iPhoneユーザーにとってApple Watchが最適なスマートウォッチである理由

Apple Watchが最適なスマートウォッチ

IoTのテクノロジーが発展し、スマートフォンやタブレット端末以外にもさまざまなモノがインターネットに接続できるようになりました。なかでも多くのユーザーに活用されているのが、インターネット接続機能を備えた腕時計であるスマートウォッチ。Appleが提供している「Apple Watch」はスマートウォッチのなかでも圧倒的な人気を誇り、特にiPhoneユーザーからの支持は絶大です。

そこで今回は、なぜiPhoneユーザーにとってApple Watchが高い人気を集めているのか、いくつかのポイントをもとに詳しく解説していきます。

統一されたデザインや質感の高さ

統一されたデザインや質感の高さ

Apple Watchは他のApple製品と同じように、高い質感デザイン性が大きな魅力として挙げられます。ガラスで覆われた高級感のある本体は、まさに超小型のiPhoneといった風貌。ハイブランドの高級腕時計をも彷彿とさせ、近未来の腕時計のような、これまでにない革新的な見た目の製品です。

また、ディスプレイに表示されるアイコンやタッチ操作をした際の感覚も、普段使い慣れたiPhoneに極めて近く、違和感なく操作できるのも大きなポイントといえます。

キャッシュレス決済の連携

キャッシュレス決済の連携

iPhoneにモバイルSuicaやクレジットカードなどを登録しキャッシュレス決済として利用している方も多いのではないでしょうか。しかし、たとえば駅の改札を通るときやコンビニのレジで会計をする際など、スマートフォンをポケットやバッグから取り出す手間がかかってしまいます。

万が一スマートフォンを自宅に忘れたり、クルマの中に置きっぱなしになっているとわざわざiPhoneを取ってこなくてはなりませんが、Apple Watchにあらかじめキャッシュレス決済の情報が登録されていればiPhoneが手元になくても即決済が可能です。

ちなみに、Apple WatchにはGPSモデルとGPS+セルラーモデルがありますが、GPSモデルであってもオフラインの状態でキャッシュレス決済を行うことは可能です。

iPhone(Apple Watch)を探せる

iPhone(Apple Watch)を探せる

万が一iPhoneを紛失したとき、iCloudのアカウント情報をパソコンなどから入力することにより、iPhoneの場所を探したりデータを遠隔消去したりすることも可能です。しかし、たとえば自宅や職場のなかでiPhoneを紛失した場合、「iPhoneを探す」の機能を立ち上げても自宅のなかのどこにあるのかまでは分かりません。

自分自身の電話番号にかけて呼び出す方法もありますが、固定電話や他に携帯電話をもっていない場合は難しいもの。このような場合、Apple Watchを持っていれば近くにある自分のiPhoneを呼び出すことができ、iPhoneからソナー音を発出しておおよその場所を特定することができます。

iPhoneとApple WatchはBluetoothで接続されているため、あまりにも離れすぎている場所にいるとApple Watch上に「接続されていません」の表示が出るようになっています。

さらに、Apple Watchを紛失した際にもiPhone上から探すことができます。iPhoneまたはパソコンなどの端末からiCloudへサインインし、「iPhoneを探す」と同じ手順で実行するとマップ上にApple Watchの位置情報が表示されます。

または、Watchアプリを起動し自分のデバイスを選択し、画面右側に表示される「i」をタップすると「Apple Watchを探す」という項目が出てきます。これをタップすると現在地がマップ上に表示されるのですが、もし自宅の中で紛失した場合は「サウンドを再生」をタップするとiPhoneと同じようにソナー音を発出させることもできます。

Apple Watchでのハンズフリー通話

Apple Watchでのハンズフリー通話

iPhoneユーザーがApple Watchを選択する理由としてもっとも多いのが、このハンズフリー通話ではないでしょうか。GPS+セルラーモデルのApple Watchを購入すれば、近くにiPhoneがなくてもApple Watch単体で電話を受けることが可能です。万が一iPhoneを自宅や職場に忘れて連絡手段がない場合でも、Apple Watchから連絡をとることもできるため安心ではないでしょうか。

ただし、iPhoneで使用している電話番号をApple Watchでも共用して使用する場合は、各通信キャリアで提供しているオプションサービスに加入する必要があります。ドコモの場合は「ワンナンバーサービス」、auの場合は「ナンバーシェア」、ソフトバンクの場合は「Apple Watchモバイル通信サービス」という名称で提供されており、ドコモが月額500円、auとソフトバンクが月額350円となっています。

また、GPSモデルであっても他のスマートウォッチと同じようにハンズフリー通話を利用することも可能。たとえばクルマの運転中や子どもを抱えているときなど、手を離せないときであっても簡単に通話ができます。Bluetooth対応のヘッドセットを購入する必要もなく、手軽に通話ができるのもApple Watchのメリットです。

写真撮影時のリモートシャッター機能

リモートシャッター機能

iPhoneをつかって集合写真を撮影するときなど、撮影する人がiPhoneをもってシャッターを押さなければなりません。離れた場所にiPhone本体を置いてセルフタイマーを設定することもできますが、どのような画角で映っているのかを目で見て判断することは難しいもの。

しかしこのような場合でも、Apple WatchとiPhoneを連携しておけばApple Watchからシャッターを押すことができます。また、Apple Watchには被写体がどのように収まっているのかをリアルタイムで確認することもできるため、ベストなタイミングでシャッターをきることができるのです。

ちなみに、Apple Watchを見ているときは目線が下がってしまうため、カメラとの目線を合わせるために3秒程度のタイマーを設定することもできます。通常の自撮りでは難しいような、全身が映った写真をセルフで撮影する際にもおすすめの機能です。

経路案内時の通知

経路案内時の通知

iPhoneのマップアプリをカーナビ代わりとして活用している方も多いのではないでしょうか。通常のカーナビと異なり、新しい道や店舗、施設なども即座に反映されるため地図を更新するコストもかかりません。しかし、運転中にiPhoneの小さな画面を見続けることは危険であり、「ながら運転」として処罰される可能性もあります。

そのようなときにおすすめしたいのが、Apple WatchとiPhoneを連携させてルート案内を行う方法。目的地をiPhoneでセットしルート案内を開始すると、Apple Watch上にも情報が表示され、次に曲がるところや距離、時間までも案内してくれます。運転中に曲がるタイミングは音やバイブレーションで知らせてくれるため、わざわざ画面を見る必要もありません。

まさに腕時計型のカーナビで、クルマだけではなく自転車や徒歩での移動にも重宝するのではないでしょうか。ちなみに、Apple純正のマップアプリだけではなく、Google Mapアプリにも対応しているため、使い慣れたマップアプリをそのまま利用できます。

iPhoneユーザーならApple Watch一択

Apple Watchは数あるスマートウォッチのなかでも高額で、なかなか手が出せないと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、今回紹介してきたようにiPhoneユーザーにとっては便利な機能が多く搭載されており、まさにiPhoneユーザーのためのスマートウォッチといっても過言ではありません。

Apple Watchにはまだまだ他にも多くの機能が搭載されているため、自分にとって便利な使い方を試してみてください。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る