15分で不安解消!抗原検査で誰にも知られずコロナ感染状況を確認しよう!

抗原検査で誰にも知られずコロナ感染状況を確認

突然ですが質問があります。

「誰にも知られずに新型コロナウイルスに感染しているかどうか知りたくないですか?」

「YES」と答えた方はこのまま最後までお読みください。きっとお役に立てるハズです。新型コロナウイルスの感染拡大は国内外問わず、社会に大きな影響を与え続けています。その中で民間での新型コロナウイルスの検査も増え、検査を受けたいと考えている方も多いと思います。

本記事を読めば15分で結果が分かる抗原検査キットの使い方と購入方法が分かります。是非最後までお読みください。

自分の感染状況を知ることはメチャ大事!

「友達と会うのが怖い」「実家に帰省できない」という方が非常に多いです。それは自分が感染しているかもしれないという「不安感」が原因です。もしあなたが「陰性」で感染していないことが判明すれば解決する事が多いと思いませんか?

残念ながら新型コロナウイルスを完全に撲滅する事は出来ません。つまり、これからも新型コロナウイルスとは共生していかなければいけません。その為に自粛だけを続けて人との繋がりを絶つことが正解だとは思えません。より多くの人が自身の感染状況を知って人と繋がり続けることが非常に大事だと考えています。

一言メモ

抗原検査の整合性は100%ではありませんので、一度の検査で心配な方は複数回検査を行えばより高い精度の検査結果を知ることができます。

「陰性」が判明した場合の3つのメリット

自分の感染状況を知るには

前述した様に自分の感染状況を知ることは大事です。次は自身が陰性だと分かった場合のメリットについて紹介していきます。もちろん陽性反応だった場合は然るべき治療を受ける必要がありますので、各都道府県が設置している電話相談窓口へご相談ください。

■陽性だった場合の連絡先
各都道府県の新型コロナウイルスに関するお知らせ・電話相談窓口

メリット① 安心感がハンパない

検査結果が「陰性」だった時に味わう「安心感」が非常に大きいです。(自分は多分大丈夫だと思う)と不安を抱えながら希望的観測を持っている人が多く、100%かかっていないと自信を持って言える人はほとんどいないです。抗原検査は90%以上の整合性があるので、検査結果が陰性だと非常に嬉しいです。

メリット② 検査前よりも安心して人と会える

自分が陰性かどうか分からない状況だと他人と会うのが怖いですよね。特に小さい子供や高齢の方と会うのは相当躊躇すると思います。しかし、もし自分が「コロナに感染している可能性が極めて低い」という事が分かったらどうでしょうか?もちろん用心するに越した事はありませんが、検査以前よりも安心して人と会えるのは間違いありません。

メリット③ 周囲の人にも勧めることで安心感を共有

陰性だった場合、自分の周囲の人に勧めたくなります。大切な家族や恋人、友人にも抗原検査を利用して安心してほしいですよね?自分の周囲の人が陰性だったら嬉しいですし、今まで通り交流を続けやすくなると思います。

また会社の従業員やお店のスタッフ等、職場でも全員が陰性だと判明すれば、感染を気にせず「働きやすい環境づくり」が出来ると思います。

抗原検査とは一体何?PCR検査との違い

抗原検査とは一体何?PCR検査との違い

PCR検査とは

PCR検査はウイルスの遺伝子を検出します。しかしそのためには採取した遺伝子を増幅させる必要があります。この増幅の過程には専門的な知識を有する臨床検査技師が必要となり、様々な試薬と「サーマルサイクラー」という専用の機械が必要となります。また結果の判定までにはある程度の時間がかかります。

抗原検査とは

抗原検査はウイルスのタンパク質を検出します。検査には15分~20分で結果がわかり、検査機器、試薬、専門的な知識を持つスタッフのすべてを必要としません。さらに言えば検査をする本人が1人で簡単に検査することができてしまいます。 デメリットとしては、検査の精度がPCR検査と比較した場合にはやや劣っている点が挙げられます。

