iPadを購入する時の選択肢として覚えておきたい「Apple認定整備済品」とは?

iPadを購入する選択肢として覚えておきたい「Apple認定整備済品」とは

毎年のように新モデルが登場するiPadですが、高機能化と大画面化が進み端末価格も上昇傾向にあります。iPadを手頃な価格で購入するためには中古品を探してみるのもひとつの方法ですが、商品の品質やバッテリーの劣化具合などが気になるところ。購入したばかりなのにすぐ壊れてしまったり、傷が目立つような商品だと損をしたような気分になってしまうものです。

そこで、iPadを安く購入するための手段としておすすめなのが、Appleが提供している認定整備済品です。今回の記事では、そもそもApple認定整備済品とは何なのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかも含めて詳しく紹介していきます。これからiPadの購入を検討している方は、選択肢のひとつとしてぜひ検討してみてください。

「Apple認定整備済製品」とは

「Apple認定整備済製品」とは

そもそもApple認定整備済品とは、端末の外装やバッテリーが新しいものに換装された状態で販売されている商品で、Appleのホームページ上から購入することができます。iPad以外にも、iPodやMac、Apple Watch、Apple TVなどさまざまな商品が販売されており、いずれも新品で購入するよりも安価に販売されていることが特徴です。

また、Appleが自らメンテナンスをして再販しているため品質は非常に高く、見た目は新品と変わらない姿をしています。さらに新品購入時と同様に1年間の製品保証もついてくるため、万が一不具合が起こったとしても安心です。iPadの場合は現行モデルはもちろん、1世代、2世代前にあたるモデルも認定整備済品として販売されており、新品を選ぶよりもさまざまな選択肢の中から検討できます。

Apple認定整備済製品と中古品の違い

そもそもなぜAppleは認定整備済品として商品を販売しているのでしょうか。そこにはいくつかの理由があるのですが、もっとも多いのは初期不良による返品またはユーザー都合によるキャンセル・返品が挙げられます。
精密機械である以上、初期不良はごく稀に発生してしまいます。初期不良の原因となったパーツを交換したものを新品として販売するのではなく、Appleは認定整備済品として安く提供しているのです。これはユーザー都合によるキャンセルや返品の場合も同じです。

「Apple認定整備済品は中古品だ」という認識をもっている人もいますが、前オーナーが使い古した商品をそのまま販売する一般的な中古品とは異なるものなのです。

Apple認定整備済製品のメリット

Apple認定整備済製品のメリット

Apple認定整備済製品を購入した場合、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は3つのポイントに絞って詳しく紹介します。

iPadを安く購入できる

Apple認定整備済品として販売されているiPadは、新品で購入するよりも最大15%安くなっています。もちろん、充電器やライトニングケーブルなどの付属品も全て新品のものが付属しているほか、新品と同様にフィルムなどでも再梱包されるため一見しただけでは新品として購入したのか、認定整備済品として購入したのか見分けることは困難です。

Appleによる動作確認

安いからといって、いわゆる「訳あり商品」というものではなく、認定整備済品を出荷する際にはAppleの徹底した動作チェックやクリーニング、純正パーツの交換も行われているため安心です。
むしろ新品で購入し初期不良が発生した端末を回収し、Apple側で問題となった部分をクリアにして再販しているということは、新品よりも信頼性が担保されていると考えて良いかもしれません。
また、これに付随してバッテリーも新品のものに交換された状態で販売されているため、新品に比べて寿命が短くなるといった心配もないのです。

新品と同様の保証

安さに次いで認定整備済製品を選ぶ理由として挙げられるのが、端末の保証です。メーカー保証は1年間となっており、これは新品でiPadを購入した場合と全く同じ。中古品の場合はそもそも保証が一切なかったり、もしあった場合でも数ヶ月間や半年間というケースが大半です。

Apple認定整備済製品のデメリット

Apple認定整備済製品のデメリット

次に、認定整備済製品のデメリットとして考えられるポイントを2点紹介します。

化粧箱が新品と異なる

新品の製品と認定整備済製品の最大の違いといって良いのがiPadが梱包されている化粧箱です。本来、新品の製品ではiPadの本体が印刷されたおなじみのパッケージなのですが、認定整備済製品の場合は白地に「iPad」と表示された状態で届きます。また、箱の下部には「Apple Certified Refurbished」と表示されており、ひと目で認定整備済製品であることが分かるようになっています。

実用面においては一切気になる部分ではないのですが、たとえばiPadを使用しなくなったときに中古品としてオークションサイトなどに出品する場合、落札者によっては多少価値が下がる可能性もあります。

現行モデルが少ない

Apple認定整備済製品は全てAppleのホームページ上で販売されていますが、特に現行モデルの人気は高くすぐに売り切れになってしまう傾向があります。また、そもそも現行モデルが販売される機会も極端に少なく、欲しいモデルが必ずしも手に入るとは限りません。

こればかりはタイミング次第でもあるため、特に急いでいるわけではないのであれば毎日Appleのホームページからこまめにチェックするしかありません。

こんな人に整備済製品はおすすめ

こんな人に整備済製品はおすすめ

Apple認定整備済製品の特徴について簡単に紹介してきましたが、「旧型モデルで良いので状態の良いiPadが欲しい」という人には最適といえるでしょう。反対に、最新モデルが欲しい人や、色やディスプレイサイズ、容量など細かなリクエストがある方の場合は新品の中から選んだほうが安心です。

特にこれらの要素は後になって変更したり、アップグレードをしたりといったことが難しい要素でもあるため、妥協して選んでしまうと結局後になってから買い換えることになってしまいます。iPadの購入を急いでいて、認定整備済製品の中に希望するiPadのモデルがない場合は中古品ではなく、新品を購入したほうが結果としてコストパフォーマンスが高いといえるかもしれません。

Apple認定整備済製品は多様なニーズに応えるための選択肢でもある

iPadやiPhoneなど、Apple製品は年々多様化しています。それだけ多くのユーザーがAppleの製品を購入する際の候補として検討している証でもあります。そして、価格の面においても多様なニーズがあり、それに応えるひとつの選択肢としてAppleは認定整備済製品として商品を販売しているのです。

新品と整備済製品の品質はどちらもAppleの厳しい基準をクリアしており、本来の用途として使い続ける上では認定整備済製品が劣っているということは決してありません
欲しいiPadのモデルが認定整備済製品として販売されている場合は、新品で購入するよりもお得であることは間違いないでしょう。ただし、安いからといって妥協して選ぶのではなく、本当に自分自身が欲しい端末を選ぶことが大前提といえます。

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る