Wi-Fiのアイコンが押せない!iPhoneのアイコンがグレーアウトする原因と対処法

wi-fiアイコンを指すビジネスマン

iPhoneの故障の一つとして「グレーアウトと呼ばれる症状があるのをご存じでしょうか?


この症状はアプリのアイコンやコントロールパネルに表示されているアイコンが、グレー(灰色)になりタップしても反応がない現象の総称です。「グレーアウト」してしまうのその機能を「オン」にすることが出来なくなってしまいます。

今回は特に「グレーアウト」の報告が多いWi-Fiアイコンがグレーアウトする原因と対処法を解説して行きたいと思います。

Wi-Fiがグレーアウトする原因

スマホを持つ手と?
恐らくグレーアウトの報告が最も多い機能の一つがWi-Fiです。

グレーアウトしてしまうとWi-Fiをオンに出来なくなってしまうので、必然的に4G回線でのネット接続を必要とします。普段は家でWi-Fi接続だから、速度制限にはかからないなんて方には死活問題ですよね。

Wi-Fiがグレーアウトしてしまう原因は何なのでしょうか?調べてみたところ以下の物が主な原因として考えられるようです。

iOSやシステムの不具合

ストレージ不足による処理機能の低下やウィルスなどにより、Wi-Fi機能が上手く働かない場合にグレーアウトになる可能性があります。また、iOS自体が問題を抱えていて、その影響でWi-Fiがグレーアウトしてしまうケースも報告されています。

iPhone内部のWi-Fiを司るパーツの故障

落下や水没によりWi-Fiを司るパーツの破損やWi-Fiアンテナが断裂すると、Wi-Fi機能が正常化動しなくなりグレーアウトしてしまいます。

基板不良

iPhoneの心臓部である基板自体が故障しているとグレーアウトに陥ることがあります。水没や落下などが原因で基盤が破損するケースがほとんどですが、製造段階で基盤に問題があったり、iOSに問題があって基板故障に繋がることもあります。

このように、キャッシュやウィルスによるシステム不具合、水没や落下によってWi-Fiパーツや基盤が破損してしまうなどWi-Fiがグレーアウトするケースは様々です。

グレーアウトしてしまった時の対処法

スマホを持つ手と電球
万が一ご自身のiPhoneのWi-Fiがグレーアウトしてしまった場合はどのようにすれ良いのでしょうか?
iOSやシステム不具合が原因の場合は以下の対処法でで解決できる場合があります。

1.機内モードのオン・オフ

これは、グレーアウトした場合に一番最初に試してみて欲しいことの一つです。

機内モードをオンにすると、モバイルデータ通信・Bluetooth・Wi-Fiが強制的にオフになります。再度機内モードをオフにすると接続していたモバイルデータ通信・Bluetooth・Wi-Fiがオンの状態に戻ります。これを利用して間接的にWi-Fiのオン・オフをおこないます。

システムが一時的に不具合を起こしてる場合はこれで改善できる場合があります。

2.電源を切る・強制再起動する

アプリのキャッシュ(データ)が溜まりすぎていたりすると、システムに異常をきたし、Wi-Fiがグレーアウトする場合もあります。

電源をオフにすることでキャッシュをある程度掃除してくれます。こうすると、キャッシュがクリアされ再度電源を入れると改善している場合があります。
iPhoneの電源をオフにする動作はWi-Fiのグレーアウトに限らず様々なシステムエラーを改善できることがあるので何かiPhoneがおかしいなと思ったら一度電源をオフにしてみて下さい。

もしも、通常の操作で電源をオフにできない場合は、強制再起動することをお勧め致します。
iPhoneの強制再起動のやり方はiPhone大学の過去記事にございますのでそちらをご参考下さい。

【強制再起動の方法はコチラ】
【iPhone6s・7・8・X】強制再起動の方法まとめ

3.ネットワーク設定をリセットする

上記二つで改善しない場合はネットワーク設定をリセットしてみましょう。

すでに保存されているWi-Fiの設定ファイルが破損している場合は、この方法で改善する場合があります。

ネットワーク設定リセットの方法

設定をタップ➡「一般」➡「リセット」
スクリーンショット
「ネットワーク設定をリセット」をタップ➡パスワードを入力

スクリーンショット

ただし、ネットワーク設定をリセットすると以下の物が消えてしまいます。

■ネットワーク設定をリセットで消えること

・接続済みのWi-Fiパスワード
・ペアリング済みのBluetooth機器の設定
・VPN設定
・APN設定


上記項目は再度設定が必要になるのでご注意ください。特に複数の箇所でWi-Fiのパスワード入力済みの方や格安SIMを利用していてAPN設定されている方は必要な情報をお忘れしてないか確認してから行うようにしましょう。

