海外SIMと海外レンタルWifiについての基礎知識

海外SIMと海外レンタルWiFiの基礎知識

どうも、最近台湾に行きたいなーと思いつつ、仕事に追われなかなか行けてないBossanです。年内には行きたい・・・

そんな海外に行く人に役立ちそうな情報を今回は発信したいと思います。修理系の記事ばかりだったので、ちょっと海外に視野を広げて書いていきたいと思います。いわゆるiPhone大学のグローバル化です(笑)。

海外に行ってインターネットをするにあたり必須アイテムとして、パッと思いつくのが現地SIMカード海外レンタルWiFiではないでしょうか。
※現在国内のキャリアも独自のサービスを展開しているので、それは別途書いていきたいと思います。

<事前知識として>

現地SIMカードでネットする・・・SIMフリーのスマホに現地のネット回線に沿ったSIMカードを使ってインターネットを利用すること

海外レンタルWiFiを使ってネットする・・・海外で使えるポケットWiFiルーターを準備して、無線WiFiを使ってインターネットを利用すること


海外に行ってインターネットを使えないとなると非常に不便ですよね。土地勘もないし、言語を話す事が出来ないならなおさらです。そんな時に便利なのが海外SIMと海外レンタルWiFiです。どんな場所でも安心してインターネットを使用することができます。

海外に行く前に知っておくべきSIMカードとWiFi事情のメリット・デメリットから比較しましょう。

海外SIMを使う場合の基礎知識

海外SIM
海外SIMのメリットは何と言っても価格にあります。日本国内で準備したSIMと比較しても、海外のSIMとの金額の差はかなり大きいです。

国内のものは比較的高値ですが、海外の現地で準備すると、その国の経済水準にもよりますが、かなり割安で購入することが可能です。安くSIMを入手したいと考えているのならココがメリットと言えるでしょう。

ただし、気を付けるべきは海外SIMの場合、基本的には現地で手続きを行わないといけないため、ある程度の外国語を話せる必要があります。SIMの説明などを理解できるだけの語学力が無ければ手続き自体が出来ないので、ある程度は話せる必要があるでしょう。

※日本国内だとamazonで海外SIMを格安で購入できる事もあります。
下記はアジア14か国で利用可能な大人気の海外SIMです。



また、レンタルWiFiなどを使用するという場合の互換性に関しても、万全とは言えないのです。現地調達する以上、日本のレンタルWiFiやSIMフリースマホなど接続できない機器もありますから、事前確認しなければならないというデメリットが存在しています。

海外で格安のものを準備して使用しようと考えている場合には、互換性などと併せて、まずご自身がSIMカードの性能などに精通していること、また現地の語学に長けていることなどが必要になります。

海外レンタルWiFiを使う場合の基礎知識

海外WiFi
海外の滞在先においてルートや、移動手段を調べる場合や語学に不安な場合には言葉を調べるということもあるでしょう。そう考えると使う頻度は国内よりも海外に渡航してからの方が多いと思われます。

こんな時にWiFi環境がなければ、通信速度やかかる費用はかなりのストレスになってしまいます。SIMカードの準備と併せてレンタルWiFiの準備も検討しておきましょう。

ちなみにレンタルWiFiは国内でも準備ができますが、海外でも準備することが可能です。比較するべきは金額と性能になります。国内でレンタルWiFiを準備した場合、基本的に日本国内で使用している場合とそれほど変わりません。

また携帯電話会社では独自に契約プランの変更によってレンタルWiFiを使用できる環境にするということも可能です。

一方、海外でレンタルWiFiを準備した場合、金額は国内で準備するよりも比較的安価ですが、契約内容など確認しなければならない事項が多くあります。つまりコチラでもある程度の外国語を話せる必要性があります。

海外で無用なトラブルに巻き込まれないためにも契約前のチェックは忘れてはいけません。また渡航する先によって使用できないという場合もありますので、事前に契約内容や渡航先の情報を確認しておきましょう。

旅行先の国によっても変わる

注意しておくべきは、旅行先の国によってもSIMやレンタルWiFiは使用内容や状況が異なるということです。つまり海外だから、海外用製品ならどこの国でも使えるという認識では、互換性のない国に渡航してしまった場合、後から使用できないというトラブルに遭う可能性もあるというわけです。

まずは事前にどこの国で使えるものなのかを確認しましょう。特に比較する場合にポイントを置くべき項目は、金額だけでなくそのSIMやWiFiに関しての使用言語や、契約内容にあります。

国によっては、多民族国家の場合など使用言語が複数存在していたり、互換性がないものが混在していたり、という可能性もあるのです。こうして考えると、旅行先で海外SIMやレンタルWiFiを準備しようという場合のポイントとしては、その旅行先に行ったことがあるなど、ある程度の経験がある場合の方が安心かもしれません。

未経験の国に行く場合や、複数の国にまたがるなどの場合には国内産を準備しておく方が安心感は高そうです。またメンテナンスや万が一の破損の場合のノウハウもしっかりとリサーチして把握しておくことが、旅先で不安材料を増やさない方法と言えます。

まとめ

海外には、日本では見ることのできない絶景や出会い、また味わったことの無い味覚など、自分の既存の価値観を大きく変化させることのできる経験が沢山待っています。

特に情報化社会の昨今、こうした経験を記録するために、またより良いものにするためのリサーチ機器が傍らにあるということがとても大切になってきます。

つまり海外への渡航にはスマホは必須と言えるわけです。海外の旅先でも、自宅にいるかのように気軽にインターネットを利用したり、調べものをしたりできるためにはSIMやレンタルWiFiは必需品です。

そしてできればなるべく割安で手にしたいところでもあります。使用頻度や環境に合わせて、金額だけで比較しない判断をすることが賢い選び方と言えます。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る