iPhoneユーザーにAirPodsがおすすめな理由

iPhoneユーザーにAirPodsがおすすめな理由

今や定番となりつつあるBluetooth接続タイプのワイヤレスイヤホン。なかでもAppleが販売しているAirPodsは圧倒的な人気を誇り、街の中や電車の中で装着しているユーザーもよく目にするようになりました。 しかし、Bluetooth接続タイプのワイヤレスイヤホンはApple以外にも多くのメーカーが販売しているなかで、なぜこれほどまでにAirPodsが売れているのでしょうか。今回はその理由について詳しく解説していきます。

AirPodsが人気の理由

AirPodsが人気の理由

AirPodsの売上高は2019年に6,000万台に到達し、ワイヤレスイヤホンの市場で圧倒的なシェアを獲得しています。なぜこれほどまでにAirPodsは支持されているのか、いくつか考えられる要因について考えてみましょう。

バッテリー駆動時間が長い

数あるワイヤレスイヤホンのなかでも、AirPodsのバッテリー駆動時間は圧倒的です。1度の充電で最大5時間の駆動が可能であるほか、付属の充電ケース「Wireless Charging Case」を併用すれば24時間以上もの使用が可能。

ワイヤレスイヤホンのなかには2〜3時間程度で充電が切れてしまう製品も存在するなかで、これほどまでに長時間の使用に耐えうる製品は稀な存在といえるでしょう。毎日の通勤や通学であればこれほど長時間の駆動時間は必要ないかもしれませんが、旅行や出張などに出かける機会が多い方にとっては、商品を選ぶうえで重要なポイントになるはずです。

スタイリッシュなデザイン

AirPodsのもうひとつの魅力として、イヤホン自体のデザインや質感が挙げられます。そもそもiPhoneやiPad、MacなどのApple製品を選ぶユーザーのなかには、製品の質感や高いデザイン性に魅力を感じ選択している人も少なくありません。

AirPodsはAppleらしいシンプルで洗練されたデザインで、長期間使っていても飽きることがないため、高い満足度や所有欲までも満たしてくれる製品なのです。初代AirPodsが発売された当初、イヤホンを装着した際に耳から垂れ下がっているように見えるAirPodsが波紋を呼んだこともありました。しかし現在では、似たようなデザインのワイヤレスイヤホンも販売されるようになり、もはや一般的なスタイルとして定着してきています。

抜群の装着性

AirPodsの魅力はデザインや質感だけではなく、実際に耳に装着した際のフィット感や付け心地もトップレベルです。安価なイヤホンのなかには、長時間装着していると耳が痛くなってきたり、すぐに外れてしまうような製品も少なくありません。

しかしAirPodsの場合は、緻密に設計された形状とサイズによって、多少の振動や動きでも外れることがありません。また、長時間装着していても耳が疲れにくく、抜群の付け心地を実現しています。

iPhoneユーザーがAirPodsを選ぶメリット

iPhoneユーザーがAirPodsを選ぶメリット

AirPodsがこれほどまでに高いシェアを獲得した背景には、iPhoneユーザーからの圧倒的な支持があったことが挙げられます。もちろん、iPhoneだからといってAirPodsでなければワイヤレスイヤホンが使用できないということはなく、Bluetooth接続に対応していれば他社の製品であっても使用できます。

それでもなお、なぜiPhoneユーザーはAirPodsを選ぶ傾向が高いのか、いくつか考えられるポイントを紹介しましょう。

ペアリングが簡単・速い

通常、iPhoneでBluetooth対応デバイスを使用する場合は「設定」から「Bluetooth」の項目を選択し、対応するデバイスを選択してペアリングを実行しなければなりません。しかしAirPodsの場合は、iPhoneの近くでAirPodsを取り出すだけで画面上に表示され、iPhone上で「接続」をタップするだけですぐに利用できます。

また、iPhoneだけではなく、iPadやApple Watchなど、複数のApple製端末を素早くペアリングすることも可能。これまでのように、デバイスごとに面倒なペアリング接続設定を行う必要もありません。

