメリットかと思います。

スマホ買取のメリットとデメリット

買取業者の封筒
不要になってしまったiPhoneを買取に出すことのメリットとは一体なんなのでしょうか?まずはiPhoneをそのまま現金化できるということです。ポイントやクーポン、割引きといった形で還元される下取りとは違い、買取の場合にはそのまま現金として手にすることが出来ますので自分の好きなようにそれを使用することができます。

また、下取りよりも比較的高い金額で引き取ってもらえます。マーケットの流れや需要を考えて買取を行ってくれるきちんとした業者を選べば、下取りに出すよりも高い金額で買取してもらうことが出来ます。キャリアの縛りもありませんので、自分の好きな時に自分の好きな携帯会社を利用することができるというのも下取りにはない魅力です。

一方デメリットとしては、業者選びに手間がかかるということです。スマホの買取業者は近年非常に多くなってきていて、その中にはきちんとした査定をしてくれるところとそうでないところが有ります。

いくつもの業者を調べて、比較したり、査定をしてもらったりしてより高い金額で買い取ってもらえるところを探すというのは時間も手間も非常にかかることです。キャリアを介して処分する下取りとは違い、iPhoneに入っているデータの処理や、SIMカードの処分などの手間のかかる作業も自分でやらなければならないというのもデメリットと言えるでしょう。

どちらを選ぶかを左右するポイント

ポイント
下取りに出すことも、買取に出すことも、どちらにもメリットとデメリットがあります。では、どちらを選ぶとより良いのでしょうか?

それは利用する人の状況や考え方によって違ってくるので一概にどちらが良いとは言えません。もし、同じ携帯キャリアをこれから先もしばらくは利用し続けたいと思っていて、機種変更の際の割引きや、ポイントへの還元に魅力を感じるのであれば下取りに出すことをおすすめします。

また、買取業者を探したり、いくつかの業者に査定を依頼して比較したりといった作業を面倒と思うのであれば下取りを利用しましょう。もし携帯キャリアを変更したいと考えている場合や、機種変更の割引きなどは求めておらず、現金に交換して欲しいと思う方は買取に出すことをおすすめします。利用する業者を探したり、比較したりすることが出来るという方であれば、より高い金額で買い取ってもらえる可能性がありますので買取を利用したほうがよいでしょう。

どちらを選んだとしても、不要なiPhoneを処分してお金やポイントなどに還元できるという点は同じですがその後のiPhoneの利用方法や、手間の有無などには大きな違いがありますので、自分にとってはどちらがより合っているのかをきちんと考えておく必要があります。

簡単にまとめると下記の通りです。

  メリット デメリット
キャリアに下取り ・査定の基準が緩い
・キャリアでやってくれるので手続きが簡易
・現金化できない
・そのキャリアでしか使えない
・使用期限がある為、期間を過ぎると失効してしまう
スマホ買取業者に買取 ・査定額が比較的高い
・査定が早い
・即現金化できる
・業者選びに時間がかかる(比較する場合)

 

 

まとめ

不要になってしまったiPhoneは、家に置きっぱなしにしているのではなく何かしらの形で処分して還元することをおすすめします。その方法としては買取と下取りがあります。どちらの方法にもメリット・デメリットがありますが、利用する人の状況によってよりどちらの方法があっているのかということは変わってきます。よりスムーズに処分し、より良い還元が出来る方法はどちらなのかをきちんと自分で見極める必要があります。

一緒に読んで欲しい記事
新宿でスマホの買取をしてもらいました
壊れたiPhoneも買い取ってもらえる?
iPhoneを売る際の買取店の選び方
キャリアと買取り業者 iPhoneを高く買い取ってくれるのはどっち?
iPhoneXを買取に出す時の注意点

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る