auの格安料金プラン「povo」登場!ahamo・SoftBank on LINEとの共通点や違いも解説

auの格安料金プラン「povo」登場

2020年12月にNTTドコモが格安料金プラン「ahamo」を発表して以降、SoftBankも「SoftBank on LINE」として追随することが発表されました。そして2021年1月13日、KDDIもauブランドで新たな料金プラン「povo」を提供することを表明しました。

他キャリアとの違いはどこにあるのか、povoならではの強みも合わせて詳しく紹介します。

auの格安料金プラン「povo」

auの格安料金プラン「povo」

今回発表されたauの格安料金プラン「povo」は、NTTドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と共通する部分も多いですが、ユーザーが使い方に合わせて基本料金を抑えられることが大きなポイントといえます。まずは「povo」の概要から紹介します。

「povo」の料金体系

povoの料金体系は以下の通りです。
月額料金 2,480円
データ通信容量 20GB/月
通話料 20円/30秒

「povo」で追加できるトッピング

次に、基本料金に追加して利用できるトッピングを4つ紹介します。
5分間通話かけ放題 500円/月
24時間データ使い放題 200円/24時間
通話かけ放題 1,500円/月
データ追加 500円/1GB

他キャリアとの共通点

これまで発表されたNTTドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と比較した場合、auの「povo」には共通する部分とそうでない部分が存在します。まずは共通する部分について5つのポイントを紹介しましょう。

他キャリアとの共通点

手続きはオンラインのみ

まず大前提となるのが、ahamo、SoftBank on LINEと同様に、povoについても申し込み手続きは全てオンラインに限定されていることです。ショップやコールセンターなどにおける契約・変更手続きはもちろんですが、問い合わせなども全てオンラインに限定されます。

料金プランがシンプルなため検討はしやすいはずですが、オンラインでの手続きに慣れていない方は事前に調べたうえで変更しましょう。

データ通信容量・追加料金

Povoのデータ通信容量の上限は1ヶ月あたり20GB、上限を超過した場合には1GBあたり500円となっており、これは他キャリアと同等の条件となっています。ちなみに、テザリングもデータ容量の範囲内で無料で利用できます。

音声通話料

音声通話料は30秒あたり20円となっており、他キャリアと条件は同等です。ただし、音声通話の定額料については後述する基本料金とは別となっているため、注意が必要です。

4G/5Gに対応

povoは追加料金など一切不要で4Gおよび5Gにも対応します。ただし、ahamoとSoftBank on LINEはサービス提供開始と同時に5Gに対応予定ですが、povoの場合は2021年夏以降に5G対応を予定しており、適用のタイミングに若干の違いがあります。

2021年3月から開始予定

povoの提供開始は2021年3月を予定しており、ahamoとSoftBank on LINEのスタート時期と同一です。

他キャリアとの共通点
  1. オンラインでの手続き
  2. データ通信容量は20GB/月
  3. 音声通話料は30秒あたり20円
  4. 5Gにも対応
  5. SoftBank on LINEと同じく2021年3月から開始

他キャリアとの相違点

他キャリアとの相違点

ahamo、SoftBank on LINEとの共通点が多いpovoですが、いくつか特徴的な違いも見られます。特に重要な2つのポイントについて解説しましょう。

基本料金

ahamoとSoftBank on LINEは月額2,980円の中に「5分間までの通話かけ放題」という条件が含まれています。しかし、povoではこの前提がなくなり、その代わりに基本料金が月額2,480円に抑えられています。

LINEでの通話がほとんどで、080や090番号での音声通話をあまり使わないという方も多いはず。そのような方にとって、少しでも月額基本料金を抑えられるpovoは最適なプランといえるでしょう。

ちなみに、他キャリアと同様に5分間までの通話かけ放題の条件に設定すると、500円が加算され同一の料金となります。

24時間データ使い放題

基本料金の仕組みに加え、もう一つ特徴的なのが「24時間データ使い放題」のトッピングです。これは24時間あたり200円を支払うと、その間は月間20GBのカウント対象外となるもの。たとえば、出張や旅行など自宅を離れる期間のみ24時間データ使い放題のトッピングを申し込んでおけば、外出先で思う存分インターネットを楽しむことができます。

これはテザリングも同じ条件で利用できるため、旅行や出張用としてモバイルWi-Fiルーターを契約している方にとってはありがたい存在といえるでしょう。

他キャリアとの相違点
  1. 月額の基本料金が安い
  2. 24時間データ使い放題トッピングの利便性

povoがおすすめのユーザー

povoがおすすめのユーザー

povoはどのようなユーザーにとって有利なプランといえるのでしょうか。他キャリアとの比較も含めて、2つのケースを紹介します。

音声通話をほとんど利用しない方

povoの最大のメリットは、音声通話の頻度に応じて基本料金を安く抑えられる点にあります。仕事で音声通話を頻繁に利用している場合を除き、友人や家族との連絡はLINEなどのチャットアプリが中心という方は多いはず。そのような方にとっては、5分以内の通話し放題は不要と考えるケースも少なくありません。

使い方に応じて通話定額のトッピングを自由に契約・解除することもできるため、料金プランの自由度は上がるはずです。

データ容量が月間20GB以内で収まるか不安な方

スマートフォンのヘビーユーザーの中には、1ヶ月あたり20GB以内で収まるかどうか不安、または分からないと感じている方も多いことでしょう。仮に、これまでの利用状況がだいたい10~20GB以内で収まっていたとしても、旅行や出張などに出かけた月には上限をオーバーしてしまうかもしれません。

povoであれば、24時間データ使い放題のトッピングを選択できるため、突発的にデータ通信量が増えたとしても安心です。

 

■あわせて読みたい記事
スマホの契約はオンラインが主流になる?オンラインショップの現状と今後について解説
docomoの話題の新料金プラン「ahamo」とは?iPhoneユーザーは本当に安くなる?
ソフトバンクもドコモに追随!新たに発表された「SoftBank on LINE」の概要とは

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る