4.アップデートしてみる

グレーアウトの症状が起きた段階でOSが最新のバージョンになっていない場合はアップデートするのも効果的です。

iOSは頻繁にマイナーアップデート行って不具合の修正をしていますので、原因がOSの場合は修正されたものをインストールすることによって改善する場合があります。最新のバージョンであっても、再アップデートを行うことでシステム不具合が改善されることもあります。

ただし、Wi-Fi接続が出来ない状態なので、アップデートにはiTunesをインストールしているPCが必須となります。アップデートする際はリンゴループになる恐れもありますので必ずバックアップを取ってから行うようにしましょう。

【一緒に読んで欲しい記事】
恐怖のリンゴループ!解決方法と最後の手段

5.初期化してみる

上記すべて試しても改善しない場合は初期化してみるのも一つの手です。アプリデータやキャッシュ、またはウイルスが原因となっている場合は工場出荷状態に戻すことにより改善されます。

ただし、初期化を行うとiPhone内部のデータがすべて消えてしまいますので必ずバックアップを取ってから初期化を行うようにしましょう。

【初期化方法はコチラ】
iPhone単体で初期化する方法
iPhoneをiTunesで初期化する方法

それでも直らない場合は修理に出す

iPhoneとドライバー
ご紹介した解決策をすべて試しても改善しない場合は、iPhone内部のWi-Fiパーツや基盤が故障している可能性が高く修理する必要があります。

正規サービスプロバイダで修理する

iPhoneの修理をするのであれば、やはりAppleStoreなどの正規サービスプロバイダで修理することを一番に考えるのではないでしょうか?

正規サービスプロバイダでWi-Fiのグレーアウト修理をする場合は、その他修理として扱われ本体交換となります。修理金額は以下のとなっています。

モデル名 AppleCare+加入時 保証対象外
iPhone XS Max、iPhone 11 Pro Max 11,800 円 64,800 円
iPhone XS、iPhone X、iPhone 11 Pro 59,800 円
iPhone XR、iPhone 11、iPhone、8 Plus 43,800 円
iPhone 8、iPhone 7 Plus 37,800 円
iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus 35,800 円
iPhone 7 34,800 円
iPhone 6s、iPhone 6 32,800 円
iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c 29,400 円

※料金はすべて税抜き価格

AppleCare+に加入している場合は一律11,800円(税別)となっていますが、未加入の場合は最安値であるiPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5cでも29,400円(税別)とかなり高額となります。

また、本体交換となるので事前のバックアップと交換後にバックアップからの復元が必要です。

町の修理店で修理する

現在ではiPhoneの修理を専門とした独立系の非正規修理店も多く見かけるようになりました。
こういった修理店ででは純正品パーツを使用できないというデメリットもありますが短時間かつ安価での修理が可能です。

Wi-Fi不良の場合もWi-Fiパーツだけを取り換えて修理することが可能なので、データを消さずそのまま修理可能です。事前にバックアップを取り移すといった手間を省くことが出来ます。

Wi-Fi修理の価格は修理店や機種により異なりますが、5,000円~15,000円(税別)程度が相場となっています。修理店によって修理できる項目も変わってきますので、事前にリサーチしてクチコミや評価の高い修理業者を探して利用することをお勧め致します。

【一緒に読んで欲しい記事】
iPhone正規修理店と非正規修理店は何が違う?

グレーアウトするのはWi-Fiだけじゃない

アイコン
今回は一番報告の多いWi-Fiのグレーアウトについて解説致しましたが、ほかの機能もグレーアウトすることがあります。報告が多いものとしては以下の機能があります。

■グレーアウト報告が多い機能

・通話中のスピーカーアイコン
・懐中電灯
・カメラ
・Bluetooth
・モバイルデータ通信


このように様々な機能がグレーアウトしてしまうことがあります。今回ご紹介させていただいた、対処法の「再起動」「アップデート」「初期化」はこれらすべてのグレーアウトでも効果があるので、グレーアウトしてしまった方は一度お試しください。

同じカテゴリー内の記事

ページ上部へ戻る