iPhone修理 豊田・長久手エリアの優良修理店舗一覧

豊田・長久手のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

豊田・長久手のiPhone修理店

Dapple 豊田店

営業時間 10:00~20:00
定休日 火曜日
住所 〒471-0805 愛知県豊田市美里1-10-9
最寄駅 豊田市駅より車で11分

アットフォン豊田店

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒473-0902 愛知県豊田市大林町12丁目10-1
最寄駅 末野原駅より徒歩10分

あいくる MEGAドン・キホーテ豊田本店

営業時間 13:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒471-0864 愛知県豊田市広路町3-18 MEGAドン・キホーテ豊田本店内
最寄駅 名鉄三河線 上挙母駅 徒歩13分

あいさぽ 長久手店

営業時間 10:00~21:00
定休日 不定休
住所 〒480-1124 愛知県長久手市戸田谷901番地1 2F
最寄駅 杁ヶ池公園駅と直結

カバーガレージ長久手

営業時間 10:00~22:00
定休日 無休
住所 〒481-0011 愛知県長久手市香桶101番地
最寄駅 長久手古戦場駅より徒歩12分

iPhone桜工房

営業時間 13:00~22:00
定休日 木曜日
住所 〒471-0828 愛知県豊田市前山町3-2-3 2F
最寄駅 三河豊田駅より車で7分

COCOイオンモール長久手店

営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
住所 〒480-1100 愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内5‐10-11街区 イオンモール長久手2階2051区画
最寄駅 長久手古戦場駅より徒歩4分

iPhone修理の前に「豊田・長久手」の紹介

豊田市(とよたし)は愛知県の北部に位置するエリアです。トヨタ自動車の本社があり、企業城下町として発展しており、愛知県の中でも名古屋市に次いで2番目に人口が多いエリアとなっています。そのためiPhone修理店も複数出店しているようです。

トヨタ自動車の工場が完成した後は日本における自動車産業の中心地として製造業が急発達し、現在では製造品の出荷額が日本一となっています。

在住者が多いこともあり、イオン豊田ショッピングセンターやアピタ豊田元町店、コモ・スクエア、MEGAドン・キホーテ、イオン高橋店、VITS豊田タウンといった商業施設も多くあります。アイフォンのガラス割れなら30分、バッテリー交換なら10分ほどかかるので、修理業者に端末を預けて、ショッピングが終わったらiPhoneを引き取るということも検討すると良いかもしれません。

市内には愛知工業大学や愛知学泉大学、日本赤十字豊田看護大学、中京大学、桜花学園大学といった大学があり、学生も多く住んでいたり、市外から通学していたりします。iPhone修理店には学割が使える店舗もあるので、学生は利用できる店舗を探してみてはいかがでしょうか。

市内にある豊田スタジアムは、地元チームである名古屋グランパスエイトの本拠地として使用されており、試合がある日には多くのサポーターが訪れます。また、トヨタ会館や野見山展望台、さなげアドベンチャーフィールドといった娯楽施設もあるので、休日には市内で遊べるところも多くあります。

トヨタの企業城下町として発展した経緯からか自家用車比率が高く、バス路線の廃止やJR路線の駅が無いという特徴があります。市の中心となる駅としては豊田市駅と新豊田駅があります。豊田市駅には猿投方面と知立方面へそれぞれ向かう三河線と赤池、伏見、上小田井、犬山線方面へ向かう豊田線が乗り入れています。

豊田市駅周辺には豊田市役所や豊田市中央図書館、能楽堂、コンサートホールの入る参合館、豊田市美術館、豊田スタジアムがあり、多くに人が訪れやすいエリアとなっています。

新豊田駅は豊田市駅からほど近い位置にあり、三河豊田・岡崎方面と八草・高蔵寺・名古屋方面へ向かう愛知環状鉄道線が乗り入れています。松坂屋豊田店などの商業施設もあり、先述のような行政施設も多く人が集まりやすい場所といえます。この近辺で修理ができるようであれば、買い物やコンサートイベントなどの間に修理をしてもらい、用事が終わったら直ったiPhoneを引き取りに行くのも良いでしょう。

長久手市(ながくてし)は愛知県北西部にある市で、豊田市に隣接しているとともに、名古屋市や日進市、尾張旭市、瀬戸市とも隣接いています。名古屋市・豊田市と愛知有数の工業・商業エリアに接しているため、それらのエリアへの通勤者も多くいます。また、2005年に開催された「愛・地球博」の会場であったエリアとしても有名です。会場は今は「愛・地球博記念公園」として一般公開されています。

