【最新版】新端末にLINEのアカウントデータやトーク履歴を引継ぐ方法

LINEの引継ぎ方法【最新版】

こんにちは。iPhone大学です。iPhoneを機種変更する時にはアプリによって引き継ぎ方法が異なります。最近ではLINEで仕事の連絡をされる方も多いので、重要な情報がLINEトークに残っている方も多いのではないでしょうか?


iPhoneで使用できる一部のアプリは「iTunesを使ったデータ移行」では引き継ぎが出来ないものもあります。LINEもその中の一つなので違う方法で引き継ぐ必要があります。


さて、ここで問題なのが意外とLINEの引継ぎ方法を知らないという方が多いという点です。
LINEを新しい端末に移行するときにちゃんと引継ぎをしないとトーク履歴を反映することが出来ません。(前に利用していたiPhoneでもう一度設定をすれば大丈夫)だと思われる方も多いですが、新しいiPhoneにLINEを移行すると、以前利用していたiPhoneではLINEを見ることが出来なくなってしまいます。なのでしっかりと引継ぎ準備をしなければいけませんね。


そこでLINEの引継ぎ方法のやり方を書いていこうと思いますのでご覧いただければと思います。
LINEの引継ぎ方法はiTunesとiCloudの引継ぎがありますが、iCloudでの引継ぎが圧倒的に楽なので、iCloudでの方法を紹介します。但し、復元の前にいくつか事前に設定しておかないと復元するデータがないといったケースも起こりうるのでしっかり記事を読んで実践してください。
※責任は負えませんが、筆者はこの方法で間違いなくトーク履歴を引き継げました。

目次
事前にやらなければいけないこと
iCloud DriveでLINEをバックアップ
アカウントを引き継ぐ
新しいiPhoneで復元する

事前にやらなければいけないこと

実はLINEのトーク履歴の引継ぎの一番多いミスはこの準備を行っていない事が原因です。かなりデリケートで一つでも準備を怠ると失敗する可能性があります。

稀にですがトーク履歴の復元が失敗しても再度初期化してLINEをインストールし直せば、成功するケースもあります。初期化すると全てのデータが消えてしまいますが、データのバックアップを取っておけば問題がないのでご安心ください。
ただ、アカウント設定も併せてしておかないといけないのでしっかりと設定しておきましょう。

その① 2台ともiOS、LINEのバージョンを最新にする

iPhoneのiOSとLINEのバージョンを合わせる事が大切です。合わせるといってもダウングレードする訳ではなく、両方とも最新の状態にしてあげれば大丈夫です。

最新のiOSになっているかどうかは設定からiOSのバージョンを確認することが出来ます。最新のバージョンにしておきましょう。
アップデートのやり方としては設定→一般→ソフトウェアアップデートの順にタップして「ソフトウェア・アップデートが最新です」と画面に表示されればOKです。


最新のiOSにアップデートする方法

現在使っているiPhoneのiOSバージョンによっては「手動アップデート」と「自動アップデート」の設定をすることが出来ます。自動にしておくと就寝中にアップデートが出来るのでおすすめです。


次に確認していただくのはLINEのアップデートがApp Storeにあるかどうかです。LINEをアップデートする方法はホーム画面にてApp Storeをタップして「アップデート」を選択→アップデート一覧にLINEがあれば「アップデート」をしてください。アップデートが完了すれば最新バージョンです。


新しいiPhoneにLINEを入れる場合は最新バージョンでダウンロードされていることがほとんどですが、念のためチェックをしましょう。


LINEのバージョンが同じでないとバックアップしたトーク履歴は復元が出来ないので必ず確認してください!
App Storeでアップデートを行う方法

その② 2台ともiCloud DriveをONにしておく

LINEのトーク履歴をバックアップするにはまずiCloud Driveの設定をしなければいけません。この設定はONになっていることが多いのですがOFFになってしまっている場合もあるので一度確認しておきましょう。


ホーム画面から設定→iCloud→iCloud Driveが「ON」になっているのかを確認、次にLINEをONに設定しましょう。緑色になっていればONの状態です。


iTunesやiCloudでデータ移行をされている場合はiCloudの状態も引き継がれているのでiCloud DriveもONになっていると思いますが、念のため確認をしておきましょう。
iClout DriveでLINEをONにする方法

以上でLINEトーク履歴の引継ぎをする為の準備が完了しました。

iCloud DriveでLINEをバックアップしよう

旧iPhoneのLINEをiCloud Driveでバックアップしておきましょう。LINEのトーク履歴をバックアップする方法は下記をご参考ください。


【STEP1】LINEを開く→歯車アイコンをタップ→「トーク」をタップ→「トークのバックアップ」をタップ
LINEで「トークのバックアップ」をする方法
【STEP2】トークの「今すぐバックアップをタップ」を押すことでバックアップが完了します。
バックアップが取れたかを確認する方法

バックアップが完了したときは前回のバックアップをご確認ください。この表記が「今日:時間」であればバックアップがしっかりと取れています。


基本的にはアカウント引き継ぎをしておけばトークのバックアップは必要ありません。しかし、LINEがおかしくなってしまい、LINEアプリを消さなければいけなくなってしまった時にこのバックアップが保険となります。バックアップをしておいて損はありませんのでしっかりとやっておきましょう。