病院で利用されている抗原検査

抗原検査は新型コロナウイルスの検査に用いるべきかどうかについては慎重に検討されていましたが、現在では有効性が広く認められ、国内でも病院、クリニック等で新型コロナウイルスの検査に抗原検査が使用されるようになりました。

PCR検査と抗原検査の違い

【PCR検査と抗原検査の違い】
PCR検査 抗原検査
目的 現在感染しているかを調べる
調べるもの ウイルスの遺伝子 ウイルスのタンパク質
整合性 高い PCR検査よりやや劣る
所要時間 数時間~数日 15分~30分

検査対象がウイルスの「遺伝子」と「タンパク質」の違い、検体の違い等がありますが。抗原検査の魅力はやはり検査結果がすぐ分かることが大きいポイントでしょう。

「抗体検査」は過去に感染したかを知る検査

抗体検査とは抗体を検出するものになります。この抗体というのはウイルスに感染した人の体内で作られるものです。そのため抗体検査で分かるのはその人が過去に感染をしていたかどうかになります。

超簡単!抗原検査キットの使い方を紹介します

抗原検査キットの使い方

抗原検査キットは唾液を用いての検査になります。唾液による検査では、一人でも難なく検体の採取が可能であり、むろん不快感や痛みも感じません。お子様やご年配の方、もちろん大人にとっても非常に使いやすい検査キットです。

抗原検査キットの2種類の検査方法を解説していきます。

検査方法1 唾液をカップに入れて検査する方法

まず1つ目の唾液をカップにためてから検査する方法を紹介します。検査前に検査キットを20度~30度の室温に戻しておきます。

唾液をカップに入れて検査する方法

検査方法2 検査キットを口にくわえて検査する方法

続いて2つ目の検査キットを口にくわえて検査する方法を紹介します。この場合にも検査前に検査キットは20度~30度の室温に戻しておきます。

検査キットを口にくわえて検査する方法

検査結果の確認方法

ここからは検査結果の正しい読み取り方について解説していきます。検査結果は、陽性、陰性、無効(検査失敗)の3つに分かれます。その際に判別の読み取りに使うのは、精度管理領域と呼ばれるC線(コントロールライン)と測定領域と呼ばれるT線(テストライン)の2つです。

検査結果の確認方法 【検査結果の判別方法】
陽性 C線とT線のそれぞれに黒い帯が現れる
陰性 C線のみに黒い帯が1本現れる
無効 C線に黒い帯が現れない
注意ポイント

T線に現れる色の濃さは様々ですが、わずかでも黒い線があれば陽性とみなすので注意しましょう。

新型コロナウイルス抗原検査キットの購入方法を紹介

ここまで紹介してきましたが、新型コロナウイルス抗原検査キットの購入方法について紹介します。購入方法は「お近くの販売店で購入する方法」と「販売サイトから購入する方法」の2種類あります。

インターネットで購入する

当サイトは案内ページとなっており、販売は下記サイトよりお願いいたします。

お近くの販売店で購入する

現在、抗原検査キットを販売協力してくれる「販売店」を募集しております。

修理店様はiPhone修理×新型コロナ抗原検査で売上アップする方法を是非ご覧下さい。

大切な人のためにも自分で定期的にチェックしよう

大切な人のためにも自分で定期的にチェックしよう

新型コロナウイルスの場合無症状の感染者が感染を拡大の一因となっています。また検査をすれば必ず感染をしていないということにならないのも注意が必要です。しかし裏を返せば、国内の感染状況の推移をみるとやはり個人個人の感染対策の頑張りが、感染拡大の防止に直結しているのは純然たる事実です。

依然として、国内外での厳しい状況が続いていますが、自分のために、身の回りの大切な人を守るためにも、正しい感染防止対策を心掛けましょう。

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る