外出自粛でも退屈しない!ステイホームにおすすめのiPhoneアプリ8選

ステイホームにおすすめのiPhoneアプリ8選

2020年は新型コロナウイルスの年といっても過言ではなく、緊急事態宣言の発令から外出自粛、さまざまなイベントの中止など多くの影響がありました。夏から秋にかけては一旦落ち着いたものの、冬の季節が近付き第3波が到来しようとしています。

年末年始の帰省や初詣を断念する人も多いと予想される中で、外出自粛生活でも退屈しないiPhoneアプリをいくつか紹介します。

Kindle

Kindle

外出をせず静かな年末年始を過ごすには、読書を楽しむのもおすすめです。電子書籍リーダーであるKindleは、専用端末を購入しなくてもiPhoneがあればアプリをインストールしてiPhone上から読書を楽しむことができます。

Amazonから個別にKindle版の本を購入できるほか、月額980円のKindle unlimitedに登録すれば200万冊以上の本が読み放題となります。ちなみに、2020年11月現在、Kindle unlimitedは30日間無料で利用できます。わざわざ本屋に出向く必要がないため、新型コロナウイルスの感染防止という意味でもメリットは大きいといえるでしょう。

App Store「Kindle」はコチラ

Zoom

Zoom

地元への帰省を断念し家族や親族、友人と会えないときにおすすめなのがビデオ会議システムのZoomです。2020年のコロナ禍においてもっとも知名度を獲得したアプリケーションの一つであり、リモートワークでのWeb会議はもちろん、友人や知人同士でのオンライン飲み会まで幅広く活用されています。

Zoomは1対1でのビデオチャットであれば時間無制限、3名以上の利用であっても1回あたり40分まで無料で利用できます。グループでのオンライン飲み会などでは40分ごとに1度切断されるため、その後あらためて接続し直せば実質的に時間は無制限で利用できます。

iPhoneやiPadはもちろん、PCのブラウザからでもデバイスを問わず参加でき、参加者はZoomのアカウントを取得する必要もなくURLをワンクリックするだけで利用できるため非常に手軽です。

App Store「Zoom」はコチラ

YouTube

YouTube

iPhoneユーザーの中で、YouTubeを見ない日はない方も多いのではないでしょうか。SNSと並んで身近な存在となったYouTubeは、エンタメ分野だけではなくビジネスに役立つ動画まで幅広くラインナップされています。テレビでは観ることのできないコンテンツも多く、個人が配信しているからこその魅力が詰まっています。

ちなみに、YouTubeを利用する頻度が高い方は、広告が表示されずオフライン再生にも対応したYouTubeプレミアムの登録もおすすめです。YouTubeプレミアムは月額1,180円で利用でき、音楽コンテンツに特化したYouTube Musicプレミアムも無料で視聴できます。

App Store「YouTube」はコチラ

Netflix

Netflix

YouTubeでは観られない映画やドラマをじっくり鑑賞したい方には、Netflixがおすすめです。iPhoneでの視聴であれば、月額800円のベーシックプランがおすすめ。標準画質で1台のデバイスのみでしか再生できないという制約はあるものの、話題になった映画やドラマはもちろん、Netflixオリジナル作品も多数公開されています。

レンタルのDVDやBlu-rayを借りるよりもコストパフォーマンスが高く、お店に出向く必要がないため新型コロナウイルスの感染拡大を防止する意味でも有効なアプリといえます。
ちなみに、iPhoneアプリでの視聴以外にも、Netflix内蔵のテレビや動画ストリーミングサービス対応のスティックなどがあれば、大画面で映画やドラマを楽しむことも可能です。

App Store「Netflix」はコチラ

radiko

radiko

部屋の掃除や片付けなど、何かの作業をしながらでも楽しめるのがラジオ再生アプリのradikoです。自宅でラジオを聴こうとしても、部屋の間取りによってはラジオの電波が届きづらく、雑音で聞き取れないこともあります。また、最近ではそもそもラジオチューナーを持っていないという方も少なくありません。

radikoのアプリをインストールすれば、iPhoneでインターネット回線を経由してラジオを再生でき、AM・FMともにクリアな音質で楽しむことができます。利用するエリアの放送局の番組は無料で利用できるほか、月額350円のradikoプレミアム会員に登録すれば、エリアフリーで日本全国のラジオ局を聴くことも可能です。

App Store「radiko」はコチラ

UberEats

UberEats

UberEatsもコロナ禍で注目を集めたサービスのひとつです。これまでフードデリバリーに対応していなかったチェーン店や個人経営のお店も続々とUberEatsへ参入し、今では食品だけではなく雑貨の配達などにも対応し始めています。

コロナ禍で大人数が集まる飲食店に入店するのは抵抗がある方も、UberEatsを利用すれば自宅で安全にお店の本格的な味を堪能できます。また、他社の出前サービスと比較しても、UberEatsは商品を提供する店舗とドライバーがそれぞれ独立しているため、商品が届くまでの時間も比較的短く、ドライバーが現在どのあたりを走行しているのかもiPhone上からリアルタイムで確認できるため便利です。
現在、UberEatsが利用できるのは大都市部に限られていますが、2020年に入って続々と地方都市にも対応してきたことを考えると、これからさらに全国各地へと対象エリアが拡大していくと期待されます。

App Store「UberEats」はコチラ

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

アパレル商品の通販サイトとして多くのユーザーを獲得しているZOZOTOWNは、身長と体重から自分にとってベストなサイズの商品を選べるマルチサイズアイテムを用意するなど、独自の取り組みに成功しています。ファッション関連の商品を通販で購入する場合、試着が難しいため不安を抱く方も多いと思いますが、ZOZOTOWNの商品は「Sサイズ」や「Mサイズ」といった単なるサイズ表記だけではなく、着丈や身幅、袖丈など詳細な数値が登録されています。そのため、たとえば「普段はMサイズを着用しているのに、このブランドのMサイズは合わなかった」という心配もありません。

新型コロナウイルスで店内における人との接触を避けたい方や、商品に触れたり試着したことによって感染リスクを心配する方にとっては、ZOZOTOWNのようなアパレル商品の通販アプリは心強い味方になってくれることでしょう。

App Store「ZOZOTOWN」はコチラ

クラシル

クラシル

外食の機会が減り、自宅で料理を作る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。しかし、もともと料理をすることが少なかった方にとっては、徐々にレパートリーも減り、献立に困ることが増えてくるものです。そこで活用したいのが、定番ジャンルともいえるレシピ系のiPhoneアプリ。特に最近ではクラシルのような短い動画で作り方が分かるアプリが人気で、従来のレシピサイトよりも分かりやすいと好評です。

食べたい料理の作り方を手軽に調べられるのはもちろんですが、冷蔵庫にある食材を使ったレシピや、チラシの特売商品を活用したレシピまで、さまざまな使い方が可能です。

App Store「クラシル」はコチラ

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る