iPhone修理 横浜 エリアの優良修理店舗一覧

横浜のiPhone店舗一覧を掲載しています。修理依頼を検討している店舗ページをクリックして詳細を見ましょう。iPhone大学では評判の良い修理店舗情報だけを掲載できるよう努めています。もし修理店のご感想を頂けるのであれば問い合わせフォームからお知らせください。

<オススメ修理店特集ページはコチラ>

横浜 のiPhone修理店

iPhone修理工房 マルイシティ横浜店

営業時間通常10:30~20:30/当面の間10:30~20:00 マルイシティに準ずる
定休日不定休
住所〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 マルイシティ横浜 6F
最寄駅JR横浜駅東口 徒歩3分

iPhone修理救急便 横浜西口店

営業時間10:00~22:00
定休日年中無休(休館日、夏季、年末年始を除く)
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 新相鉄ビル1F
最寄駅横浜駅みなみ西口より徒歩30秒

iPhone修理工房 横浜ビブレ店

営業時間11:00〜21:00
定休日不定休 館の休館日に準ずる
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-15-13横浜ビブレ4F
最寄駅JR横浜駅西口から徒歩2分

アイサポ 長津田店

営業時間10:00~19:00
定休日なし
住所〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台4-6-1 スーパービバホーム長津田店2階 WAKABA店内
最寄駅●長津田駅南口から若葉台中央行『公園前』下車徒歩5分
●青葉台駅から若葉台中央行、旭中央病院行『霧ケ谷』下車
●無料駐車場完備

スマホスピタル 横浜駅前店

営業時間10:00~21:00
定休日定休日なし
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目10−17 須賀ビル3A号室
最寄駅JR横浜駅西口より徒歩5分

携帯おまかせクン 東神奈川横浜店

営業時間10:00~19:00
定休日なし
住所〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-6-1 サクラピアビル3F
最寄駅東神奈川駅から徒歩1分

iCracked Store 上大岡

営業時間10:00~21:00 《最終受付は20:00まで》
定休日年中無休(年末年始一部を除く)
住所〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-18-5 ミオカ3F
最寄駅横浜市営地下鉄、京急線上大岡駅7番出口から 徒歩1分 ミオカ3F TOHOシネマズ横

スマップル横浜西口店

営業時間10:00~21:00
定休日不定休
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2丁目16-1(ダイエー横浜西口店前)
最寄駅横浜駅西口より徒歩3分

リペア本舗横浜店

営業時間11:00~20:00
定休日水曜定休
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークみきビル804号
最寄駅JR・私鉄各線横浜駅西口から徒歩5分

モバイアス 横浜店

営業時間11:00-20:00
定休日不定休
住所〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目1-8 エキニア横浜 4F
最寄駅横浜駅徒歩1分

Quick 横浜西口店

営業時間11:00~20:00
定休日年中無休
住所〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-9-9 アネックス横浜506号室
最寄駅横浜駅西口より徒歩5分

iPhone修理救急便 横浜ベイクォーター店

営業時間11:00~20:00
定休日無し(休館日、夏季、年末年始を除く)
住所〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター4F
最寄駅横浜駅みなみ西口より徒歩30秒

iPhone修理の前に「横浜 」のご紹介

横浜駅を中心に、近隣の反町駅や東神奈川駅も含むエリアです。

駅名にもなっている横浜は、神奈川県東部の東京湾沿岸にある県庁所在地であって国際港湾都市です。市内には18の行政区を持ち、国内有数の大都市でもある大阪市や名古屋市などの人口を遥かに上回るほか、人口196万人弱(2016年11月現在)を抱える北海道札幌市のおよそ2倍にも相当する373万人余り(2016年11月現在)の人口を擁した首都圏にある国内随一の「マンモス都市」です。また、2015年に「マイナビウーマン」が実施した働く女性に対する自動車のナンバープレート地名のランキング(「女子が思う、かっこいい車ナンバーの地名」アンケート)では、東京の「品川」に次いで堂々2位(以下、「世田谷」、「湘南」、「神戸」、「富士山」の順)の人気を誇り、圧倒的にオシャレで洗練された都会のイメージが先行する街でもあります。

横浜は、兼ねてより楽曲のタイトルや歌詞に登場することが多い街である他、小説、映画、漫画やアニメーション作品に至るまで様々な芸術、著作の舞台や題材になることも多い街です。最近では、かつての著名な文豪の名を登場人物に与えた漫画・アニメーション作品「文豪ストレイドッグス」が横浜の街を舞台にしたストーリー展開で人気を博しており、横浜市交通局や横浜名物のシュウマイで知られる企業「崎陽軒(きようけん)」などとコラボレーションしたイベントなども展開されています(2016年10月現在)。

横浜は、かつて東海道の沿道にあって漁業や海運などで栄えていた神奈川湊(かながわみなと。現在の横浜市神奈川区エリア)の対岸にあった特に栄えているわけでもない寒村の横浜村(現在の横浜市中区関内エリア)が、いわゆる「ペリー来航」による国際港開港地として江戸幕府が指定し、1859年7月(安政6年6月)に開港されたことから急速な発展の歴史が始まっています。これは、既に栄えていた神奈川湊への異国人達による進出・侵害を避け、外国人居留地を少しでも遠ざけておきたいがため、「日米修好通商条約」には「神奈川」を開港するよう定めてあったものを江戸幕府側は「神奈川に横浜在り」などと欺いて横浜港を開港したというものです。因みに、1872年(明治5年)、東京・新橋駅と横浜駅(現在のJR根岸線・桜木町駅)との間に、福沢諭吉によって名付けられたとされる「陸蒸気(おかじょうき)」と呼ばれた蒸気機関車が牽引する列車(当時のイギリスから輸入)が往来する鉄道路線が敷設されたのが国内鉄道史の始まりとされており、ほんの数年前まで鎖国していた国が僅かな期間で達成した偉業さながらの事実が、その後の急速な国内鉄道網発展と共にあった日本近代化のさきがけとなっていたことは云うまでもありません。

