今度はiPhone6sの初期不良!?Appleが続けて修理プログラムを発表

Unexpected Shutdown Issues

こんにちは!ライターのソラです!先日お伝えしたアイフォーン6Plusのタッチ病に続き、今度は6sで「電源が勝手に落ちる」という初期不良をAppleが認め、交換プログラムをリリースしました!電源が勝手に落ちるという重大な欠陥なのに6sリリースから1年以上を経ての発表って遅くない?と思ってしまいますね。まぁ、6plusの対応がリリースから2年後だったことに比べると、少しは良心的かもしれませんね。
絶対にもう修理しちゃった人が多いでしょうけどね!

iPhone6sの電源が勝手に落ちる

今回のアップル社の発表では、2015年の9月から10月にかけて製造されたものが対象で、症状としては意図せずにアイフォンがシャットダウンされてしまうというものだそうです。単純に電源が落ちるだけなら再起動で復帰できるのかなと思いますが、iOSのアップデート中に電源が落ちるとアプデ失敗になり、リンゴループ状態に陥ったり、最悪の場合は復元もできずiPhoneが使用不可能になったりすることもあります。
実はめちゃくちゃ怖い不具合です!

修理できる場所は?

Apple公式サイトによると、修理のためには、使っているiPhoneのシリアルナンバー(IMEI)をAppleストアや正規修理店で確認する必要があります。恐らく電話で連絡をすれば大丈夫だと思うのですが、もしかしたら直接来店するよう言われることがあるかもしれません。Appleテクニカルサポートへ連絡を入れれば電話対応してくれるでしょう。また、auやDoCoMo、Softbankといったキャリアでは対応してもらえないので注意しましょう。

IMEIの確認方法

6sのIMEIは過去のシリーズと違い、SIMトレイに記載してあるので、付属のSIMピンや無ければ安全ピンの先やクリップの先などを使ってトレイを取り出して確認しておきましょう。

IMEI位置

IMEIはココに記載してあります

 

データは消える?

公式サイトによると、バックアップを取るよう記載されています。
データは消えるってことですね
どの程度の不具合なのか分からないのですが、もしも電源が点かない状態だったらバックアップも取れないんですが、Appleはその辺を考えてはくれませんよね。前のタッチ病の修理プログラムでも書きましたが、
操作できないから困ってんだろ!
1つ気になるのは、この修理プログラムについて公式サイト中には「バッテリー交換」という表記です。
ってことはバッテリー交換で直るの?
もしもバッテリー交換で直るのであれば、バックアップが取れない端末でも、非正規修理店でバッテリー交換してもらえば復活するかもしれません。どうしても必要なデータが残っていて、バックアップを取っていなければ非正規店に頼んでみるのも最後の手段として良いかもしれませんね。

修理費は?

iPhone6sの電源が勝手に落ちてしまう修理に関しては、無料で受け付けてもらえるようです。6Plusのタッチ病では14,800円の修理費を出さなければいけなかったので、それと比べるとだいぶ親切なのではないでしょうか。
しかし、タッチ病の時に書いてあった、今まで修理した人への返金措置は書いてありません。ってことは、過去に修理したことある人はドンマイってことか!?
また、ガラス割れ等していた場合はまずはそこを直してからの交換プログラムになるようです。そのため電源が勝手に落ちる不具合を直すために、ガラス割れした端末をガマンして使っていた人は強制的に修理費もかかるわけですね。

まとめ

AppleはiPhone6sが勝手にシャットダウンする不具合を認め、無料で修理することを発表しました。対象の端末は2015年の9月から10月に製造されたもので、修理はAppleストアや正規修理店で受け付けています。料金はかからないのですが、ガラス割れ等の症状があるとその修理を迫られることになります。またバックアップを取るよう書いてあるので、恐らくデータは無くなってしまいます。バッテリー交換で直る可能性があるため、どうしても中のデータが必要だけどバックアップが取れない状態に陥ってしまっている場合には、非正規修理店でバッテリー交換を試してもらうと良いかもしれません。

おススメ記事
iPhone6Plusユーザー必見!Appleがタッチ病改善プログラムを発表
【最新(iOS:10.1 LINE:6.7.0)】iCloudで新端末にLINEのトークを引継ぐ方法
iTunesでバックアップを取る方法

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

全国のiPhone修理業者を探す

全国のiPhone修理

人気タグ

ページ上部へ戻る