docomoの話題の新料金プラン「ahamo」とは?iPhoneユーザーは本当に安くなる?

docomoの話題の新料金プラン「ahamo」とは?

2020年12月3日、NTTドコモは新たな料金プラン「ahamo」を発表しました。従来、データ通信容量が少ないライトユーザーは格安スマホ(MVNO)、反対にヘビーユーザーは大手通信キャリアといった棲み分けができていましたが、最大のボリュームゾーンであるミドルユーザーにとっては最適な選択肢が少なく、データ通信を節約してMVNOを利用するか、高い料金を支払って大手キャリアと契約するかの2択を迫られていました。

しかし、ahamoが登場したことにより、最大のボリュームゾーンであるミドルユーザー層への訴求につながると期待されます。そこで今回の記事では、ahamoの概要を紹介するとともに、契約上の注意点も含めて詳しく解説します。

「ahamo」の概要

「ahamo」の概要

まずは今回発表された「ahamo」とはどのような料金プランなのか、基本的な概要から紹介します。

そもそも「ahamo」とは?

ahamoとは、NTTドコモが新たに発表した料金プランの名称です。
「アハモーメント」(未知の物事を瞬時に理解すること)、「Aha」(「なるほど」という相づち)、「アハ」(楽しい時にアハハと笑う)の3つが名称の由来とされ、2021年3月から提供を開始する予定としています。

これまでの複雑な料金プランとは一線を画し、MVNOのようなシンプルさを追求。加えて、Web契約に限定することでコストを最大限に抑え、新規事務手数料や機種変更手数料も不要としました。

ahamoの料金体系

ahamoの料金体系は以下の通りです。

月額料金 2,980円(税別)
利用可能データ容量 20GB/月
データ容量超過後の通信速度 最大1Mbps
音声通話 5分/回以内の国内通話無料
対応ネットワーク 4G/5G

上記の通り、条件やユーザーの属性に応じて複数の料金プランや割引が用意されているわけではなく、全てのユーザーが平等に統一された料金となっているため、極めてシンプルなプランといえるでしょう。
また、2年契約による更新や最低利用期間なども設けられておらず、解約金も発生しないため、好きなタイミングで解約や他社への乗り換えも可能となっています。

ahamoの対象機種

2020年12月現在、ahamoに対応した端末は公表されておらず、今後ホームページなどで対象機種が発表になる見込みです。

ahamoを契約する上での注意点

ahamoを契約する上での注意点

ahamoは分かりやすい料金体系だけに、すぐにでも契約したいと考える方は多いのではないでしょうか。しかし、契約に踏み切る前にいくつか注意しておきたいポイントがあります。細かい点を確認せず契約し、後で「こんなはずではなかった」とならないように押さえるべきポイントはしっかりと押さえておきましょう。

iPhoneの対応可否は未定

前述した通り、2020年12月時点でahamoの対象機種については決まっていません。そのため、iPhoneが対象機種に含まれるのか否かは不透明な状況です。
しかし、大手キャリアはもちろんですが、最近ではMVNOのほとんどがiPhoneに対応するようになってきているため、ahamoでもiPhoneが利用できる可能性はあるでしょう。ただし、あくまでも公式には発表されていないため、2021年3月のサービス開始まで続報を待ってからプラン変更や乗り換えを検討することをおすすめします。

申込手続はWeb上のみ

ahamoは月額料金を大幅に低廉化した魅力的なプランですが、これはショップへ来店することなくWeb上で手続きを完結することが大前提となっているため実現できたプランです。ショップでは新規契約や機種変更の手続き自体は可能ですが、ahamoの料金プランを選択することはできません。ahamoに関する質問やサポートも一切対応できないため、自分に合ったプランであるかを調べて申込手続も一人で行う必要があります。
ちなみに、ショップと同様ドコモインフォメーションセンターでの相談や手続きも対応しないため、十分注意が必要です。

20歳以上の契約者のみ

従来、ドコモの契約は13歳以上であれば契約者となることができますが、ahamoでは20歳以上という条件に変わっています。そのため、たとえば現在20歳未満の方を名義人として契約している場合は、ahamoに変更する時点で親権者に名義を変更する必要があります。