横浜は、1923年(大正12年)9月に発生した「関東大震災」で壊滅的な被害を受け、港湾機能や対外的な交易機能がマヒ状態にありましたが、当時としては急速な復興を遂げて昭和初期頃(第二次世界大戦以前)には市域の拡張も行われ、横浜港が太平洋航路の拠点となって豪華客船の就航も相次ぐ結果、輸出入を含めた国際港としてより栄えたのみならず、東京湾内で主幹となる工業地域を抱える工業港としても発展してゆきました。しかし、その後の第二次世界大戦時では、市街地の大半が壊滅的に焼き尽くされ、戦後、所謂、「GHQ」による港湾施設や市外要所の接収の影響で復興が大幅に遅れていたものの、1950年(昭和25年)に制定された「横浜国際港都建設法」による復興への取り組みが本格化した上、翌1951年(昭和26年)に「対日講和条約」が締結されてアメリカ合衆国を中心とした連合国占領体勢が解除され、接収されていた施設の接収解除(返還)に向けた動きも活発化して今日の市街地や港湾地区の発展に至っています。

横浜駅は神奈川県の交通の起点ともなっており、主な観光スポットとなる山下公園や横浜中華街、みなとみらい21などのエリアに行くにも便利です。また、横浜駅はJR東日本が東海道線、横須賀線、京浜東北線・根岸線、横浜線の4路線を乗り入れています。そして京浜急行本線、東急東横線、相模鉄道が本線といずみ野線の2路線、横浜市江地下鉄ブルーライン、横浜高速鉄道みなとみらい線の5社が乗り入れているため、合計6社10路線となっており、これは1つの駅に乗り入れる事業者数としては日本一となっています。ちなみに現在の横浜駅は3代目であり、一番初めは現在の桜木町駅となり、2代目は現在の高島町駅付近にあったそうですが廃止され、現在の住所に移ったようです。駅の構内や周辺で様々な工事が行われており、1915年の開業時から工事が終わっていないため、「日本のサグラダ・ファミリア」と呼ぶ人もいます。

横浜駅周辺には横浜ポルタやそごう横浜店、横浜スカイビル、高島屋などの商業施設が多くあるため、休日には非常に多くのショッピング客が訪れます。飲食店も多く、ランチやディナーで訪れる人も多く、近隣大学の学生と思われる人たちが飲み会をしている姿もよく見られます。岡村製作所や相鉄ホールディングスなどの企業も多く、平日はビジネスマンの姿も多い地域です。そのため、休日と平日で行きかう人々の層が変わってくる街とも言えます。岩谷学園テクノビジネス専門学校や横浜歯科医療専門学校といった専門学校や、河合塾や代々木ゼミナール、大宮予備校といった予備校も多いため、学生が非常に多く集まります。また、バスや電車の利用で神奈川県の主要大学へのアクセスも良いため、方々の大学生も多く集うエリアです。住民向けというよりも、平日は近隣オフィスから、休日は遊びに来た人たちからのiPhone修理依頼が多いエリアと考えられます。一時的に立ち寄っている人が多いため、再修理にならないように、丁寧に修理してくれる修理業者を選定することが大切です。

反町は東急東横線沿線にある駅で、横浜駅の隣の駅でありながら住宅街にある駅です。利用者の多くは近隣住民か、横浜駅よりも反町駅が勤務地に近い通勤者となっています。徒歩圏内には京浜東北線神奈川駅やJR東神奈川駅、京急本線仲木戸駅、横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町駅があります。神奈川区役所が近いため、区民も定期的に訪れるエリアと言えるでしょう。また、大原学園横浜校は反町駅が最寄り駅となるため、通学する学生さんも多くいます。

横浜エリアにある主要な駅の一つに東神奈川駅があります。JR京浜東北線と横浜線が乗り入れており、横浜線の始発駅ともなっています。また、京急本線の仲木戸駅と乗り換えができます。駅周辺にはCIAL PLATやかなっくホールといった施設があり、神奈川区総合庁舎や神奈川図書館、神奈川簡易裁判所といった官公庁施設も多くあます。イオンやマルエツといった商店もあるため、近隣住民も多く利用しています。神奈川県立神奈川総合高等学校、神奈川工業高等学校や神奈川大学の横浜キャンパスもあるため、学生さんの集まる街でもあります。

横浜駅近辺には商業施設や企業が多く、iPhone修理店については優良店であることはもちろん、修理時間が早いところを探して依頼する方が良いでしょう。業務用のiPad修理は即日で行える店舗は限られているため、そちらも修理時間の確認をとっておいた方が良いでしょう。学生さんが多いエリアなので、学割を行っている店舗もあります。優良店かつ学割適用でお得に修理できる場所を探すのが良いでしょう。

iPhone大学で店舗情報をもっと充実させませんか?なんと掲載費用は無料です!詳細はこちら
PRエリア(有料掲載枠)をご希望の方はコチラをクリックして下さい


ページ上部へ戻る