名古屋のベッドタウンとしての発展が続き人口が増加傾向であるため、これから住民を対象としたiPhone修理店の増加が予想されます。

市内には愛・地球博の際にリニアモーターカーの一種であるリニモを利用した愛知高速交通が開業しています。中心的な駅である長久手古戦場駅周辺にはその名の通り、古戦場跡があり、長久手古戦場公園内には郷土資料館もあり、かつての様子を学ぶことができるようです。また、血の池公園という物騒な名前の公園があります。近くにはイオンモール長久手とヴィレッジヴァンガード・イーストもあり、ショッピングも楽しめます。また、愛知学院大学もあるため学生さんもいるエリアです。

市内には愛知県立大学や愛知県立芸術大学、愛知淑徳大学、愛知医科大学といった学校もあり、学生祭が多い地域といえるでしょう。学生さん向けにiPhone修理を安くできる学割システムがある修理店もあるので、安く修理したい学生さんは利用できる店舗を探してみるのも良いかもしれません。

豊田市は、愛知県中央部にあって、県下では最も広大な面積を有しており、北部では岐阜県と長野県の南端に隣接しています。また、名古屋市以外では、愛知県はもとより中京エリアを代表するほどに知名度が高い都市といっても過言ではないでしょう。即ち、歴史上で著名な発明家・豊田佐吉(とよださきち)が「自動織機(じどうしょっき)」を発明し、愛知県刈谷市で操業を開始した「(株)豊田自動織機」を源流とする、今や高級車ブランド「レクサス」でも世界に名高い、「トヨタ自動車(株)」のお膝元としても一般に広く知られています。このような背景からも豊田市は、国内有数の企業城下町として発展を続けています。

豊田市は、古来の歴史もあり、江戸時代の挙母藩(ころもはん)からの流れにあった「挙母市(ころもし)」として当初の市制が誕生しましたが、市名が正しく読みにくい点や、市を代表する自動車産業が軌道に乗り始めた点などが論議された末、1959年には「豊田市」に名前が変更された経緯があります。また、現在の市域は、愛知県全体でのおよそ20%を占める広大なもので、2005年の市町村合併を基準にして豊田、藤岡、小原、下山、足助、旭、稲武の7地区に分かれており、市域の矢作川(やはぎがわ)東岸の中部から北東部にかけては山が多く、南西部は三河平野の一部に連なって平坦な土地のエリアになっています。

豊田市中心街は、市内南西部で矢作川(やはぎがわ)西岸地域の名古屋鉄道(名鉄)・三河線・豊田駅および愛知環状鉄道線・新豊田駅周辺のエリアです。この点、市内の矢作川西岸地域には、トヨタ自動車(株)関連の工場や施設、協力企業などが多数点在する地域でもあり、市内中央西部の保見ヶ丘(ほみがおか)にある大型団地の保見団地(ほみだんち)には、工場労働での出稼ぎを目的とした外国人労働者(主に、ブラジル国籍など)が多数暮らしています。

公共交通網の面では、市内の南西部から北西部にかけては高速道路網が整備されています。この点、東名高速道路が伊勢湾岸自動車道と<豊田ジャンクション>で交差していおり、伊勢湾岸自動車道から延伸された新東名高速道路からは<豊田東ジャンクション>で分岐し、市内西部を岐阜県多治見市方面に向けて東海環状自動車道が縦断しています。

一方、鉄道網では、名古屋市内からの直接アクセスを可能にすべく、名古屋市営地下鉄・鶴舞線の終点となる赤池(あかいけ)駅と接続する形で名古屋鉄道(名鉄)・豊田線が、前述の中心市街地にある三河線・豊田駅まで乗り入れています。
また、愛知環状鉄道線は、前述の愛知県岡崎市から春日井市内の間を結んで市内西部を縦断していますが、元々は旧国鉄の岡多線(おかたせん)が走る路線でした。

従って、現在では人口も40万人超を数える都市でありながらJR路線の敷設がない国内でも稀な都市となっています。他方、市内西部に隣接する長久手市(ながくてし)方面から愛知環状鉄道線・八草駅(やくさえき)までの間は、かつての愛・地球博会場へのアクセスでも活躍した愛知高速交通の通称「リニモ」が、名古屋市営地下鉄・東山線の藤ヶ丘駅との間で運行されています。

観光面では、市内北東端の稲武地区にある天竜奥三河国定公園内の指定保護地区でもある「面ノ木原生林(めんのきげんせいりん)」(樹齢約300年のブナ林)や、一般財団法人水源地環境センターが認定する「ダム湖百選」にも選ばれる小原地区の「三河湖」。
市内北端の小原地区にある和紙工芸を広くPRする目的で開館した「豊田市和紙のふるさと」および樹齢約100年以上とも云われて愛知県の天然記念物にも指定され、1年に春と秋の2度も花を咲かせる「四季桜(しきざくら)」などがあります。
また、所謂、古都保存法に基づいて発足した「美しい日本の歴史的風土100選実行委員会」が選定した「伊那街道の宿場町」、足助(あすけ)エリアにある「足助の町並み」や愛知高原国定公園の一角の渓谷「香嵐渓(こうらんけい)」などもあります。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る