次はLINEで「アカウント」設定と「アカウント引き継ぎ」設定を行います。


アカウントを設定する

LINEはまずアカウント設定をしなければ新しく使うiPhoneに引き継ぐことすら出来ません。メールアドレスとパスワードの設定を引き継ぐ前にしておきましょう。


【STEP1】歯車アイコンをタップ→アカウントをタップ→電話番号、メールアドレスとパスワードの設定を完了させる

アカウントを引き継ぐ方法

このメールアドレスと英数字6文字以上のパスワードを設定しておくとアカウント引き継ぎが出来るようになります。


この時に気を付けないといけない点がすでに設定されている場合です。登録しているメールアドレスが現在も使っているものなのか、パスワードは覚えているのか等を確認しておきましょう。


もしも登録をしているメールアドレスが現在使用していないアドレスのまま設定されていた場合、パスワードが分からずリセットをしてもメールが届きません。なぜなら現在は使用されていないアドレスだからです。そうなると引き継ぐことが出来ないという考えたくもない状況になってしまいます。


その為、メールアドレスの設定は現在使っているアドレスで設定しましょう。現在も使っているアドレスにしておけば、パスワードが分からない場合もすぐにリセットをかけることが出来るので安心です。


登録されるアドレスは「現在使っているキャリア(au・docomo・Softbank)アドレスも良いですが、将来的に機種変更をする可能性を考えると「GmailやYahooなどのフリーアドレス」の方が安心でしょう。


メールアドレスとパスワードの設定が完了すれば「アカウント引き継ぎ」を設定していきましょう。

■メアド変更する場合の注意点

・メールアドレスは現時点で使っているものに変更しよう
・フリーアドレスで登録しよう

アカウントを引き継ぐ

LINEのアカウント設定とバックアップが完了したら次はLINEアカウント引き継ぎ設定をしましょう。
アカウント引継ぎをする時は36時間というタイムリミットがあります。ただ、この36時間を超えた場合はアカウント引継ぎ設定が自動でオフとなるのでまたオンにすることで再度アカウント引継ぎが出来るようになるのでご安心下さい。

【STEP】LINEを開く→歯車アイコンをタップ→アカウント引き継ぎ設定→設定をON
アカウントを引き継ぐ方法
以上になります。
上記の方法で旧iPhoneでのLINEトークのバックアップが取れ、また引継ぎ設定も完了しました。続いての項目で新しいiPhoneに復元する方法を書いていきます。

新しいiPhoneで復元する

ここまできたら新しいiPhoneでLINEを復元していくだけです。もしも未だ初期の画面(「HELLO」「こんにちは」等の表示がされている状態)であれば、先にiCloudやiTunesを使ってデータ移行を完了しておいてください。iCloudを使ったデータ移行であればコチラの記事をご覧ください。新しいiPhoneでも購入時期によりiOSが最新とは限りません。最新のiOSのバージョンにしてからデータ移行に臨まれてからLINEの復元をしていきましょう。


LINEがインストールされていない場合はLINEを事前にインストールしておきましょう。


【STEP1】LINEを開く→はじめるまたは本人認証をタップ→事前に登録をしておいた電話番号を入力→暗証番号がメッセージで届くので入力する


新しいiPhoneで復元する方法、その1

この引継ぎの時に「以前に使用していた~」という注意表記が表示されます。古いiPhoneで同じLINEアカウントを使えなくなりますということなので迷うことなくOKをしてください。そうすることで新しいiPhoneで使用することが出来ます。


【STEP2】友達追加設定をする→トーク履歴の復元をタップ→年齢確認をする

新しいiPhoneで復元する方法、その2

※古いiPhoneから新しいiPhoneへアカウント引き継ぎをされている場合は、「トーク履歴を復元」という画面が出ない可能性があります。


年齢確認は該当のキャリアで契約されている場合の方のみ選択すると契約しているキャリアのページに飛びます。ログインして年齢認証を行ってください。年齢認証をしなくても復元は出来ますがご心配の場合はされるほうが良いですね。


以上で新しいiPhoneへLINEの引き継ぎが完了します。いつもの見慣れたLINEのホーム画面が見れることでしょう。お疲れ様でした。



iOSやLINEのバージョンを合わせておかないとエラーが発生し、LINEトークが引き継げず何もない状態になることもあります。その為、事前にしっかりと準備をしてからやっておかないとLINEの復元できないということもあるので注意して下さい。


他にも滅多にありませんがトーク履歴の復元だけが失敗することがあります。その時はLINEアプリを一度消して再度復元の手順からトークの復元をされてみてください。問題がなければトーク履歴も復活します。


諦める前に再度チャレンジしてみましょう!

まとめ

以上がLINEの引き継ぎのやり方です。やり方さえわかれば次回から簡単に引き継ぎが出来るようになります。
その為にも定期的なバックアップやアドレス変更をしたときにLINEも変更しておくことが大事なのでしっかりとやっておくことがおすすめです!


この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る