Siriに対応

iPhoneで日常的にSiriを使用している場合、AirPodsとの相性の良さは別格です。AirPodsを耳に装着した状態で、いつものように「Hey Siri」と呼びかけるだけでSiriが起動します。他社のワイヤレスイヤホンのようにマイクをオンにしたり、特別なボタン操作なども一切不要。

トレーニング中や散歩中に音量を調整したり、選曲を行う際にもiPhoneを取り出す必要はなく、音声のみで操作が完結できます。

AirPodsとAirPods Proの違い

AirPodsとAirPods Proの違い

AirPodsシリーズの購入を検討している方にとって、AirPodsとAirPods Proの違いが分からず迷っている方も多いのではないでしょうか。今回は重要な4つのポイントを紹介しつつ、両者の違いを明確にしてみましょう。

アクティブノイズキャンセリング

イヤホンで音楽を聞いているときに、周囲の雑音が入ってきて聞こえづらいと感じたことはないでしょうか。特に通勤や通学で電車を毎日利用している方ほど、このような悩みを抱える方は多いはず。

AirPods Proには「アクティブノイズキャンセリング」という機能が搭載されており、周囲の雑音を軽減してくれます。あまりにも大音量のノイズは聞こえてしまうこともありますが、できるだけ音楽に集中したいという方には最適な機能です。

耐汗耐水機能

AirPods Proには耐汗耐水機能が搭載されており、悪天候の屋外やトレーニング時にも安心して利用できます。AirPodsにはこのような機能が搭載されていないほか、アクティブノイズキャンセリングも非搭載となっているため、屋内での使用がメインの方にはAirPods、屋外がメインの方にはAirPods Proがおすすめといえるでしょう。

バッテリー駆動時間

一度の充電で利用できるバッテリー駆動時間は、AirPodsが5時間、AirPods Proが4.5時間となっています。Wireless Charging Caseを併用した場合の駆動時間は、いずれも24時間以上となっているため、AirPods単体で見たときの30分の駆動時間の差がポイントとなってきます。

カナル型と開放型

AirPodsは開放型、AirPods Proはカナル型の形状が採用されています。開放型とはイヤホン自体が平らな形状をしており、耳に装着したときに周囲の音が聞こえやすい特徴があります。一方で、カナル型はイヤーチップとよばれるシリコン製の素材で耳が塞がれる形になるため、音楽に集中しやすく外部の音も聞こえにくい特性があります。

好みの問題もありますが、開放型は音漏れがしやすいこともあるため、利用シーンによっては音量に注意が必要です。

AirPodsシリーズがおすすめの人

AirPodsシリーズがおすすめの人

AirPodsのメリットや特徴について紹介してきましたが、結局のところどのような人にAirPodsシリーズは向いているのでしょうか。今回は3つのポイントに絞って紹介します。

複数のApple製デバイスを持っている方

AirPodsの最大のメリットはApple製デバイスとのシームレスな接続です。そのため、iPhoneはもちろん、Apple WatchやiPadなど複数のApple製デバイスを持っている方に最適といえるでしょう。

Siriを多用する方

シームレスなペアリングだけではなく、AirPodsはSiriとの相性も抜群であるため、日常的にSiriを使っている方にも最適です。最近ではテレワークによって自宅で仕事をする機会も増えていると思います。

パソコンで仕事をしている途中でも、iPhoneやiPadをSiriで操作できれば仕事の効率も向上するはず。AirPodsで音楽を聞きながら仕事に取り組み、電話がかかってきたらパソコンから手を離すことなく応対もできるため、ストレスフリーな仕事環境が構築できるのではないでしょうか。

ワイヤレスイヤホン選びに失敗したくない方

ワイヤレスイヤホンはさまざまなメーカーから発売され、どれを選べば良いのか分かりづらいと感じている方も多いはず。あまりにも安い製品を選んで失敗したくない方には、AirPodsを選んでおけば間違いはありません。

iPhoneユーザーはもちろんですが、Androidスマホを使用している方にとっても、ワイヤレスイヤホンとして完成度の高いAirPodsはおすすめできる商品です。

この記事が面白かったら
「いいね!」してみては?

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る