iPhoneの契約は直営店?代理店?

iPhone検索

前回はバッテリー消費が早くなってしまったiPhoneをどこで交換してもらうべきかを取り上げましたが、中には交換をせずに新モデルの登場や更新月などのタイミングで機種変更を行う人も居るのではないでしょうか。
契約方法の選択肢も様々ありますが、今回は大手キャリアでiPhoneを契約する場合を確認してみましょう。

直営店と代理店

大手キャリアは全国にショップを構えていますが、キャリア自身が運営している直営店舗はほとんど存在しません。
最大手のドコモショップは旗艦店として関東では「ドコモショップ丸の内店」、関西では「ドコモショップグランフロント大阪店」が存在しますが、どちらも直営店ではありません。auは「au SHINJUKU」を始め全国に十数店舗、SoftBankは「ソフトバンク表参道」や「ソフトバンク銀座」などいくつかの直営店が存在しますが大半が代理店になっています。

そして、代理店は以下の3種類に分かれています。

■量販店
大型家電量販店内に設置されている店舗が量販店になります。
その中でも「エディオン」「ケーズデンキ」「ヤマダ電機」などは家電系量販店、「イオンモール」などの大型ショッピングモールは流通系量販店になります。
「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」のような電気屋さんは業界ではカメラ量販店に部類されます。

■専売店
「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のようなキャリアショップが専売店になります。
直営店として認識している人が多くいますが、ほとんどが代理店です。

■併売店
商店街など街にあるケータイショップが併売店になります。
複数のキャリアが揃っているのが特徴的ですが、店舗によって入っているキャリアや対応してもらえる内容も異なります。

量販店と専売店の違いは

量販店と専売店は同じ大手キャリアの契約でも対応してもらえる内容が異なります。

量販店 専売店
新規契約 新規契約
機種変更 機種変更
他社乗り換え 他社乗り換え
ネット回線契約 ネット回線契約
故障・修理対応
料金支払い
プラン変更
携帯電話回収
携帯電話リサイクル
機種解約


量販店は販売がメインなのでプラン変更や解約業務の対応はしてもらえませんが、専売店は契約から解約まで一通りの業務の対応をしてもらえます。

量販店のメリット・デメリット

機種変更 量販店

■メリット
・ポイント還元
端末の契約時にポイントやキャッシュバックなど様々ですが、還元してくれる店舗がほとんどです。

・独自キャンペーン
店舗や時期によってキャンペーン内容は異なりますが、期間中はお得に契約できる場合があります。

・全キャリア認識
家電量販店などキャリアが揃っている店舗も多く、全キャリアのプランを認識している店員さんもいます。なので、乗り換えるとこれまでよりも安いなど専売店とは異なった視点で教えてくれる店員さんもいます。

・機種在庫
iPhoneの人気モデルなどたくさんの在庫を抱えている店舗も多くあるので、人気色も手に入りやすくなっています。

・在庫処分
在庫を多く抱えた余っている端末を処分する時に安価で販売をしている場合があります。

■デメリット
・オプション加入
一ヶ月無料のオプション加入が強制されます。その為、自分でオプションの解約をする必要があります。

・プラン内容
初月は5GB以上のプランを契約しなくてはならないことが多く、2GBプランにするには自分で電話やインターネットを使ってのプラン変更やキャリアに足を運んで変更してもらわなくてはなりません。

・契約時間
量販店は手続きが外部になってしまうので書類のやり取りなどの時間が掛かってしまいます。比較的空いている平日でも1時間は見ておくようにしましょう。

・同時購入の勧誘
iPadなどのタブレット端末やインターネット回線の同時契約を勧誘してくる店舗が多く、ケースやフィルムなどアクセサリの購入を勧められる場合もあります。

この他にも、契約前に必要なバックアップや電話帳の移行などキャリアショップでは無料で対応してもらえる業務も有料になってしまうことがあります。

専売店のメリット・デメリット

■メリット
・料金プラン
初月からプランの縛りがないので、自分に合っている料金プランを詳しく説明してくれる店員さんが多くいます。

・オプション加入
量販店では強制されてしまうオプション加入もキャリアショップでは強制ではありません。

・在庫処分
多くの在庫を抱えて余っている端末は処分のタイミングで安く契約することができる場合があります。

■デメリット
・待ち時間
契約から解約まで多くの業務を対応してくれるので、そのぶん混雑していることが多いです。
事前に来店予約も可能ですが、飛び込みで入る場合には数時間見ておく必要があります。

・頭金
一括で支払わない場合にも契約時掛かってしまうのが頭金です。

・同時購入の勧誘
量販店と同様にiPhoneを契約すると、iPadなどのタブレット端末やインターネット回線、モバイルバッテリーなどのiPhoneアクセサリの同時契約の勧誘を行う店舗が多くあります。

直営店のオンラインショップ

オンライン

どこの代理店もメリットがあれば、デメリットもあります。ですが、これらのデメリットである待ち時間・頭金や手数料・オプション強制加入などは、直営店のオンラインショップだと掛かりません。
受け取りも自宅と近くのショップから選択することができるので、操作方法を確認したい場合にはショップ受け取りにして店員さんに教えてもらうことも可能です。

ですが、対面で契約できないのでプランなど自分で選択する必要があるのがデメリットです。そしてメリットが多いことから人気モデルの在庫が無い場合は入荷を待つ必要があります。

まとめ

直営店にも代理店にもそれぞれの強みがあります。個人的には量販店や専売店などの代理店よりも直営店のオンラインショップで機種変更を行うほうが何かとお得です。
対面で説明して機種変更したい場合には近くの優良店を事前に調べてみるのも良いかと思います。

機種変更前のバックアップ方法
【iCloud】バックアップから復元する方法
【iTunes】バックアップデータを復元する方法
iPhoneのバックアップをiTunesやiCloudを使わずに出来るUSBメモリとは!?

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る