「AirTag」って何?地味だけど便利なAppleの最新ガジェット

「AirTag」って何

2021年4月21日、Appleは新製品の発表イベントをオンラインで開催しました。新型iMacや新型iPad Proなどの目玉商品が発表された中で、一見地味ではあるものの利便性が高くさまざまな用途に活用できそうな商品が登場しました。「AirTag」と名付けられたその商品は、Appleのロゴが入ったコインや電池のようにも見えます。しかし実はこの商品、Appleが満を持して発表したスマートタグなのです。

今回の記事では、「AirTag」の仕組みや使い方はもちろん、どのような人におすすめできるのか、その魅力を深堀りしていきます。

「AirTag」とは?基本的な仕組みと使い方

「AirTag」とは?基本的な仕組みと使い方 画像引用元:Apple

AirTag」とは、Appleが開発したスマートタグです。そもそもスマートタグというものが何なのかピンとこない人も多いと思いますが、これは一言で表すと「忘れ物防止タグ」のようなもの。たとえば、「AirTag」を財布やバッグ、キーケースなどに付けておけば、万が一外出先で紛失したとしても追跡できるというすぐれものです。

iPhoneやiPadには、本体を「探す」機能が搭載されていますが、この機能で探すことができるのはあくまでもiPhoneやiPad本体のみです。しかし、身の回りのあらゆるものに「AirTag」を付けておけば、紛失したり落としたりした際にもiPhone上で場所を探し出すことができるのです。

ちなみに、「AirTag」そのものにはモバイルネットワークやWi-Fiといったネットワークに接続できる機能はなく、Bluetoothによって通信します。たとえば、会社のオフィスに「AirTag」を付けたキーケースを置きっぱなしにしていた場合、「AirTag」は周囲のiPhoneとBluetoothによって通信します。「AirTag」の位置情報は、職場にいる誰かのiPhoneからiCloud上にアップロードされ、キーケースの持ち主は自身のiPhoneから「探す」アプリを開くとその場所が分かるという仕組みです。

この時、持ち主以外のiPhoneと「AirTag」とのBluetooth通信の内容は完全に暗号化されており、不正アクセスなどによって情報が解読され悪用される心配はありません。

「AirTag」こそ最強のスマートタグ

「AirTag」こそ最強のスマートタグ 画像引用元:Apple

そもそも「AirTag」以外にもさまざまなメーカーのスマートタグは販売されており、中にはすでに活用している方もいるかもしれません。しかし、そのような場合であっても、買い替える価値が高いのがこの「AirTag」です。

先ほど、「紛失時に「AirTag」は第三者のiPhoneとBluetooth通信を行い、位置情報をiCloudにアップロードする」と紹介しました。日本ではiPhoneユーザーが多く、AndroidとiPhoneの比率は半々程度とされています。つまり、スマホユーザーの2人に1人はiPhoneであり、万が一紛失したものがあったとしてもiPhoneユーザーの膨大なネットワークを活かし早期発見につながりやすいことを意味しています。

「スマートタグを購入したものの、正確な居場所がつかめない」「現在地を調べることができない」と不満を抱えているユーザーも少なくありません。そのような人にとって、Appleが今回発表した「AirTag」は不満を解消してくれる製品となることは間違いないでしょう。

こんな人に「AirTag」はおすすめ

「AirTag」はどのような人にとって価値があるのでしょうか。外出することが多い人はもちろんですが、それ以外にも特におすすめしたい人の例をいくつか紹介します。

こんな人に「AirTag」はおすすめ 画像引用元:Apple

財布やカギを紛失したことがある人

これまでに財布やカギなどの貴重品を紛失した経験のある人にとって、「AirTag」は心強い味方になってくれるでしょう。「AirTag」は500円硬貨と同じ程度のサイズで、「AirTag」対応のキーリングやループを活用すればさまざまな場所に簡単に取り付けられます。

万が一トイレなどに財布やカギを置き忘れそうになったとしても、一定の距離が離れたときにアラームを発して知らせてくれるため安心です。

iPhoneとの相性が良いスマートタグをお探しの人

他社製のスマートタグの場合、iPhoneやAndroidなどさまざまなデバイスで利用できるのは確かに便利ですが、個別にアプリをインストール・設定しなければなりません。この作業が面倒だったり難しく感じたりして、スマートタグの利用を諦めてしまう人も多いです。

しかし、「AirTag」はiPhoneにもとからインストールされている「探す」アプリまたはiCloudからも確認できるため、面倒なアプリのインストールや設定が必要ありません。iPhoneとの相性抜群のスマートタグをお探しの人には、最適な製品といえるでしょう。

スマートタグの見た目にもこだわりたい人

「AirTag」を画像で見ると地味な印象を受ける人も多いかもしれませんが、Apple純正のキーリングやループを装着することで、アクセサリー感覚で身につけられます。カラフルでポップな色のアクセサリーもあれば、高級感のあるハイブランドのものもあります。今後、Apple純正品以外にもサードパーティ製のさまざまなケースが登場する可能性は高いと思われるため、見た目にこだわりたい人にとっては最適なスマートタグといえます。

「AirTag」がおすすめの人
  • 過去に大事なものを紛失した経験のある人
  • iPhoneで使いやすいスマートタグを探している人
  • デザインにも妥協したくない人

「AirTag」を購入する際の注意点

さまざまなメリットのある「AirTag」ですが、購入前にはいくつか注意すべきポイントがあります。今回は2つの注意点を紹介します。

「AirTag」を購入する際の注意点 画像引用元:Apple

「正確な場所を見つける」機能は対応端末が限られる

「AirTag」にはU1チップとよばれるパーツが内蔵されており、iPhoneと至近距離にある場所では正確な距離を測りピンポイントで場所を知らせてくれます。これは「正確な場所を見つける」という機能なのですが、この機能が利用できるのはiPhone11シリーズ以降の機種に限られます。iPhone Xシリーズ以前の端末では、通常のBluetoothによる大まかな位置情報しか取得できないため、注意しましょう。

他社のスマートタグに比べると価格は高め

「AirTag」の価格は1個あたり3,800円で、他社のスマートタグと比較すると高めの価格設定といえるでしょう。ただし、「AirTag」は1個入り以外にも4個入りが選択でき、4個セットで購入した場合には12,800円で、1個あたりの価格が3,200円となります。もし複数で利用する場合や、家族で利用する際には4個セットで購入したほうが金銭的負担も少なくて済みます。

「AirTag」の購入前のチェックポイント
  • iPhone11シリーズ以降であれば、機能を最大限に活用できる
  • 4個セットを買うとお得になる

「AirTag」を活用し貴重品の紛失を未然に防ごう

「AirTag」を活用し貴重品の紛失を未然に防ごう 画像引用元:Apple

Appleのスマートタグは数年前から噂が囁かれており、今回満を持して発表された「AirTag」は多くのユーザーの期待を裏切らない品質の高いものです。他社のスマートタグに比べると価格が高めであるというデメリットはありますが、日本のみならず世界でも多くのユーザー数を誇るiPhoneユーザーが互いに紛失物の捜索をサポートしてくれるという意味では、価格に見合う価値の高い製品といえるのではないでしょうか。

「AirTag」をうまく活用し、貴重品の紛失を未然に防げるよう万全の対策を講じておきましょう。

ご注文はこちら:AirTag(Apple)

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る