iPhoneをリサイクルして丸儲け!?

iPhoneのリサイクルでApple社ボロ儲け!!?

以前より、携帯に微量の金が使用されているのはご存知だと思いますが塵も積もれば山となります。Appleは近年環境に対する取り組みに非常に力を入れています。

3月の新製品発表会でiPhoneSE等と共に紹介された、iPhoneを自動で分解・リサイクルするロボット「Liam」は年間120万台のiPhoneを分解することができ、2016年4月時点ではカリフォルニアとオランダでそれぞれ1台ずつが稼働しています。Liamは既に運用が開始されているのですが、Apple Storeで受け付けている回収プログラムを通じて、古いApple製品を集めて分解した結果、2015年の1年間で約1トンもの金を回収したと発表しています。

い、1トンもの「金」・・・だと!!?

※ちなみに「Liam」については、下記動画をご参照ください。


AppleはApple Renewプログラムを通じて古いiPhoneや、iPad、Mac製品を回収し、リサイクル活動に取り組んでいます。Appleの報告書によると、2015年に回収した製品は合計約4000トン!!
そのうち約2800トンが再利用可能な資源だったとのこと。実に70%が再利用出来た計算になります。iPhoneSEもある意味リサイクル品なんですよね(笑)。Appleは集めた製品を分解して、約1トンの金を回収。携帯の回路基板には金がよく使われているのは、誰もが耳にした事があると思います。

理由は、金は銀よりも腐食しにくい事、銅の場合には計算処理時に電子の移動速度が遅くなることから、スマートフォンなどの通信機器の回路基板金を使用。平均すると30ミリグラムの金が含まれているとのことです。

余談ですが、金ピカのApple Watch Editionには18金が55グラムも使われているらしく非常に高額な価格になっています。
金以外にも、様々な資源が回収されております。

 
(今までApple社がリサイクルした総量)
・鋼1万2750トン

・プラスチック6090トン
・ガラス5420トン
・アルミニウム2050トン
・銅1340トン
・コバルト86トン
・亜鉛59トン
・鉛20トン
・ニッケル18トン
・銀3トン
・スズ2トン

といった様々な素材を資源として回収したそうです。

その量合計で約27839トン・金額にすると4000万ドル、つまり
約43億円分!


1トンをポンドに換算すると2204ポンドになることから、Appleの環境責任報告書の数値は、1トン単位で概数換算した数値をさらにポンドに換算した可能性があり、実際の数値からはズレが生じている可能性や、実際に1トンもの金を本当に回収しているのか?という混乱も生じているのですが、まさに塵も積もると山になることが実証されましたね。
本当にAppleってすごいなー。。。ってなる話でした。

一緒に読んでほしい記事
iPhoneの歴史(iPhone初代~iPhone6迄)
Appleの歴史

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る