2021年5月まではMNP転出手続きが必要

ahamoのサービスが開始する2021年3月から同年5月までの間にドコモ利用者がahamoに契約する場合は、料金プランの変更手続きではなくMNPによる乗り換え手続きが必要になります。これはシステムの切り替え作業に時間を要するためで、2021年5月以降は従来のように料金プラン変更の手続きが可能になる見込みです。

ただし、あくまでも必要なのはMNP転出手続きのみで、転出にかかる事務手数料や違約金、新規事務手数料などが発生することはありません。

ahamoと他社のサブブランドとの料金比較

他社のサブブランドとの料金比較

ahamoはドコモの新料金プランとして提供されますが、同じ価格帯で検討の候補に上がってくるのがauおよびSoftBankで提供されているサブブランドではないでしょうか。

auはUQ mobile、SoftBankではワイモバイルをサブブランドとして展開されていますが、ドコモにはそのような位置付けのブランドがありませんでした。では、今回発表されたahamoとUQ mobile、ワイモバイルの料金プランを比較してみると、どのような違いがあるのか見ていきましょう。今回はahamoで提供される20GBのデータ容量に近いプランをそれぞれ比較してみました。

ブランド 料金プラン名称 月間データ容量上限 上限に達した場合の通信速度 月額料金
NTTドコモ ahamo 20GB 1Mbps 2,980円(税抜)
UQ mobile スマホプランR 10GB 1Mbps 2,980円(税抜)
ワイモバイル スマホベーシックプランR 14GB 1Mbps 4,680円(税抜)

上記の表の通り、月間データ容量の上限と月額料金を比較してみると、一目瞭然でahamoがどれだけお得に利用できるのかが分かります。MVNOまで含めると月額2,980円以下で利用できるプランは多数存在しますが、そのほとんどが月間データ容量の上限が少なく、必ずしも実用的とはいえません。それだけに、今回登場したahamoは多くのユーザーから注目され、今後他社も追随してくる可能性はあります。

ahamoはどんなユーザーに適している?

ahamoはどんなユーザーに適している?
これまでにないコストパフォーマンスを実現したahamoですが、実際にどのようなユーザーが契約に適しているのでしょうか。

データ通信量が月20GB未満のミドルユーザー

MVNOの格安プランは検討してみたものの、月間で利用できるデータ容量が少なく断念した方は多いのではないでしょうか。SNSや音楽のストリーミングサービス、動画サイトなどを利用すると、ほとんどのユーザーはMVNOの格安プランで収まりきらず、大手キャリアでの契約をせざるを得なくなってしまいます。

スマートフォンユーザーのボリュームゾーンである10~20GBに対応した格安の料金プランは革新的で、多くのユーザーにとってメリットのあるサービスといえます。

ショップでの説明が不要で自分自身で契約ができるユーザー

ahamoはドコモショップで申し込むことはできず、Web上でユーザー自身が手続きを行う必要があります。そのため、たとえばこれまでオンラインショップで手続きを行ってきた方や、これを機会に料金プランや契約内容をしっかりと把握しておきたい方などにとっては最適なプランといえるでしょう。

ちなみに、コールセンターであるドコモインフォメーションセンターでもahamoの契約や相談は受付ができません。Webページで確認するか、不明な点はチャットでのやり取りとなるため、事前に注意が必要です。

今後は他社の料金プランにも注目

今後は他社の料金プランにも注目

政府の働きかけもあり、携帯電話料金の動向に大きな注目が集まっています。そんな中で発表されたドコモのahamoは、これまでの常識を覆す革新的なプランといえるでしょう。

しかし、現状のままだと他社からドコモに多くのユーザーが流出する懸念もあるため、auやSoftBank、そして楽天モバイルも含めた他社の動向にも注目しておきたいところです。まずは現在、自身の契約内容と毎月の利用状況を正確に把握したうえで、どの料金プランが最適なのかをチェックすることから始めてみましょう。

 

■あわせて読みたい記事
スマホの契約はオンラインが主流になる?オンラインショップの現状と今後について解説
ソフトバンクもドコモに追随!新たに発表された「SoftBank on LINE」の概要とは
auの格安料金プラン「povo」登場!ahamo・SoftBank on LINEとの共通点や違いも解説

 

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る